Kalafina新曲「百火繚乱」リリースイベントで熱唱 Hikaruが“泣きそうになる”ポイントとは?

レポート
2017.8.11
 撮影:加東岳史

撮影:加東岳史

画像を全て表示(6件)

4月より行ってきた『Kalafina “9+ONE”』を終えたKalafina。彼女達が今週8月9日(水)にニューシングル「百火撩乱」をリリース、記念イベントをお台場ヴィーナスフォート 2F 教会広場にて行った。本作はTVアニメ『活撃 刀剣乱舞』のエンディングテーマとなっている。

リハでは音の調整をしている間に「誰かがしゃべることになっているんですよ」と言いながらHikaruが集まった大勢の観客に語りかける一面も。

Wakana 撮影:加東岳史

Wakana 撮影:加東岳史

登場と共に「百火撩乱」を歌い上げたKalafinaは「世間はお盆です、あいにくの天気ですが、Kalafinaの音楽を楽しんでいってくださいね」とWakanaが挨拶し、「今日しか作れない音楽を一緒に作りましょう」とKeiko,そして「沢山の人達が来てくれて嬉しいです、二階も奥の方も…私視力2.0なので見えてますからね!」とHikaruも挨拶。

Keiko 撮影:加東岳史

Keiko 撮影:加東岳史

新曲について「今回は和テイストな曲なんですが、フルートが入ってくるときからのドキドキ感があって、回りが駆け巡っているのに私達だけ少しスローモーションになっているようなイメージを持っています、思ったより歌うのにパワーがいるんですよ!」とWakana。

Hikaru 撮影:加東岳史

Hikaru 撮影:加東岳史

Keikoから「レコーディングした時と、今とで曲に対する印象って違う?」と逆質問をされたHikaruは「頭のKeikoさんの歌い出しで”夢を見た…”って始まる瞬間にもう泣きそうになるんですよね」とアニメの原作である『刀剣乱舞』プレイヤー(審神者)でもある彼女らしい歌詞への解釈の深さを披露した。

撮影:加東岳史

撮影:加東岳史

続いてシングルのカップリング曲「とんぼ」を披露。秋らしい印象のミディアムテンポのバラードをしっかりと聞かせ、「最後は私達のハーモニーをたっぷり楽しんでください」と「symphonia」を響きいっぱいに歌いきった。

撮影:加東岳史

撮影:加東岳史

恒例となっているこのリリースイベントは、関東2回(8/11(金) , 8/12(土))、関西1回(8/13(日))の計3回を行うスケジュールとなっており。来るべきデビュー10周年に向け、9月・10月には日光東照宮・興福寺にて奉納ライブ、さらには11月より全国アコースティックツアー 『Kalafina Acoustic Tour 〜“+ONE” with Strings〜』も始まっていく。10周年まで残り半年を切ったKalafinaを、これからも追いかけていきたい。

レポート・撮影・文:加東岳史

ツアー情報
「Kalafina Acoustic Tour 2017 ~“+ONE” with Strings~」
2017/11/7(火) ハーモニーホール座間
2017/11/13(月) 周南市文化会館
2017/11/15(水) 広島文化学園HBGホール
2017/11/22(水) 札幌市教育文化会館 大ホール
2017/11/26(日) 和田山ジュピターホール 大ホール
2017/11/27(月) 倉敷市民会館
2017/12/2(土) 電力ホール
2017/12/3(日) 東京オペラシティ コンサートホール
2017/12/9(土) 富山県民会館
2017/12/13(水) 愛知県芸術劇場 大ホール
2017/12/14(木) 福岡シンフォニーホール
 
「“Kalafina with Strings” Christmas Premium LIVE 2017」
2017/12/19(火)・20(水) ザ・シンフォニーホール
2017/12/22(金)・23(土・祝) Bunkamura オーチャードホール

デビュー 10 周年記念ライブ開催決定 !
2018/1/23( 火 ) 日本武道館
 
 
シェア / 保存先を選択