バンドの新たなるスタンダード確立へ、SHE'Sが初のホールツアーでみせた姿

レポート
音楽
2017.10.17
SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

画像を全て表示(16件)

SHE’S Hall Tour 2017 with Strings ~after awakening~ 2017.9.29  草月ホール

SHE’S初となるホールツアーは、ツアータイトルからも察せられるように、ストリングスを迎えた構成での演奏に挑戦。バンドの武器をまた一つ増やすような、意義深いツアーとなった。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'Sの持ち味といえば壮大なスケールを感じさせるサウンドだが、CD音源では彼ら4人のサウンドに加え、弦楽器のサウンドを大胆に組み込んだものも多い。この編成でライブを行うことが発表になったのは前回のツアーファイナルの時だが、この半年弱の間、音源だけでしか知りえなかったあの世界を体感できる日のことを楽しみに待っていた人も多かったのではないだろうか。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

東名阪をまわるツアーの冒頭2日間の会場は草月ホール。東京都港区に位置する、総席数530の多目的ホールだ。喩えるならTSUTAYA O-EASTをもう少し小さくした感じ、といったところだろうか。3階建てになっていて、縦と横はまあまあ広いが奥行きはそれほどなく、どの席からでもステージが結構近い。開演を待っていると続々と席が埋まっていくが、普段のライブとは一味違うクラシカルな装いをした人が多く、そんなところからも特別感を読み取ることができた。すると影アナが開演間近であることを知らせ、ライブの注意事項などをアナウンスしはじめるが、最後の最後、声の主がHalo at 四畳半の渡井翔汰(Vo/Gt)であることが明かされ、場内がざわつく。どうやらメンバーに頼まれ収録したようなのだが、他の3日間でもSHE'Sと縁の深いバンドマンがそれぞれアナウンスを担当したとのこと。後のMCで本人たちも言っていたように、メンバー4人自身もまた、このツアーを心待ちにして準備を重ねてきたのだ。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

井上竜馬(Vo/Pf)、服部栞汰(Gt)、広瀬臣吾(Ba)、木村雅人(Dr)、そしてバイオリン2本+ビオラ+チェロという編成のストリングスカルテットがステージ上にスタンバイ。「『SHE’S Hall Tour 2017 with Strings ~after awakening~』へようこそ! みなさん、元気?」と井上が語りかけ、1曲目「Over You」を始めた。ストリングスの流麗なフレーズと4人が鳴らすバンドサウンドが絡み合うと、そこにオーディエンスの歌声が加勢し華を添える。先述の通り、客席からステージが近いため、総勢8+530名でのサウンドは響きわたるよりもまず先に、ダイレクトに聴き手の耳にへ飛び込んでくる。「Un-science」の旋律をどこまでもドラマティックに聴かせると、続く「Someone New」ではストリングス隊が一旦退場。このように、ストリングスを迎えて演奏したり、バンドのみで演奏したり、4人は曲に合わせた編成で以って演奏に臨んでいた。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

心地よくスウィングする「Beautiful Day」。フォークテイストの曲調にオレンジ色の照明がよく似合う「In the Middle」。ソロ回しでつなげる間奏が楽しい「グッド・ウェディング」。メタリックに掻き鳴らす、一見異質だがこのバンドに欠かせない服部の存在感。音の鳴らし方だけではなく“止め方”でもリズムを生み出すような広瀬の奏法。バンドの背を支えることを一番に考え、ポイントを絞って熱を爆発させる木村のビート。バンドのみで届けられる曲では各メンバーの個性がより一層映えていたが、この辺りは間違いなく「よりライブバンドであるために」と作られ今年1月にリリースされたアルバム『プルーストと花束』と、その曲たちを一つずつ自分たちのものにしていった全国ツアーの中で培ったものであろう。輪郭がはっきり見えるようになったバンドサウンドの上を行く井上の鍵盤とボーカルにも気合いが滲んでいるし、互いに互いを鼓舞しあうような、能動的な空気がバンド内に流れていることがよく分かる。聴いていて爽快な気分になることのできる、気持ちの良い音。ストリングスを迎えた曲においても、サウンドを飾りつけてもらっている感じは一切せず、むしろ弦楽器やオーディエンスの歌声を従えていくような頼もしささえ感じたのは、そういうバンドの生身の部分がしっかりと見えたからだ。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

