己龍、BugLug、R指定、vistlipによるツアー『均整を乱す抗うは四拍子』が新木場で大団円

動画
レポート
音楽
2018.4.2
『均整を乱す抗うは四拍子』2018.3.30東京・新木場STUDIO COAST 撮影=田辺佳子

『均整を乱す抗うは四拍子』2018.3.30東京・新木場STUDIO COAST 撮影=田辺佳子

画像を全て表示(5件)

ヴィジュアルシーンの新世代を担う4バンドが集結したイベントライブ『均整を乱す抗うは四拍子』(以下、四拍子)が、2年の歳月を経て復活した。“四天王”と呼び声の高い、己龍BugLugvistlipR指定が前回に続いて総出演するとだけあって、話題を集めた。そうして始まったツアーは各地で熱い戦いを繰り広げ、3月30日(金)、東京・新木場STUDIO COASTで終わりを迎えた。

己龍 撮影=田辺佳子

己龍 撮影=田辺佳子

ファイナル公演のトップバッターを飾ったのは、己龍。満員となったフロアをしっかりと温めるべく、1曲目の「天照」から熱量高めに演奏していく。MCでは、一色日和(Ba)のアンプに貼られた無数のステッカーに黒崎眞弥(Vo)が突っ込みを入れる。このステッカー、各バンドのベーシスト(通称、ベース會)がデザインしたものであり、本公演ではオフィシャルグッズとして販売されていたのだが、眞弥が「ベース連中、気持ち悪いぐらい仲良いものね」と言うように、2回の四拍子を通してメンバー間の仲は相当なまでに深まったようだ。また、昨今解散するバンドが多いことにも触れ、「こうして自分たちが活動出来ているのは紛れもなく応援してくれる皆のおかげ」と感謝を述べる一幕も。ラストで披露された新曲の「春時雨」まで、ファンに寄り添いながらも自分たちの個性を発揮してくれたステージを見せてくれたのだった。

R指定 撮影=田辺佳子

R指定 撮影=田辺佳子

R指定己龍と同じように、良い意味で癖の強いバンドだ。それゆえ、パッと見は近付きにくい印象があるかもしれないが、ひとたび彼らのライブを観てみると、その癖の強さに惹かれていくことだろう。この日はノリやすい曲を中心に並べながらも、ホワイトデーに発売されたばかりの新曲「規制虫」と「-ZANGE-」を続けて披露。このツアーですっかりお馴染となっている2曲なだけに、フロアの盛り上がりも上々だ。「-ZANGE-」では、マモ(Vo)の「お前たちは何を懺悔する? さっきの己龍をかっこいいと思ったことか?」とイベントならではのイジリを入れてみせる場面もあった。どのバンドのファンでも自分たちのライヴに引き込んでしまうあたり、さすがライブキラーだ。さらには、イベント・ライブでは久しぶりの披露となる「ソメイヨシノ」を披露。桜がひらひらと舞う時期だっただけに、なんとも粋な計らいだった。

vistlip 撮影=田辺佳子

vistlip 撮影=田辺佳子

vistlipはワンマンライブさながらの熱気でフロアを楽しませてくれた。オープニングを飾った「FIVE BARKIN ANIMALS」では、「まずは跳びはねろ!」という智(Vo)の扇り文句に合わせて、観客がその場で跳び、持っていたタオルを振り回す。同じように、「偽善 MASTER」でも、「新木場モッシュしやすいよね? 今日で(四拍子)終わっちまうからな!」と扇っていくと、曲に合わせて観客が右に左にと、一斉にモッシュを始めたではないか。それを見て、「良い景色だ!」と満面の笑顔をフロアに向ける智。その後も、「GLOSTER IMAGE」や「HEART ch」でフロアを沸かしていく。楽器隊の演奏のうまさはさることながら、「LION HEART」では、相変わらずと言っていいほど、海(Gt)のラップが光っていた。様々な楽曲を通してミクスチャーロックをいとも簡単に盛り込むあたり、vistlipはヴィジュアルシーンの中では貴重な存在と言えよう。

BugLug 撮影=田辺佳子

BugLug 撮影=田辺佳子

トリを飾ったのは、BugLug。2番手で出演したR指定のマモが本編中に「一聖、おかえり。あいつが帰ってきたおかげで俺もやる気になった」と言っていたのだが、本イベントは一聖が怪我から復活しなかったら実現は不可能だったと思う。それだけ、彼の存在は大きく、四拍子に欠かせないものだった。「最後まで残ってもらったからには後悔させねぇぞ、俺たちに付いてこい!(一聖/Vo)」という頼もしい発言から、BugLugのライヴはスタートした。「Mr.アリゲイター」「KAIBUTSU」「ギロチン」など、ヴィジュアル系ファンならば一度は耳にしたことのある楽曲と独特の映像や照明演出は、BugLug以外のファンも大いに楽しむ様子が見られた。なお、本編の途中には、8月にBugLugフェスをやることと、9月に日比谷野外大音楽堂でワンマンライブをやることが発表された。四拍子でさらなる力を付けた彼らの今後に期待したい。

BugLugのライブ後には、出演者全員がステージに出て大セッションが行われた。各バンドのスペシャルメドレーで構成されていたのだが、自分の持ち歌ではない曲を歌うボーカル陣の姿は新鮮であり、そこを支える楽器隊も終始和やかな様子で、最後にマモが放った「ここがヴィジュアル系シーンの中心だ!」という言葉こそが本イベントの成功を物語っていたように感じる。ここからまた、各バンドはそれぞれの道のりでヴィジュアル系を盛り上げていってくれるだろう。そしてこの先、交わることがあれば、四拍子の再演もあるかもしれない。“二度あることは三度ある”のだから。

文=水谷エリ 撮影=田辺佳子

 

シェア / 保存先を選択