ウルフルズ、笑いと感動と熱血とが共存する唯一無二のライブ

SPICER
ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

画像を全て表示(7件)

『ウルフルズツアー2015 ボンツビアツアツ』2015年9月25日 恵比寿LIQUID ROOM

ウルフルズをライブハウスで観るのはなんと贅沢な体験なのだろうか。『ウルフルズツアー2015 ボンツビアツアツ』の6本目、恵比寿LIQUID ROOM 2daysの2日目、9月25日のステージ。彼らはライブハウスツアーに続いて、ホールツアー、アリーナツアーを行う予定になっている。つまり会場は大きくなっていくのだが、小さい場所には小さいなりの良さがある。大画面LEDの精緻な映像よりも素晴らしい演出は4人の表情を肉眼で確認できること、そして息づかいや気配を五感で察知できること。

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

「ライブハウスやから、ホールみたいに暗転することもないし、ずっとオレら見えてるでしょ。見えまくってるでしょ」とトータス松本が言うと、「ものすごい見られてるよね」とウルフルケイスケ。彼らにとっても久々のライブハウスは新鮮だったのではないだろうか。最新アルバム『ボンツビワイワイ』の曲を軸としながらも、それ以外の曲も自在に配置したセットリスト。1曲目は「バカサバイバー」だった。トータスが「行くで! 行くで!」とあおっている。熱烈な歓声、拍手、コール&レスポンスが起こり、ツアータイトルどおり、会場内がアツアツになっていく。さらに観客のハンドクラップも加わっての「ボンツビワイワイ」へ。トータスのエネルギッシュかつソウルフルな歌声、ウルフルケイスケのヒューマンなギター、ジョンBのナチュラルなベース、サンコンJr.のパワフルかつ表情豊かなドラム、4つの音が混ざり合うことで、どこにもない人懐こくて温かくて熱いバンドサウンドが生まれる。彼らのステージを観ると、つい顔がほころんでしまう。

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

デビュー曲「やぶれかぶれ」では初期の彼らのライブハウスでの演奏風景を思い出してしまった。まったく変わらないところと大きく進化したところ、彼らはその両面を持っている。変わらないのは音楽の本質。彼らは一貫してルーツミュージックへの愛が詰まった人間味あふれる音楽を追究し続けている。成長しているのは音そのもの。歌を中心としたシンプルかつオーソドックスなサウンドでありながら、それぞれの奏でる音に深い説得力が備わっている。「ウルフルシャッフル」での弾力性に富んだグルーヴ、「ステキだね」での人柄までもが染みこんだ4人それぞれのボーカルなどなど。トータスのアコギの弾き語りで始まった「ワンダフルワールド」では包容力あふれる歌と演奏に聴き惚れた。

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルケイスケのボーカルでの「まいどハッピー」、ジョンBのボーカルでの「あんまり小唄」など、それぞれの個性が見えてくるナンバーも楽しい。愛にあふれる歌声が染みこんでくる「チークタイム」、ソリッドなアンサンブルが気持ちいい「クラッター」など、最新アルバム『ボンツビワイワイ』のナンバーはどれもライブという場でさらに威力を発揮していた。観客がともに歌った「愛すれば」では胸の中まで温かなエネルギーが届いてきた。

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

「中途半端にふざけるんじゃなくて、ふざけきりたいね。ふざけたことが説得力を持つ。そんな境地に行きたい。ふざけの帝王。キング・オブ・ふざけ。そういう曲をやります」とのMCに続いて演奏されたのは「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」。“腰痛”“肉離れ”など、病名が満載の曲なのだが、歌詞カードには掲載されていない“歯周病”“ど忘れ”“老眼”“頻尿”“立ちくらみ”“こむら返り”などのフレーズが追加されて、症状はさらに悪化。が、会場内が一体となって声をあげて、アグレッシブなパワーが渦巻いていく。マイナスのカードを全部揃えたらプラスになるカードゲームのように、会場内をハッピーにしていく。笑いと感動と熱血とが共存するのはウルフルズだからこそ。メンバー4人が歌う「あついのがすき」で本編が終了し、アンコールでは「バンザイ~好きでよかった~」が演奏された。同じ時代にウルフルズが存在していることのかけがえのなさを実感した夜だった。印象的だったのはトータスのこんな言葉だ。

