声優界のレジェンド3人が25年ぶりの復活ライブで、一夜限りの極上のおもてなし!『BANANA FRITTERS A-Go-Go!!! Re:LIVE2017』レポート

ニュース
2017.7.30
山寺宏一さん、日髙のり子さん、関俊彦さん「バナフリ」復活ライブ

山寺宏一さん、日髙のり子さん、関俊彦さん「バナフリ」復活ライブ

 2017年6月9日(金)、東京国際フォーラムホールCにて『BANANA FRITTERS A-Go-Go!!! Re:LIVE2017』が開催されました。

 バナナフリッターズ(以下、バナフリ)とは、声優の山寺宏一さん、日髙のり子さん、関俊彦さんによるスペシャルユニット。人気と実力に優れ、当時より第一線で活躍されていた3人が演劇公演をきっかけにユニットを結成。1991年から1995年まで舞台、ライブ、ラジオ、CDなどで活動されていました。その後も3人各々が様々な作品に参加し、声優界のレジェンドとして、現在も第一線で活躍されています。

 CDデビュー25周年となる2016年に電撃復活宣言したバナフリが、このたび25年ぶりの復活ライブを行いました。活動当時と変わらない歌声、初挑戦したヒップホップダンス、笑いに溢れたACT(小芝居)、3人の思い出トークなど、熱いパフォーマンスが繰り広げられました。

 
バナフリ復活ライブ、開幕!
 2017年6月9日(金)、午後6:35。ステージ上の紗幕(紗のような薄い布地で作られた幕)に3人のシルエットが映ると、客席から拍手と声援が飛び交います。そして、バナフリのテーマソング『BANANA FRITTERSのテーマ』が流れると、客席から熱気のこもった手拍子が起こり、ライブが幕を開けました。

 1曲目は「バナナフリッター」。声優界の中でも、とりわけ優れた歌唱力を持つと名高い3人の歌声が会場を満たしていきます。曲の間奏中、山寺さん、日髙さん、関さんがひと言ずつ告げた後、3人そろって「We are BANANA FRITTERS!!!」とご挨拶。25年ぶりのバナフリの姿に客席から大歓声が上がりました。

 MCでは、山寺さんが「初めての方、それからご年配の方にも優しいライブをめざしていますので、みなさん無理をしないでください。ずっと座ったままでリラックスしていてください」と軽快なトークで観客を和ませます。そして、3人でユニット結成の経緯から、25年前の思い出を語り合うシーンも。

 続いて、「きらめく海を越えて」、山寺さんがセレクトしたサディスティック・ミカ・バンドのカバー曲「タイムマシンにおねがい」を熱唱。3人が息の合ったコーラスやダンスを披露し、ハッピームードでライブを盛り上げます。


新ネタ&往年の持ちネタのオンパレード!
 その後は、日髙さんが「こんなところにタイムマシンが!」とひと言発すると、スクリーンには過去のライブ映像が流れ、ACTコーナーへ。ステージは25年前へタイムスリップ! お芝居仕立ての構成で、3人それぞれの持ち役、持ちネタを交えながら、バナフリ結成秘話を披露していきます。

 カラオケスナック「あのね」へ足を踏み入れた関さん。「俺、参上!」と叫んだり、笛のお兄さんとして活躍していた頃のリコーダー演奏を行ってみたりと大活躍。

 カラオケ教室「あのよ」へ姿を見せた山寺さん。Twitterで反響を呼んだつぶやきをもじり、「彼氏とカラオケ教室なう。に使っていいよ」とつぶやいたり、携帯電話のバイブ音を披露したりと、会場の笑いを誘います。

 カラオケ道場「あかね」に登場した日髙さん。アニメ「タッチ」の1フレーズを歌ったり、お笑い芸人・平野ノラの持ちネタ「しもしも~」を演じてみたり、キュートなコメディエンヌぶりを発揮します。


これぞホントのサプライズ!? ライブ会場で、本人たちによるカラオケ映像!
 続く「今夜はバッチグー!」では、ムード歌謡的なメロディーの中、3人の息もピッタリ。山寺さん&関さんによる間奏中の生セリフや、3人そろったバッチグーのポーズもしっかりキメます。

 ここでバナフリの都市伝説の検証コーナーへ。スクリーンにはカラオケボックスの映像が流れます。バナフリのカラオケ曲全3曲のうち、1曲は3人が歌う曲ではなく、日髙さんが歌う「ビカビカマーチ」(「今夜はバッチグー」のCDカップリング曲)だという都市伝説の検証に現れた3人は、真実に驚きつつも歌うことに。

 カラオケボックスの室内で、「ビカビカマーチ」を熱唱。山寺さん&関さんが、カラオケ定番のコーラスやマラカス演奏といったサブポジションを全力で盛り上げます。東京国際フォーラムという大きな会場での、ご本人たちによるカラオケ映像に客席は大爆笑。映像に合わせて、客席から手拍子が起こり、会場中が不思議な空間を楽しんでいました。


3人が初挑戦した圧巻のヒップホップダンス!
 今回のライブでは、「新しいことにチャレンジしたい」という山寺さんのひと言で、ヒップホップダンスにも初挑戦。B系ファッションに身を包んだ3人がハードなステップを踏みながら、全身で表現。圧巻のダンスパフォーマンスを披露しました。

 パフォーマンス後は、倒れていた姿から立ち上がり、マイクを持った山寺さんが「以上で、バナフリライブを終了させていただきます」とジョークを言うシーンも。かっこよくパフォーマンスをキメた後も、笑いは忘れません。
 
