2つのツアーで巡る、混浴温泉世界

SPICER

画像を全て表示(6件)

ふたつのツアーと、街。

今年の混浴温泉世界、かなり特異なスタイルで展開しています。

というのも、主軸となる作品群を巡る「アートゲートクルーズ」はツアーでしか鑑賞できない仕掛けですし、「ベップ・秘密のナイトダンスツアー」は、案内人に連れられ、週替わりで街のあちこちが会場になり、両ツアーとも別府に潜り込んでいくようなマニアックな場所で展開されていきます。町歩きする中で、地元の人でさえ「こんな場所あったのか!」と驚くほど。

 

まずは、アートゲートクルーズ。別府駅構内のインフォメーションに集合しスタートします。

出発前の注意事項等の説明の中に「道筋などがわかってしまう写真撮影はNG」とあり、この秘密の冒険を参加者だけで共有するという静かな高揚感がたまりません。

「え?ここ行くの?行けるの?」という生活感溢れる細い路地を縫って進み、閉じられたドアの鍵を開け、街中に潜んで点在する作品を鑑賞して巡るのですが、そのうち混沌とした別府の街とその日常の魅力とアーティスト作品が絡まり合い、街を「眺める目」が「探す目」に変わっていきます。まんまと、そして高揚感が裏切られないまま、気持ち良く策略に乗せられました。
 
別府にはこのような路地裏がたくさんあります。

別府にはこのような路地裏がたくさんあります。

 
しかしそれだけではなく、例えば、私は期間中のみ、「スナック優子」という場を創っているのですが、その頭上に建つ公民館から毎日同じ時刻に聞こえる大友良英氏の作品の音楽について、ずっと気になってたらしいおばあちゃん達と近くの温泉で語ったり、近所のおばちゃんと立ち話したりして、つくづくこの地においての作品の「生ものさ」や息づき方を実感させられました。

 

そして、ベップ・秘密のナイトダンスツアー。

毎週末3~4組のパフォーマーによって行われてきたダンスツアーは、会場も週替わりです。幅広く多様な持ち味の身体表現を濃密に楽しめるだけでなく、ツアー形式だけあって鑑賞者はまるでハーメルンの笛吹きさながらに街を練り歩きます。アーケードや温泉、高架橋下商店街など、街のいたるところにパフォーマーが潜み、パプニングのようにコトが起こっていきます。

雨の中でも熱演する"大東京舞踊団"

雨の中でも熱演する"大東京舞踊団"

今回も大人気だった"The NOBEBO"による金粉ショー

今回も大人気だった"The NOBEBO"による金粉ショー

市営温泉施設の広場での公演

市営温泉施設の広場での公演

 

今でも流しが成り立つ飲食街で、焼き鳥屋店主が公演を応援したり、酔っ払いが楽しんだりと、なんだか街の雰囲気が醸し出す昭和的ファンタジーに拍車をかけるのが、評価をダイレクトに演者へ投げる「おひねり」システム。生まれも育ちも別府の山本善之氏(通称ライスボール山本)が考案・実施していて、前回2012年の混浴温泉世界から氏が勝手に始めたことなのですが、それが別府らしい情緒も公演の一体感も倍増させています。氏の陰ながらの努力によって定着し、パフォーマーも励まし、主催者も快く容認しているというのは、地方でのアートフェスの体温と愛のある象徴的な事例でしょう。

毎回インフォメーションセンターでおひねり用紙(自前)を配布する山本氏

毎回インフォメーションセンターでおひねり用紙(自前)を配布する山本氏

 
実は両ツアーとも、会期終了までのチケットが完売してしまい、増便してもまた完売というほどの盛況ぶりのまま27日までの会期を終えます。作品のクオリティや別府の街の魅力があってこその趣向に加え、作品と地元の人々の関わり合いそのものがアートフェスの真髄だとすると、毎年行われている市民芸術祭「ベップ・アートマンス」の充実ぶりも驚異的です。

トリエンナーレ形式で行われてきた「混浴温泉世界」は、今回をもって終了すると予告されています。しかしそこには全く悲壮感はなく、むしろ今後、別府の街や別府のアートシーンがどのような変化を遂げていくのか、皆、期待を膨らましているのではないでしょうか。

イベント情報
別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」

日時:2015年7月18日〜9月27日
会場:大分県別府市内各所(中心市街地/鉄輪地区)※定休日はプログラムごとに異なる
公式ウェブサイト:http://mixedbathingworld.com
シェア / 保存先を選択