秦 基博がNU茶屋町プラスオープン7周年『七福祭』でスペシャルトークイベントを開催

レポート
音楽
2018.5.18
左:板東さえか(FM802) 右:秦 基博 撮影=森好弘

左:板東さえか(FM802) 右:秦 基博 撮影=森好弘

画像を全て表示(11件)

大阪梅田にあるNU茶屋町プラスのオープン7周年を記念して、山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博らが所属するオフィスオーガスタのスペシャルユニット・福耳とNU茶屋町がコラボレーション! 4月27日(金)から開催中の『NU×福耳 七福祭』(しちふくさい)では、期間限定ラウンジやメンバーによる館内放送、レストランとのコラボメニュー、ノベルティーなど趣向をこらした企画が盛りだくさん。そのイベントのひとつとして、ゴールデンウィーク真っ最中の5月2日(水)には、コリドールプラザ(NU茶屋町1F)にオープンした『福耳ラウンジ』でアナログレコードの自主レーベル“HOBBYLESS RECORDS”を立ち上げた秦 基博と、FM802 DJ・板東さえかによる『七福祭スペシャル・トークイベント』が開催された。ここでは、アナログレコードの魅力についてじっくりと語られたトークイベントの模様をレポート!

板東さえか(FM802) 撮影=森好弘

板東さえか(FM802) 撮影=森好弘

MCを務めるFM802 DJ板東さえかが「HOBBYLESS RECORDSのボスに登場していただきましょう!」と迎え入れると、期間中『福耳ラウンジ』で味わえる自身のオリジナルブレンドコーヒー「ハタブレンド」を手に秦 基博が登場! 観覧スペース後方までいっぱいにつめかけたファンから巻き起こった大歓声に、今年初めての来阪となった秦も笑顔で応えた。

早速、アナログレコード専門の自主レーベル“HOBBYLESS RECORDS”について話を聞くことに。自ら名付けたというレーベル名の由来については、「自分を表す言葉を考えた時に“趣味がない”というのがひとつあって。無趣味だけど、逆説的に“自分には音楽しかない”ということが伝わったら、と思ってつけました」と語った。HOBBYLESS RECORDSのロゴは、ご自身も雷音レコードを主宰するイラストレーター・漫画家の本秀康(もとひでやす)さんによるもの。「以前から本さんの作品が好きでグッズのイラストを描いていただいたこともあるのですが、本さんがアナログレコードにも造詣が深いということで繋がりを感じ、お願いして作っていただきました」と話し、この日会場で販売され、自らも着用していたレーベルロゴのTシャツをアピール。「きっかけは『ひまわりの約束』をアナログで聴いてみたいという声があったことですが、元々レコードの特性にも興味があったので、レーベルを立ち上げてもっとレコードと関わっていきたいと思って」と、レーベル発足の経緯も語った。

HOBBYLESS RECORDSの記念すべき第1弾リリースは、トークショー当日の5月2日に発売となった『ひまわりの約束』の7インチレコード。観客の中にはすでにレコードをGETした人も多数いる模様だが、ここで、ステージ上に用意されたレコードプレーヤーを使って会場で実際に聴いてみようということに。「スタート!!」という声とともに秦がレコードに針を落とすと、アコースティック・ギターのイントロと秦の歌声が柔らかく響きだし、会場からは思わず「はぁー♡」と感嘆の声がもれる。うっとりとした表情で体を揺らしながら聴く様子を前にし、「なかなか不思議な空間ですね(笑)」。また、「レコードは、収録できる周波数の帯域が広くて低音も高音も伸びる特性があるので、どれくらいが聴きやすいか、レコードの良さも出る頃合いをその場で調節しながら、カッティング(※)しました」と今回アナログレコード化するにあたってこだわったポイントなども話してくれた。

※カッティング……レコード盤面に刻む溝にどんな音(データ)を入れるかを決め、マスター盤を製作する作業

続いて「レーベルの立ち上げをきっかけにレコードを聴きだしたところ。すでにCDでよく聴いているものをレコードで買ってみたりもしています」とまだ集めはじめたばかりというレコードコレクションの中から、テーマに沿って選んだお気に入りの1枚を紹介していくコーナーへ。