いつも通りフランクな調子のMCを挟み、ライブも中盤。大切な人が亡くなったことをキッカケに“残った自分にできること”を考えながら作った曲なのだと井上が語った「Long Goodbye」、そして「Ghost」ではバンドの音とストリングス隊の音が激しくぶつかり合いながら、ひとつのハイライトを描いていった。直後、井上は「夏フェスで楽しい曲やってたから久々やわ~、この感じ! 闇の世界にいたわ」と笑っていたが、バンドの纏う緊張感を察知し、静かに集中していたオーディエンスの反応を見る限り、SHE’Sにそういう表情を求めているのはどうやらバンド側だけではない。演奏に手応えを感じてか、井上、「っしゃー!  いくでいくでいくで!と勢いづくも、「ただ次、そんな感じの曲やない(笑)」と自らツッコミを入れ、「Voice」へ。<君の声が聞こえるように/耳を澄ましてここにいるから>とバンドが改めて伝えると、客席から湧き上がるのは温かなシンガロング。「今日一大きい声出せるか!」というの投げかけに応えたその一つひとつを前に、井上はピースサインを掲げたのだった。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

そして「aru hikari」で本編は終了。井上の指揮に合わせ音がスッと静まっていく演出は鮮烈なものだったが、アンコールで再登場するや否や「過去最高にクールな終わり方やったな! 決まってた?」とか言ってしまうのがこの人の性格である。また、ツアー初日のこの日は“「aru hikari」でオーディエンスにスマホのライトを点灯してもらおうと思っていたのにそれをすっかり忘れていた”ことを白状し、かなり悔しそうにしていたが、井上のTwitterアカウントにアップされていた動画を見る限り、翌30日には無事成功したようだ。ここで重大なお知らせとして、12月6日に2ndアルバム『Wandering』をリリースすること、それに伴い来年2月から全国ツアーを行うことを発表。さらにアルバム収録予定の曲だと紹介し、ストリングス隊とともに「The World Lost You」を演奏した。イントロが始まった途端、客席の中には崩れ落ちるように喜び合う人たちもいたが、それもそのはず。後に井上から説明があったように、この「The World Lost You」は彼らが自主制作時代に作ったCDの1曲目の曲であり、『閃光ライオット2012』出演時にも披露された、特別な一曲なのだ。

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

4人編成に戻って演奏した「Curtain Call」でこの日のライブは幕を閉じた。振り返ってみると、ストリングスを迎えた編成で演奏したのが10曲、4人のみで演奏したのが8曲。特に前者の方は、“音源再現”にとどまるような感じは決してなく、自分たちの新たなスタンダードを確立せんとする、バンドの前のめりな温度を読み取ることができたのが良かった。初めての試みであるためまだ荒削りな部分もあるにはあったが、バンドが歳と経験を重ねるにつれ、この響きはもっと豊かになることだろう。ぜひライフワークとしてこの形式でのライブを続けてほしいと思わせられるような、初のホールツアーであった。


取材・文=蜂須賀ちなみ 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

SHE'S 撮影=Atsushi Ito

セットリスト
SHE’S Hall Tour 2017 with Strings 〜after awakening〜 2017.9.29  草月ホール
1.Over You
2.Un-science
3.Someone New
4.Beautiful Day
5.In the Middle
6.グッド・ウェディング
7.Isolation
8.信じた光
9.Night Owl
10.Don’t Let Me Down
11.Long Goodbye
12.Ghost
13.Voice
14.Freedom
15.遠くまで
16.aru hikari
[ENCORE]
17.The World Lost You
18.Curtain Call

 

 

 

