リアル3区、猫の家出や戦争について歌う初作品『住民税が私を殺す』

ニュース
動画
2015.10.7

リアル3区の1stミニアルバム『住民税が私を殺す』が、11月4日にリリースされる。

リアル3区は、2014年1月にゆめ(Vo,Sampler / ex.禁断の多数決)、キーコ(Rap,Key / ex. BabypinkTablet)を中心に結成された3人組ガールズバンド。昨年12月に亀(Gt,Vo / ぐしゃ人間、猛毒)が加入し、現在の編成となった。

リアル3区の初作品となる『住民税が私を殺す』では、メンバーが全曲の作詞作曲を担当。第二次世界大戦、猫の家出、住民税の厳しさなどを歌った6曲が収録される。サウンドプロデュースはYutaka Kaburaki、ラップアレンジはAKB48のラップ指導も行うMACHEEDEF(オトノ葉Entertainment)、ジャケットのアートワークは江森丈晃(tonetwilight)が手掛けている。

今回の発表とあわせてタイトル曲のPVが公開。監督は、神聖かまってちゃんのライブ映像や映画『世界の終わりのいずこねこ』で知られる竹内道宏が務めている。

リリース情報

リアル3区
『住民税が私を殺す』(CD)

2015年11月4日(水)発売
価格:1,620円(税込)
HFCD-021

1. ジェンキンスさん
2. ぽんぽん
3. 大家さん
4. GIVE ME CHOCOLATE
5. カミカゼアタック
6. 住民税が私を殺す

amazonで購入する

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択