 ソロコーナーのトップバッターを務めたのは、山寺さん。先程までのコミカルな姿から一変。甘く、切ないバラード「永遠の微笑み」をしっとりと歌い上げます。

 純白のドレスに衣装チェンジして登場したのは、日髙さん。キュートなボイスで「Pure Friend」を歌い、持ち前の太陽のような輝きを放ちます。
 
 パープル&ブルーのライトを浴びて、優しく、力強く「君の夢の僕であるために」を歌う関さん。結成当時と変わらず、さわやかな雰囲気を醸し出しました。

「パーティーはすぐはじまりさ」ではファンも一緒に大合唱。観客のボルテージも上がり、パーティームードが会場中に広がっていきます。そんな会場の様子に3人も感動しているようで、山寺さんが「想定外の素晴らしさ!」と喜びを伝えました。

 そして「バナフリラ」「プラトニックは我慢できない」では、楽曲イメージの艶めいた雰囲気で熱唱。アップテンポな曲調の中、3人の美しいハーモニーが会場に広がりました。

 
アンコールでは、あのバナナの着ぐるみで登場!
 アンコールでは新曲「あのね」を、振付ミュージックビデオでも着用していたバナナの着ぐるみ姿で初披露。バナナ姿で歌うヤマバナナ、ノンバナナ、 トシバナナは圧巻。観客と一緒に歌い踊り、ライブ会場がひとつになります。

 ラストソングは、3人の現在の気持ちを歌詞にしたためたという「バナナナナ」。明るく、楽しく、優しい歌声とあたたかい空気がステージを通して、会場に伝わっていきます。

 最後は日髙さんが「本当にいい思い出ができました。ありがとうございました。また還暦で会おうねぇ~」とメッセージを告げ、全15曲、2時間10分に及んだバナフリ復活ライブは終演となりました。

 楽曲が流れると、必ずタイトルを紹介し、細やかな気遣いを忘れない山寺さん。エネルギッシュなパワーで、バナフリをリードする日髙さん。練習期間中に肋骨を負傷しながらも、ライブ開演の直前まで、トークや振付を確認する関さん。

 歌でもダンスでも、ACTでもMCでも、笑いと感動に溢れるステージパフォーマンスを繰り広げるエンターテイナー・バナナフリッターズのステージは、観客への極上のおもてなしが込められていました。

[取材・文/宋 莉淑(ソン・リスク)]

セットリスト
Overture 〜BANANA FRITTERSのテーマ〜
M1    バナナフリッター
M2    きらめく海を越えて
- MC -
M3    タイムマシンにおねがい
【ACTコーナー】
M4    今夜はバッチグー!
M5    ビカビカマーチ(カラオケ歌唱映像)
【HIP HOP DANCEコーナー】
- MC -
【ソロコーナー】
M6    永遠の微笑み(山寺宏一ソロ)
M7    Pure Friend(日髙のり子ソロ)
M8    君の夢の僕であるために(関俊彦ソロ)
- MC -
M9    幸咲RADIO
- MC -
M10   君はパラダイス
M11   パーティーはすぐはじまりさ
- MC -
M12   バナフリラ
M13   プラトニックじゃ我慢できない
【アンコール】
M14  あのね
【Wアンコール】
M15  バナナナナ
Closing 〜バナナナナ(オルゴールVer.)〜

ワーナーミュージック・ジャパン公認「あのね」振付ビデオ(ショートバーション)『バナナと踊ろう!』無料配信決定!
 バナナフリッターズが22年ぶりに発表した新曲「あのね」。今年4月より放送中のNHK Eテレアニメ『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』第2シリーズのエンディングテーマとして書き下ろされたこの曲は、バナフリ結成25周年にして初のタイアップ! 初のアニソン! 6月7日に発売されたシングル「あのね/通常盤」には、メンバーからの発案で、バナナフリッターズの3人がバナナの着ぐるみを着てヤマバナナ、ノンバナナ、トシバナナに扮して踊るキッズ向け「あのね」の振付ビデオ(監修:パパイヤ鈴木)のDVDも収録。

 子供たちが身体を使って音楽を楽しみながら踊れるようにと、パパイヤ鈴木さんが考えてくれた「あのね」リトミックダンスを、多くの子供たちに知ってもらいたい! 踊ってもらいたい! そんなメンバーの熱い想いを叶えるべく、新たに「あのね」振付ビデオを再編集し、踊りのポイントをわかりやすく解説したレクチャー文章入りで約2分間のショートバージョンが完成! ワーナーミュージック・ジャパン公認「あのね」振付ビデオ(ショートバーション)「バナナと踊ろう!」として、無料配信を開始します。



 幼稚園児のお父さん、お母さん! 幼稚園の先生! ママ友! お友達! ご近所さんへどんどん拡散してください! チビバナナはもちろん、親子やお友達同士、お一人様でも踊れます! 皆さんからの『「あのね」踊ってみた!』の動画投稿お待ちしています!
 サビだけとか、皆さんのお気に入りのパートだけでも大歓迎です! みんなで踊ってねー!
 ハッシュタグ【#あのねダンス】をつけてtwitterで動画を拡散しよう!

 また、スケジュール次第にはなりますが、幼稚園でのお遊戯会、お祭りやイベントなどで、ヤマバナナ、ノンバナナ、トシバナナへのご用命があれば承りますので、bf55@joqr.net までメールでご連絡ください!

>>公式サイト
>>公式ツイッター

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択