the GazettE 9年ぶり大型野外ライブで見せた感謝の気持ちとファンへの約束「迷わずついて来いよ!」

動画
レポート
音楽
2017.8.27
the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

画像を全て表示(14件)

the GazettE LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」
2017.8.19 富士急ハイランド・コニファーフォレスト

9年前、同じ富士急ハイランド・コニファーフォレストで野外ライブを行なった日は、不運にも雨に見舞われたという。この日も事前の天気予報は雨。前日リハーサルも大雨の中で行なわれたそうで、ライブ中にRUKIが「今日、雨降ると思ったヤツ!」と呼びかけたときも、客席の大多数が手を挙げていた。しかし、フタを開けてみれば暑すぎず寒すぎず、ちょうど良い気温の曇天。「俺らの願いとお前らの願いが、この天気を呼んだよね!」という彼の言葉は、きっと真実だっただろう。何せ今回の会場には、晴天を祈願してのてるてる坊主掲示スペースまで設けられていたのだから。

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

今年3月に15周年を迎え、節目の年に行なわれたthe GazettEの9年ぶり3度目となる大型野外ライブ。それは楽器や衣装を展示したアーカイブギャラリーにメンバープロデュースフードの販売等、さまざまな企画を多彩に盛り込んだ、まさしく“夏祭り”と呼ぶに相応しい一大イベントとなっていた。スピーカーが高々と富士山のように積まれ、赤いフラッグがはためくステージも、ライブ告知の際に公表されたキービジュアルの通り。

そして「ヴィジュアルロックの最高峰が富士山に帰ってきたぞ!」という開演前アナウンスからメンバーが登場し、最初に奏でられたのは2006年発売のアルバム『NIL』に収録されている「Nausea&Shudder」だ。野外の空の下、ドラム台に集まったフロント陣が一気にステージに散る印象的な幕開けに、思わず懐かしさを覚えてしまったのは筆者だけではないだろう。しかし言うまでもなく、戒の唸るドラムに葵から麗へと引き継がれる滑らかなギターソロ、“オイ! オイ!”と掛け声を放つREITAの迫力と、そのパフォーマンスは当時に比べて明らかな進化を遂げていた。初っ端から繰り広げられる5人での総力戦に1万人のオーディエンスは熱狂し、続く「INSIDE BEAST」では噴き上がるスモーク柱に煽られて場内はヘッドバンギングの海に! イントロで歓声が湧いた「Filth in the beauty」で静と動の対比を巧みに魅せつつ、客席へと伸びる花道の先へと歩むRUKIの纏う威厳あるオーラは、なるほど間違いなく“ヴィジュアルロックの最高峰”だ。

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

ライブに先立って行なわれた楽曲リクエストの結果も反映してのセットリストは、結成から15年のオールタイム“ライブチューン”ベストといった趣き。必然的に「思い切り暴れて帰ってください。今夜は最高の夜になる、約束するぜ!」とRUKIが宣言しての「ATTITUDE」からも、曲が進むたびに客席のボルテージは上がるばかりだ。手を叩き、頭を振って大きく飛び跳ねるオーディエンスに向け、左右の花道に広がってダイナミックに届けられる重低音が風に乗り、削ぎ落とされてメロディの美しさが際立つのも野外ライブならでは。「GENTLE LIE」で葵のスタイリッシュなフレーズが柔らかな音の空間を象り、そのままディープな世界観へと観衆を誘う……かと思いきや、そこは9年ぶりの大型野外ライブ。イントロからギター隊が掛け合う「REGRET」では、メロディックなラインが葵のコーラスを伴って心地よく疾走し、「FADELESS」のザクザクと斬り込むベースがテンポ良いドラムと共に1万人をノリ良く揺らしてゆく。ストーリー性の高い楽曲を並べて彩り豊かな情景を描きながらも、最大のプライオリティは身体で楽しむこと。それが“BURST INTO A BLAZE”のモットーだ。

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

インディーズ時代からの人気曲「赤いワンピース」では麗が花道の先で華麗にブレイクし、<イタヒ クラヒ ダイスキダッタ!!>と泣き叫ぶように歌うRUKIの姿に、どれだけビッグになっても衰えぬ剥き出しの衝動を見る。そんな彼が腰を振る姿を下から舐めるカメラに歓声が湧く「Psychedelic Heroine」では、ダンサブルなビートを正確に刻みながらコーラスを入れる戒に度肝を抜かれ、荒ぶるREITAは続く「SLUDGY CULT」で分厚いユニゾンにパワーコーラス、ベースソロと八面六臂の活躍ぶりだ。しかし、いかにアグレッシヴといえどメンバーのパフォーマンスだけではthe GazettEのライブは成立しない。

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

「いつものホールと違ってメチャメチャ腹から声出さないと風に飛ばされちゃうんですよ。今日はお前らの声を聞きに来たと言っても過言ではないわけです。だから俺たちにお前らのイカれた声をくれよ!」

そんなRUKIの言葉に煽られ、その後は“イカれた野郎共”による狂乱の宴へ。BメロでREITAがボーカルを取る「IN THE MIDDLE OF CHAOS」で鮮やかに空を裂き、「VERMIN」ではドラムスティックを振る戒までもがオーディエンスと共に激しく頭を振りまくる。さらに客席を一斉に跳ばせる弦楽器のパワーコーラスを背に花道をRUKIが進み出る、その絵面のサマになることといったら! 分厚いギターリフに拳があがって麗がライトハンドで聴かせる「UGLY」に、エレクトロな要素を取り込んだミクスチャーチューン「HEADACHE MAN」で貪欲な音楽消化力を示したところで遂にクライマックスへと雪崩れ込む。

