富山の環状線がライトアップ!街全体が光輝く8日間


富山市を走る環状線セントラム沿線で、10月10日(土)から17日(土)までの期間、ライトアップイベント「アメイジングナイト -ときめきときらめきと-」が開催される。

期間中の日没から21時頃まで、沿線にあるインテック本社ビル111やCiCビル、北日本新聞社本社ビルなどが美しくライトアップされる。

10日は17時からオープニングイベント、18時からは全面ガラス張りの天井を持つグランドプラザで、富山ガラス造形研究所の本郷仁氏による、4mにもおよぶガラス作品に光を照射しアメイジングな空間を演出。

また、10日・11日の両日、富山市のシンボルである富山城のお堀で、富山大学工学部の学生がプロデュースするLEDバルーンが幻想的な空間を演出する。

8月にオープンしたばかりの「TOYAMAキラリ」壁面にはプロジェクション・マッピングが。また総曲輪通りでは、幻想的な光のトンネルが出現する「ナイトサファリin総曲輪」が行われる。

さらに富山シティエフエムとのコラボ企画「トラム・ザ・ナイトライド」では、ライトラム(光るセントラム)やグランドプラザがラジオ番組で放送する曲のビートに合わせて連動し、街中全体が光のビートで刻まれる。

この期間だけのアメイジングな富山の夜を楽しもう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択