6つ子が“イケメン”になって歌って踊って、なんでもあり!? TVアニメ『おそ松さん』第1話は、意外性のカタマリだった

TVアニメ『おそ松さん』第1話は、意外性のカタマリだった

TVアニメ『おそ松さん』第1話は、意外性のカタマリだった

 前作から27年。赤塚不二夫の人気マンガ『おそ松くん』を原作としたTVアニメ『おそ松さん』が、ついに解禁!! 2015年10月5日(月)深夜に、テレビ東京ほか各地の地上波で放送されました。

 原作が不朽の名作であることに加え、6つ子に個性が備わったこと、櫻井 孝宏さん、中村 悠一さん、神谷 浩史さん、福山 潤さん、小野 大輔さん、入野 自由さんという豪華声優陣を起用したこと、奇抜な色使いのビジュアルなど、目を引く部分が多すぎるほどある『おそ松さん』。そんな作品の第1話は、どんなものになるのか!?と興味津々で観てみたところ……“遊び心”しかない怒涛の30分間が繰り広げられていました。

 スタートするやいなやのモノクロ&画面比率4:3は、はじめての驚きどころに。これは、1966年から1年間放送されていたモノクロ版『おそ松くん』を踏襲したもののよう。また、チョロ松こそ常識人の立ち位置をとっていましたが、基本的には無個性を貫いていたことも当時に寄せた演出となっていました。さらに、財津一郎さんや谷啓さん、植木等さんの伝説的ギャグを全力で放つ一幕もあり、より一層昭和感が色濃いものに。

 ……かと思えば、おそ松の提案をきっかけとしたその後の展開は、驚愕に次ぐ驚愕!! 突然八頭身になったかと思えば、イケメンアイドルとして学園で活躍したり……(自主規制)、その驚きたるや、何のアニメを観ているのかわからなくなるほどです。詳細は少々書きづらいので、まだ観ていないという方は、ぜひとも本編を観てもらいたいところ。

 ともあれ、ここのパートは(見た目こそ違えど)6つ子一人ひとりの個性が際立っていたようにも見えました。通常時の彼らの性格に比べると多少デフォルメされているかもしれませんが、“ごあいさつ要素”も強い第1話でのこうもハッキリと人となりが把握できると、第2話以降も見やすそうですね。

 昭和テイストも各キャラクターの見せ場も、詰め込めるだけ詰め込んだ『おそ松さん』第1話。これには、大きな衝撃を受けた視聴者が大半でしょう。しかし、そもそも原作者・赤塚不二夫は、左手(利き手ではない方の手)で漫画を描いてみたり、漫画の中でミュージカルを再現してみせたりいった“独創性”のもと作品を発表していた人物。『おそ松さん』の突き抜けた意外性も、「原作が赤塚先生だから」と言われると、納得してしまいそうです。

 
■TVアニメ『おそ松さん』

【放送情報】
テレビ東京、テレビ大阪 10月5日(月)より 毎週月曜深夜1時35分
テレビ愛知 10月5日(月)より 毎週月曜深夜3時05分
BSジャパン 10月10日(土)より 毎週土曜深夜0時00分
AT-X 10月6日(火)より 毎週火曜深夜0時30分

【スタッフ】
原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫/「週刊少年サンデー」(1962年~1969年)他で連載
監督:藤田 陽一
キャラクターデザイン:浅野 直之
シリーズ構成:松原 秀 
美術監督:田村 せいき
色彩設計:垣田 由紀子
撮影監督:福士 享
編集:坂本 久美子
音楽:橋本 由香利
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:菊田 浩巳
音響制作:楽音舎
アニメーション制作:studioぴえろ

【キャスト】
櫻井 孝宏(おそ松)
中村 悠一(カラ松)
神谷 浩史(チョロ松)
福山 潤(一松)
小野 大輔(十四松)
入野 自由(トド松)
遠藤 綾(トト子)
鈴村 健一(イヤミ)
國立 幸(チビ太)
上田燿司(デカパン)
飛田 展男(ダヨーン)
斎藤 桃子(ハタ坊) ほか

【楽曲情報】
●OPテーマ/A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」
2015年11月11日(水)発売 1,204円(税抜) 発売元:アルテメイト

●EDテーマ
『SIX SAME FACES 〜今夜は最高!!!!!!〜』
VOICE by イヤミ feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松
2015年12月16日発売 1500円(税抜)

【パッケージ情報】
●Blu-ray&DVD『おそ松さん』第一松
2016年1月29日(金)発売
Blu-ray 6800円(税抜) DVD 5800円(税抜)


>>TVアニメ『おそ松さん』公式サイト
>>TVアニメ『おそ松さん』公式Twitter(@osomatsu_PR)

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択