Kalafina、初披露曲と“食”と“マッチョ”で新譜リリースに華添える

レポート
2015.9.20
「Kalafina ニューアルバム『far on the water』 発売記念イベント」の様子。

「Kalafina ニューアルバム『far on the water』 発売記念イベント」の様子。

昨日9月19日、Kalafinaが神奈川・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージでライブイベントを行った。

この日のイベントはKalafinaのニューアルバム「far on the water」が9月16日にリリースされたことを記念して行われたもの。好天に恵まれたルーファ広場は彼女たちのファンや買い物客など、大勢のオーディエンスで埋め尽くされた。

定刻、純白のドレスに身を包み、グランドステージに現れたWakana、Keiko、Hikaruはアルバム収録の新曲「monochrome」を初パフォーマンス。軽快なツービート、ギターカッティング、アコーディオンのオブリガードに乗せてテクニカルなコーラスワークと、ドレスの裾をはためかせる力強くもセクシーなダンスを披露してオーディエンスの度肝を抜いてみせた。

続くミディアムチューン「五月の魔法」で「愛しているよと世界は歌う」とジェントルに歌い上げた3人は、アルバムリリースに伴って現在行っている全国キャンペーンの様子を振り返るMCタイムに。ところが各地の思い出について尋ねられたHikaruは「名古屋に行ってひつまぶし食べたでしょ。で、大阪行って関西弁を聞いて、そのあと札幌でラーメンを食べた」と即答。これにKeikoが「以上ですか!?」と目を丸くさせていると、Wakanaはキャンペーンの合間に3人で観に行ったミュージカル「ピピン」にマッチョな男性キャストが登場するたび、Keikoが「出た!」と興奮気味につぶやいていたことをバラして笑いを誘った。

そして「この晴天とともにさわやかな曲を楽しんでほしい」とのHikaruの言葉通り、3人がアルバム表題曲にしてNHK総合「歴史秘話ヒストリア」のエンディングテーマ「far on the water」で清冽な歌声を響かせたところでイベントは終了。ファンとの記念撮影を終えた彼女たちは大歓声に手を振ってステージをあとにした。

Kalafina ニューアルバム「far on the water」 発売記念イベント
2015年9月19日 ラゾーナ川崎 ルーファ広場 グランドステージ セットリスト

01. monochrome
02. 五月の魔法
03. far on the water

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択