マライア・キャリー、監督デビュー作の撮影が始動!

ニュース
2015.10.11


億万長者の恋人ジェームズ・パッカーとの順調交際が伝えられているマライア・キャリアーが、クリスマス映画で監督デビュー。既に撮影がスタートしていることが分かった。

マライアの監督作『Christmas Melody』で主役を演じるのは、リンジー・ローハン、レイチェル・マクダムズ、アマンダ・セイフライドを世に知らしめた『ミーン・ガールズ』(04)で、4人組の1人であるグレッチェン役を演じたレイシー・シャベールだ。

「マライアが、メガホンを取ることに合意する前に出したリクエストは、彼女の好きな映画から好きな女優を主役にすることだったんです。その唯一のリクエストが、レイシーを主役にすることでした。マライアは同作には出演しませんが、音楽は挿入されるようです。既に撮影はシンシナティで開始されています」と、TMZ.COMが伝えている。

製作元のCEOも、「マライアは、とてもスマートでたくさんの知識を兼ね備えています。彼女を少し知るだけで、様々な分野における彼女のキャパシティの広さに感激しています」とマライアの実力に太鼓判を押しており、大いに期待できそうだ。

マライアと言えば、『ラッシュアワー』シリーズの監督で、マライアの大ヒット曲「ウィ・ビロング・トゥゲザー」「オブセスト」のミュージックビデオの制作も務めたブレット・ラトナーと親友だが、彼からの後押しがあったのか、また同作を製作する上で協力があったのかどうかについては、明らかになっていない。

なお同作は、米テレビ番組Hallmarkチャンネルで12月19日にオンエアされる予定だ。【NY在住/JUNKO】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択