トークショーや映像上映も!練馬のアニメカーニバル

ニュース
2015.9.19


10月17日(土)と18日(日)に、練馬駅周辺で「練馬アニメカーニバル2015」が開催。

練馬区には、日本最初の劇場用長編アニメ「白蛇伝」を制作した東映映画(現・東映アニメーション)や、日本で最初の連続TVアニメ「鉄腕アトム」を制作した虫プロダクションがあり、現在も90社を超えるアニメ関連事業者が集積している。

そんなアニメの聖地で、アニメ制作者のトークショーや、練馬区ならではのアニメイベントが楽しめる。

■ アニメ体験プログラムも

注目は多彩なゲストが登場するトークイベントだ。17日(土)の16:30~18:30に「この世界の片隅に」の原作者・こうの史代と、練馬区内にある日本大学藝術学部出身の監督・片渕須直の「映画『この世界の片隅に』公開まであと1年!トークイベント」が開催。トークはもちろん、プロモーション映像や「この世界の片隅に」の冒頭部分でも登場する小編「冬の記憶」の上映も見逃せない。

さらに、18日(日)16:00~18:00は「『四月は君の嘘』最終話スタッフ生コメンタリー&トークイベント」、同じく18日(日)11:15~11:45には「『Go!プリンセスプリキュア』ショー」も行われる。なお両日のトークショーは「練馬区文化センター 小ホール」で開催され、事前申し込みチケットや当日券も発売される。

そのほか区民・産業プラザでは、練馬区とアニメの関わりを紹介する展示コーナー「練馬区とアニメ展」や、「パラパラアニメ体験教室」などが楽しめる「アニメの学校@ねりま」(事前申し込みあり)なども。

大人も子供も楽しめるアニメイベントが盛りだくさんのアニメカーニバルで、練馬とアニメの歴史を感じよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択