ミュージカル『エビータ』が2018年7月に初来日公演、ラミン・カリムルー出演決定

ニュース
舞台
2018.1.18


ミュージカル『エビータ』が2018年7月に東急シアターオーブにて、初来日公演をおこなう。物語の案内役であるチェ役として、日本でもおなじみの実力派ミュージカル俳優のラミン・カリムルーが日本公演限定で出演することが決定した

タイトルになっているエビータこと、エヴァ・ペロンは、貧民街に生まれながらもモデルや女優を経て、アルゼンチン大統領夫人にまで上り詰めた実在の女性だ。彼女の33年にわたるドラマティックな生涯がミュージカルとなって誕生したのは40年前の1978年。アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞、ハロルド・プリンス演出という、ミュージカル界の巨匠トリオによる同作は1980年のトニー賞で最優秀ミュージカル作品賞を含む7部門を受賞し、金字塔的作品となった。その後、世界各地で再演が繰り返され、映画化もされた。そして、今年2018年、ロイド=ウェバー生誕70年を記念して作られた1978年初演時のオリジナル演出版が待望の初来日を果たすこととなった。

前述のとおり、物語の案内役チェとして、ラミン・カリムルーが日本公演限定で出演する。ブロードウェイ、ウエストエンドで上演された『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャン役でトニー賞ノミネートの経歴を持つ。また『オペラ座の怪人』と、その続編である『ラブ・ネバー・ダイ』ではファントム役を演じ、ローレンス・オリヴィエ賞、最優秀ミュージカル男優賞にノミネート。日本で世界プレミア上演された『プリンス・オブ・ブロードウェイ』にも出演。その他『ミス・サイゴン』(クリス)、『サンセット大通り』など数多くのミュージカル作品に出演。日本国内でも多くの熱いファンに支持され、数々のコンサートやショーにも出演してきたが、今回、初めて日本における全幕ミュージカルに出演することとなり、その歌唱力のみならず、卓越した演技力にもますます期待が高まる。

ラミン・カリムルーからのコメント

ウエストエンド、ブロードウェイのオリジナル演出版『エビータ』でチェ役を演じることになり、とても興奮しています。日本の皆さんとは数々のコンサートやショーでお会いしてきましたが、全幕ミュージカルでひとりの登場人物として日本の舞台に立つのは今回が初めてです。この記念すべき瞬間を東急シアターオーブで皆さんと共有できることを心から楽しみにしています。

ラミン・カリムルー

ラミン・カリムルー

◆ストーリー
アルゼンチンの貧民街に生まれたエヴァは、私生児であったために不遇な少女時代を送った。その生活から抜け出すために女優を志した彼女は、首都・ブエノスアイレスに向かう。大都会での成功を夢みて辛い下積み生活に耐えるエヴァは、ラジオ番組に出演したことを機に一躍有名に。やがて、陸軍大佐として当時の軍事政権を動かしていたホワン・ペロンと運命的な出会いを果たす。エヴァは大佐に急接近し、成功を勝ち取りたいという野心的な2人はたちまち恋に落ちた。共に戦略を練り、政治活動を繰り広げる2人は結婚し、労働者層に絶大な支持を得ていく。その結果、大佐は民衆の心を掴んで大統領選で勝利。ついにファーストレディとなったエヴァは、新生アルゼンチンの象徴として国民の支持を一身に集めた。貧しい人々を助けるための財団を設立する一方で、集めた資金を私財に使うなど、悪事にも手を染めていたエヴァ。絶頂を極めた彼女だが、その時間は長く続くことはなかった。病魔に冒されたエヴァは、副大統領就任という夢を叶えることなく、アルゼンチンの人々への永遠の愛を誓いながら33歳の若さでこの世を去る。国民にとって希望の光でもあった彼女との別れに、国中が悲しみに暮れるのだった…。
 
公演情報
ミュージカル『エビータ』

■作詞:ティム・ライス
■作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
■演出:ハロルド・プリンス
■出演:来日カンパニー、ラミン・カリムルー(チェ役)

■日程: 2018年7月4日(水)~ 29日(日)
■会場: 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
■主催: Bunkamura / 日本テレビ
■企画・招聘: Bunkamura
■チケット料金: S席13,500円 A席11,000円 B席9,000円 (全席指定・税込) 学生チケット 6,500円 (税込・要学生証・詳細は後日発表)
■一般発売: 3月4日(日)
■生演奏・英語上演・日本語字幕あり
■未就学児入場不可
■公演に関するお問合せ Bunkamura 03-3477-3244 (10:00~19:00)
■公式サイト:東急シアターオーブHP http://theatre-orb.com/lineup/18_evita/


シェア / 保存先を選択