「よぉ、富士急! いよいよお前らの見せどころだぜ。今度はこの会場をお前らが地獄に変えてくれ。今まで見たことがないようなイカれた景色を、その目に焼きつけてくれ! 地獄へようこそ!!」(RUKI)

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

そして「関東土下座組合」のイントロが鳴ったとたん、オーディエンスが席を飛び出し、地べたに這いつくばって頭を振る姿が見られるライブなど、古今東西どこを探してもthe GazettE以外に無いだろう。葵のヒステリックなギターソロで曲が折り返すと、麗はドラム台に上がって戒と笑顔を交わし合い、花道の先へと堂々進軍。RUKIもステージ上を駆け回りながら客席を隅々まで煽って、勢いよくジャンプ&ヘッドバンギングさせる。1万人が一塊となって波打つ壮観な様に、曲が終わるとREITAもベースを掲げてガッツポーズ。そこで激情を吐き尽くしたからこそアンコールの1曲目、アコースティックギターの繊細な調べの隙間をベースがうねり、青いライトを浴びるRUKIが優しく、切なく歌いかける「LAST HEAVEN」が心に沁みるというものだ。一転、赤いライトの中でシャッフル曲の「ガンジスに紅い薔薇」が醸す妖しさも野外の涼やかな風にマッチして、RUKIも「あまりにも気持ちよくてさ、ちょっと今日帰りたくないね」と漏らす。そこから「BLEMISH」に「Ruder」と濃密なパワーチューンでオーディエンスのみならず、メンバー自身のテンションも爆アゲした最後は、やはり「LINDA ~candydive Pinky heaven~」。麗とREITAは花道へと飛び出して、戒の掛け声で跳ねる1万人が大きく手を振る光景に、伸びやかなギターソロを弾き終えた葵の表情は充足感に満ちていた。

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19

「今日まで5人でいろんなことに挑戦して、いろんな景色を創り上げてきました。どんな苦しいときも、この5人で乗り越えてきたから、9年前より成長してここに立つことができました。みんなもいろんなことを乗り越えて、ここに集まってきてくれているんだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。夏はもうすぐ終わるけど、秋もその先も楽しいことをたくさんやるって、ここにいる全員に約束します。だから俺らに、迷わずついて来いよ!」

ダブルアンコールで登場したRUKIがそう告げ、演奏が始まって「ここにいる全員に贈ります。「TOMORROW NEVER DIES」!」とタイトルコールした瞬間、特設ステージの後ろから上がったのは、なんと打ち上げ花火! 曲が終わると上手側にも次々と花火が打ち上がり、ライブでは王道のラストソングを特別な思い出として1万人の脳裏に刻み込む。東京は豪雨に見舞われて花火大会も中止になったこの日、富士の麓で花火を楽しめるとは、いったい誰が予想していただろうか? 全てのメニューを終えて、RUKIはメンバーと次々にハグ。「また必ず戻って来るので、そのときはまた必ず会いましょう。最後にみんなのジャンプでデッカイ花火、打ち上げようぜ!」と会場の全員で手を繋いでジャンプし、15周年のアニバーサリーだからこその夏祭りを締めくくった。さらに「秋も、その先も楽しいことをたくさんやる」という言葉を裏付けるべく、終演後には『DOGMA』から3年ぶりとなるニューアルバムの来春リリースと、昨年に続き2度目となるハロウィンライブの開催も発表! しかも退廃の“アビス”に本能の“LUCY”という二つのコンセプトを掲げ、それぞれを東京・大阪で二夜連続、計4公演行なうというのだから見逃せない。事実、告知映像だけで会場が阿鼻叫喚の渦となったほど、そのヴィジュアルはイキ切ったもの。全てにおいて妥協も容赦もなく、限界まで追い求める彼らの姿勢は、きっと今後も変わらず我々を魅了してゆくのだろう。


取材・文=清水素子
 

the GazettE 2017.8.19

the GazettE 2017.8.19


 

 

セットリスト
the GazettE LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」
2017.8.19 富士急ハイランド・コニファーフォレスト

SE
01. Nausea&Shudder
02. INSIDE BEAST
03. Filth in the beauty
04. ATTITUDE
05. GABRIEL ON THE GALLOWS
06. VORTEX
07. GENTLE LIE
08. REGRET
09. FADELESS
10. 赤いワンピース
11. Psychedelic Heroine
12. SLUDGY CULT
13. IN THE MIDDLE OF CHAOS
14. VERMIN
15. UGLY
16. HEADACHE MAN
17. 関東土下座組合
<ENCORE>
18. LAST HEAVEN
19. ガンジスに紅い薔薇
20. BLEMISH
21. Ruder
22. LINDA ~candydive Pinky heaven~

<ENCORE 2>
23. TOMORROW NEVER DIES

 

ライブ情報
HALLOWEEN NIGHT 17 SPOOKY BOX2 THE DARK HORROR SHOW アビス/LUCY
・10月25日(水) なんばHatch -アビス- 開場 17:30 / 開演 18:30
・10月26日(木) なんばHatch -LUCY- 開場 17:30 / 開演 18:30
・10月30日(月) 豊洲PIT -アビス- 開場 17:30 / 開演 18:30
・10月31日(火) 豊洲PIT -LUCY- 開場 17:30 / 開演 18:30
[FC HERESY最速先行チケット]
受付期間:8月19日(土)22:00~9月4日(月)18:00
HERESY WEB SITE:http://fc-heresy.com/

 

リリース情報
NEW ALBUM
2018年春発売

 

シェア / 保存先を選択