大竹しのぶ&風間杜夫らが贈るお洒落な大人向けミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』稽古場レポート

レポート
舞台
2018.3.20
ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

画像を全て表示(9件)

2018年4月8日(日)から東京・日生劇場にてミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』が上演される。本作はイングマール・ベイルマン監督の映画『夏の夜は三度微笑む』に着想を得たミュージカル・ラブ・コメディー。20世紀初頭のスウェーデンを舞台に、求め合いながら滑稽にすれ違う様々な男女の愛の行方を描く。初演以来トニー賞7部門、グラミー賞2部門の栄光に輝いた名作で、作詞・作曲をスティーヴン・ソンドハイム(『ウェストサイド物語』作詞、『スウィーニー・トッド』作詞・作曲)が務めている。

その稽古の模様が3月18日(日)に都内にて公開され、大竹しのぶ蓮佛美沙子安蘭けい栗原英雄安崎求トミタ栞瀬戸たかの木野花ウエンツ瑛士風間杜夫が姿を表した。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

今回の公開稽古で披露されたのは、一幕ラストのシーン。人気女優のデジレ(大竹)が、かつて恋人だったフレデリック(風間)と彼の若き新妻アン(蓮佛)をはじめ主要な登場人物を、デジレの母親であるマダム・アームフェルト(木野)の別荘に招待するという内容だ。稽古場の中央には階段を上ったところにフレデリック邸の部屋があり、公開稽古の開始を待つキャストたちからは笑顔がこぼれ、和気あいあいとした良い雰囲気を感じさせる。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

公開稽古はデジレ、マダム、デジレの娘フレデリカ(トミタ)による親子三代の芝居から開始。純粋無垢なフレデリカを優しく見つめるデジレ。その一方で、堅物で頑固なマダムに対するデジレの表情と対応に、二幕で起こる波乱の空気が漂う。大竹の細かい表情の変化が印象的なシーンとなっていた。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

そこから、登場人物たちそれぞれの不安や期待を抽象として絡み合わせる「田舎でウィークエンド」という美しくメロディアスなナンバーがスタート。デジレからの招待状を受け取ったアンとメイドのペトラ(瀬戸)によるデュエットから、フレデリックも加わり、“歌うのがとても難しい楽曲”と言われるソンドハイムの楽曲を風間、蓮佛、瀬戸が目まぐるしい表情の変化を交えて歌い上げる。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

そこに、デジレの愛人・カールマグナス伯爵(栗原)とその夫人シャーロット(安蘭)が登場。栗原と安蘭という実力派の2人がナンバーに加わり、重唱が作り出す美しいハーモニーによって一層の高揚感が生まれてくる。

ウエンツ瑛士

ウエンツ瑛士

登場人物たちが心情を歌うシーンと、デジレとフレデリカのシーンがテンポ良く切り替わりながら、フレデリックの息子ヘンリック(ウェンツ)が登場。繊細で真面目でありながらな、義母アンに恋心を抱いてしまう青年が週末への不安と期待を歌う場面で、ウェンツがその心情を難しいメロディーに乗せて披露。最後にはキャストが総登場し、華やかに締めくくられた。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

公開稽古後の囲み会見では、舞台初挑戦で初ミュージカルとなる蓮佛が「先輩方が優しくて、いろんなことをたくさん教えてくださるので、それに振り落とされないように食らいついて、楽しんでアンを生きていければと思います」と意気込みを披露。同じく、初ミュージカルの風間は「悪戦苦闘の日々です。演出のマリアさんに、お世辞で『グレイト』と言われているんですが、信じていません(笑)」と語ると、会見を見ていたマリアから「ファンタスティック!」と声がかけられ、風間も思わず苦笑い。初ミュージカルとなる出演者たちにアドバイスを求められたウェンツは「よく頑張ってると思いますよ」と冗談めかして上から目線でコメント。その言葉に、風間も思わずウェンツに礼をするなど、そのやり取りに会場は笑いに包まれた。

さらに、本作の見どころとして、ウェンツは「コメディとしても面白いセリフ、その場の空気感などがたくさんあるんですけど、それぞれの年代の恋愛模様があって、そこに人生観もあって、刺さる言葉がたくさん出てくるので、何かちょっと胸が痛くなるようなこともあるお芝居です」と解説。大竹は「本当に素晴らしいミュージカルで、可愛らしいし、夢がある。でも、寂しさや人生を考えさせられるミュージカルでもあります。マリアが表現したい世界、ソンドハイムが表現したい世界に対して、みんなで手を取り合って頑張っていきたいなと思います。ファンタスティック!(笑)」とマリアの言葉を用いて見どころをアピールし、登壇者たちを笑わせた。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

最後に、大竹は「和気あいあいとしながらも、みんながそれぞれの立場で苦しみながら、演出のマリアと振付のティムとともに良いお芝居に仕上げて、幕が開いてからも努力して良い物を見せるように頑張りますので、劇場にいらしてください」と呼びかけた。

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』囲み会見

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』囲み会見

取材・文・撮影=櫻井宏充

公演情報

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』
 
【東京公演】
日時:2018年4月8日(日)~4月30日(月・祝)
会場:日生劇場
【大阪公演】
日時:2018年5月4日(金・祝)~5月5日(土・祝)
会場:梅田芸術劇場 メインホール
【静岡公演】
日時:2018年5月12日(土)~5月13日(日)

会場:静岡市清水文化会館 マリナート

■作曲・作詞:スティーヴン・ソンドハイム
■作:ヒュー・ホィーラー
■翻訳・訳詞:高橋知伽江
■演出:マリア・フリードマン
■出演:大竹しのぶ、風間杜夫、安蘭けい、栗原英雄、蓮佛美沙子、ウエンツ瑛士、木野花、安崎求、トミタ栞、瀬戸たかのほか
■主催:東宝、ホリプロ
■公式サイト:http://www.tohostage.com/alittlenightmusic/index.html
シェア / 保存先を選択