リリース情報
2nd Album『Wandering』
12月6日発売
『Wandering』初回盤

『Wandering』初回盤

初回限定盤:CD+DVD 品番:TYCT-69125 ¥3,500-(税抜)
『Wandering』通常盤

『Wandering』通常盤

通常盤:CD 品番:TYCT-60111 ¥2,800-(税抜)
 
〈CD収録楽曲〉
All My Life
Blinking Lights
Flare
Getting Mad
Remember Me
White
Beautiful Day ※TBS系テレビ「王様のブランチ」6月度エンディングテーマ
C.K.C.S.
Over You ※TBS系テレビ「CDTV」6月度エンディングテーマ
The World Lost You ※「閃光ライオット2012」出演時の楽曲のリアレンジを初収録!
Home
〈DVD収録内容〉
・『SHE’S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』at 草月ホールDIGEST
・Scene Of Recording & Shooting OFF SHOT
・アルバム発売記念!無人島サバイバルBBQ大会!!
 
■店舗購入特典
「Wandering 」初回限定盤、または通常盤のどちらか1点を特典配布店舗でご購入のお客様にSHE’Sオリジナル・クリアファイル(A4サイズ)をプレゼント。
※特典デザイン、特典配布店舗は後日お知らせします。
※必ず事前にご希望の店舗で特典の有無を確認の上ご予約ください。
※特典配布は数量限定につき、先着順で無くなり次第終了となります。

 

ツアー情報
SHE’S Tour 2018 “Wandering” 
 
●2018年2月7日(水)松本ALECX  w./ (※後日発表)
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
●2018年2月9日(金)神奈川F.A.D YOKOHAMA  w./ go!go!vanillas
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
●2018年2月11日(日)栃木 HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2  w./(※後日発表)
OPEN 16:30 / START 17:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
●2018年2月14日(水)滋賀U☆STONE w./ (※後日発表)
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
●2018年2月15日(木)神戸VARIT. w./(※後日発表)
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
●2018年2月17日(土)三重 松阪M’AXA w./ (※後日発表)
OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション052-320-9100
●2018年2月19日(月)京都MUSE w./ androp
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
●2018年2月21日(水)浜松 窓枠  w./ (※後日発表)
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション静岡TEL:054-284-9999
●2018年2月24日(土)盛岡CLUB CHANGE WAVE w./ TOTALFAT
OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:ノースロードミュージック 022-256-1000
●2018年2月25日(日)郡山HIP SHOT JAPAN w./ TOTALFAT
OPEN 17:00 / START 17:30
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:ノースロードミュージック 022-256-1000
 
 
●2018年3月2日(金)福岡 DRUM LOGOS
OPEN 18:15 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:キョード—西日本092-714-0159
●2018年3月3日(土)広島 クラブクアトロ
OPEN 17:15 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:夢番地(広島)082-249-3571(月〜金 11:00〜19:00)
●2018年3月9日(金)岡山 YEBISU YA PRO
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:夢番地(広島)082-249-3571(月〜金 11:00〜19:00)
●2018年3月11日(日)大阪 なんばHatch
OPEN 17:00 / START 18:00
料金:前売<1Fスタンディング>¥3,500(税込) ※ドリンク代別
     <2F指定席>¥4,000(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
●2018年3月17日(土)金沢 AZ
OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
●2018年3月18日(日)新潟 NEXS
OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
●2018年3月21日(水)札幌 ペニーレーン24
OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:WESS 011-614-9999(月~金11:00~18:00)
●2018年3月23日(金)仙台 darwin
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:ノースロードミュージック 022-256-1000
●2018年3月31日(土)名古屋 ダイアモンドホール
OPEN 17:00 / START 18:00
料金:前売 ¥3,500(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション052-320-9100
●2018年4月1日(日)東京 EX THEATER ROPPONGI
OPEN 16:00 / START 17:00
料金:前売 <1Fスタンディング>¥3,500(税込) ※ドリンク代別
      <2F指定席>¥4,000(税込) ※ドリンク代別
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
 
 
■オフィシャルHP先行
受付期間:10/16(月)11:00~10/30(月)23:59

 

 

シェア / 保存先を選択