大ヒット「まれ」サントラ・第2弾、視聴がスタート

SPICER+

人気朝ドラを彩るサウンドが視聴可能に

好評放映中のNHK朝ドラ「まれ」。

“毎朝観ているよ”という方もそうでない方も是非チェックしてみてほしい動画を紹介する。

4月に発売された第1弾のサウンドトラックも好評の「まれ」だが、劇中の音楽を手掛けるのは気鋭の劇伴作家・澤野弘之。あらためてその楽曲ひとつひとつに耳を傾けると、劇中でサラっと一聴しただけでは気づかないような、色々な音が聴こえてくる。

澤野弘之

澤野弘之

メインの旋律を奏でるストリングの後ろからふと鍵盤や木琴の優しい音がコロコロと響いて来たり、かと思えばクールな打ち込みビートやピコピコしたエレクトロサウンドがさりげなく取り入れられていたりと、彼のサウンドアプローチの引出しには驚かされるばかり。

曲調自体も王道テーマソング調なものから、ブレイクビーツを思わせる浮遊感漂う曲、コミカルで中華風なものまで実に多彩。ドラマの視聴者はひとつひとつのシーンを思い浮かべながら聴けそうで、そうでない方もサウンドアプローチの妙にハマってしまいそうな仕上がりになっている。

渡辺大知from 黒猫チェルシー

渡辺大知from 黒猫チェルシー

そしてボーナストラックとして収録されるのが、劇中で二木高志を演じた黒猫チェルシーのボーカル・渡辺大知がアコギ一本で歌った「また会おう-教室ver.-」だ。二木高志の思いをそのまま叩きつけたエモーショナルな歌声は、普段彼が見せるギラギラしたロッカー然としたものとは一味違った魅力を感じさせる。

そんな聴きごたえたっぷりなCDの発売は7月15日同時に着うた、 着うたフル、 そして、 ハイレゾ音源の配信もスタートするそうだ

まずはその前に、「まれ」の世界を彩る音楽たちに触れられて、“視聴”というわりに結構たっぷり聴ける、そんな太っ腹な動画をコチラから楽しんでみては。

 

シェア / 保存先を選択