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

「ますますふざけていってやろうと思ってます。いろんなことがあるんですよ。でもいい。音楽は楽しいほうが絶対にいい」

ウルフルズはさらにウルフルズを究めている。ライブハウス、ホール、アリーナ、それぞれの会場で、唯一無二のバンドマジックによって、ハッピーな空間が広がっていくことになるのだろう。

文=長谷川 誠

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

ウルフルズ/2015年9月25日恵比寿リキッドルーム

 

 
SET LIST

『ウルフルズツアー2015 ボンツビアツアツ』2015年9月25日 恵比寿LIQUID ROOM

01. バカサバイバー
02. ボンツビワイワイ
03. やぶれかぶれ
04. てんてこまいmy mind
05. ウルフルシャッフル
06. ステキだね
07. ワンダフルワールド
08. まいどハッピー
09. あんまり小唄
10. チークタイム
11. クラッター
12. 胸の…
13. いい女
14. 愛すれば
15. ロッキン50肩ブギウギックリ腰
16. あーだこーだそーだ!
17. あついのがすき
EN1. バンザイ~好きでよかった

 
リリース情報
アルバム『ボンツビワイワイ』
2015年9月9日(水)発売
WPCL-12233 ¥2,700+税
<収録曲>
01. ボンツビワイワイ
02. ロッキン50肩ブギウギックリ腰
03. チャリダー
04. クラッター
05. チークタイム
06. スポーティパーティ
07. テクテク
08. ステキだね
09. 愛すれば
10. ウルフルシャッフル

 

ツアー情報

『ウルフルズツアー2015 ボンツビアツアツ』
9月12日(土)    群馬・高崎 club FLEEZ
9月15日(火)    秋田 クラブ スウィンドル
9月18日(金)    鹿児島キャパルボホール
9月20日(日)    熊本DRUM Be-9
9月24日(木)    東京・恵比寿LIQUID ROOM
9月25日(金)    東京・恵比寿LIQUID ROOM
9月27日(日)    愛媛・松山W studio RED
10月2日(金)    北海道・小樽GOLD STONE
10月4日(日)    北海道・帯広メガストーン
10月10日(土)    沖縄音市場
10月15日(木)    静岡・浜松窓枠
10月17日(土)    広島CLUB QUATTRO
10月20日(火)    富山MAIRO
10月22日(木)    大阪・なんばHatch
10月25日(日)    京都磔磔

『ウルフルズツアー2015 ボンツビカイカン』
11月11日(水)    東京・ルネこだいら
11月13日(金)    岡山市民会館
11月15日(日)    山口市民会館
11月21日(土)    滋賀・ひこね市文化プラザ
11月23日(月・祝)    なら100年会館
11月26日(木)    大阪・フェスティバルホール
11月29日(日)    神奈川・厚木市文化会館
12月1日(火)    新潟・南魚沼市民会館
12月4日(金)    宮崎・メディキット県民文化センター
12月6日(日)    福岡サンパレス ホテル&ホール
12月9日(水)    三重・尾鷲市民文化会館せぎやまホール
12月11日(金)    愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
12月13日(日)    福井 フェニックス・プラザ
12月18日(金)    香川 アルファあなぶきホール・大ホール
12月20日(日)    高知県立県民文化ホール・オレンジホール
12月23日(水・祝)    岩手・盛岡市民文化ホール
12月25日(金)    青森・リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
12月27日(日)    北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

『ウルフルズツアー2016 ボンツビデカデカ』
1月23日(土)    神戸ワールド記念ホール
1月27日(水)    日本武道館

 
シェア / 保存先を選択