リーガルリリー、原点であり37年の歴史に幕を閉じる新宿JAMでツーマン 「灰になってもその土の上で音楽はあり続けて欲しいです」

ニュース
音楽
2017.12.27
リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

画像を全て表示(6件)

リーガルリリーが、12月25日に新宿JAMにて『リーガルリリーpresents.「ありがとう、JAM」』を開催した。

新宿JAMはビルの老朽化が原因で、今年2017年12月31日をもって37年の歴史に幕を閉じることになる。高校生の頃より新宿JAMをホームとして育ったリーガルリリーは、3年前の12月25日に生まれて初めて企画ライブをした同日に、彼女たちが新宿JAMに出るきっかけとなった憧れの先輩、タグチハナを招いてツーマン企画を開催した。

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

「3年前は、お客さんが全然いなかったので、ホールを埋めるために出演者を10組くらい呼んでいました。」とたかはしほのか(Gt/Vo)がMCで笑いながら話していたが、当日はステージが見えないくらいフロアは満員であった。彼女たちが高校生の頃から演奏している「魔女」や森田童子のカバーも披露され、新宿JAMには思い入れが深いこともあってか、初期衝動にあふれる力強いライブであった。

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

ゆきやま(Dr)は、「私は高校生の時にライブハウスはここ新宿JAMしか知らなくて、大事なことをいつも思い出させてくれる大切な場所です。」と想いを語った。「新宿JAMのビルが盾壊しになって、灰になってもその土の上で音楽はあり続けて欲しいです。」とたかはしほのかも話す。
リーガルリリーにとって思い出のホームでの最後のライブであったが、寂しさよりも前へ進んで行くような、バンドを初めて組んだときのような、ときめきに満ちた夜であった。アンコールでは「はしるこども」を演奏し、最後の新宿JAMのステージをしっかりと踏みしめて、彼女たちは駆け抜けていった。

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリー  撮影=知衿

リーガルリリーは2018年3月31日に、バンド史上最大キャパである恵比寿LIQUIDROOMにて、『リーガルリリーpresents「夜のとばり、あけた窓辺」』を開催する。リーガルリリーは3年連続3月31日にイベントを行なっており、今回は3回目の開催となる。先行受付のみ学生に向けて学割チケットも販売されており、現在はオフィシャル先行2次を受付中。気になる人はお見逃しなく。

セットリスト
リーガルリリーpresents.「ありがとう、JAM」
2017.12.25  新宿JAM
1.ジョニー
2.the tokyo tower
3.トランジスタラジオ
4.魔女
5.リッケンバッカー
6.ぶらんこ
7.スターノイズ
8.こんにちは。
9.高速道路
10.たとえば僕が死んだら (cover)
11.好きでよかった。
[ENCORE]
12.はしるこども

 

ライブ情報
リーガルリリーpresents「夜のとばり、あけた窓辺」
日程:2018年3月31日(土)
会場:恵比寿LIQUIDROOM
開場 17:00 / 開演 18:00
前売り ¥2,800 / 学割 ¥1,500 (各Drink代別)
※学割:大高中学生、専門学生対象。当日IDチェックを行うため、顔写真付き学生証を忘れずにお持ちください。
オフィシャル先行2次
イープラス 

(抽選受付期間:12/26 12:00~1/8 23:59)
シェア / 保存先を選択