秦 基博 撮影=森好弘

秦 基博 撮影=森好弘

最初のテーマは“初めて買ったレコード”。「“初めて”といってもほんとについ最近なんですけど(笑)、荒井由実さんのアルバムはレコードで聴いてみたいと前から思っていて……『ひこうき雲』と一緒に買いました」と紹介したのは、2ndアルバム『MISSLIM』。最近ネットで購入し、自宅から持参したという私物のレコードを、こちらもステージ上のプレーヤーで聴いてみることに。「中古なので前の持ち主の方がたくさん聴いたのか、プツプツと音がして、味わいがありますよね」と板東。秦も「理由もなく聴きたくなるというか……季節も時間も選ばず、常に聴きたいアルバムです」と色褪せない名盤を堪能した。

秦 基博 撮影=森好弘

秦 基博 撮影=森好弘

続いて、“週末の夜に聴きたいレコード”というテーマでは、「週末の夜は、一週間の疲れでくたくたなので、音楽を聴きながらそのまま眠りにつくのもいいかなと思って選びました」とジェイムス・ブレイクのデビューアルバム『JAMES BLAKE』をチョイス。アナログならではの味わい深い音色を聴きながら、同じ作品をCDで聴いた時とレコードで聴いた時の違いについて「いろんなメディアでそれぞれを楽しめるっていうのは音楽にとっても入口が色々あっていいと思う」と語った。

ここで、「わたしも秦さんにオススメしたいレコードを何枚か持ってきたんです」と美容代をレコード代が上回るほどという(笑)レコード・オタク女子の板東さえかもマイ・コレクションを紹介。8OTTOの手裏剣型、TOTOのアフリカ大陸型、メイヤー・ホーソーンのハート型など、珍しい形のレコードにみんな興味津々。

そして、最後のテーマ、“旅に持って行きたいレコード”に秦が選んだのは、「中学のときに兄の部屋から聞こえてきて。その時からずっと聴いているアルバムです」と思い入れを語ったキャロル・キングの名盤『TAPESTRY』。「せっかく買うなら当時のオリジナルのものを聴いてみたくて、US盤のファーストプレスを探しているところ。いまいちレコードの探し方がわかっていなくてまだ出会えていない(笑)まだレコード初心者なんです」ということで、今回は802スタッフが用意した2016年にEUで発売されたリイシュー盤を試聴。その魅力的なサウンドに「もうファーストプレスじゃなくてもいいかも……(笑)それぞれの楽器の音、鳴り方が全部良くて感動が違いますね」としみじみ。

最後には「今は、CDやMP3、高品質のダウンロードなど、たくさんの聴き方があって、それぞれに良さがありますが、レコードにもアナログじゃないと感じられない良さがありますし、音楽を送る側として“こんな聴き方もできるんだ”ということを知った上で届けられることは音楽の楽しさのひとつですね」と改めてレコードのおもしろさについても語った。

 

HOBBYLESS RECORDSの今後について「せっかく立ち上げたレーベルなのでアナログでしかできないことが続けていけたらいいなと思っています」ということだが、「今後の野望をお聞かせください、ボス!」と問われると、「まだなんにも考えてないですけど……(笑)やっぱり楽しくやる! (CDやアナログ、配信など)いろんな出口があることは自分にとっても幸せなことですが、楽曲を作ったり歌うこと自体に変わりはないので、自由でいいのかな、と。作っていくなかで“あ、これ、アナログにいいな”って思える曲ができたり、自然に届けていけたらいいなと思います」と、変わらず自由に音楽を楽しんでいきたいというスタンスを感じさせた。まだ自らもレコード初心者で「これからみんなと一緒に色々知っていけたら」という秦。第2弾、第3弾のリリースやをはじめ、HOBBYLESS RECORDSから今後どんな作品が届けられるのか、今から楽しみだ。

この日の模様は、7月1日(日)FM802『802 BINTANG GARDEN』にてオンエアされるのでお楽しみに!

ほかにも『NU×福耳 七福祭』では数々の企画を実施中! 5月31日(木)まで開催しているのでぜひ足を運んでみては。

 『七福祭』7つの企画
 

①福:『福耳ラウンジ』期間限定オープン!
NU茶屋町1Fコリドールプラザに『福耳ラウンジ』がオープン!同フロアの「Patisserie the earth cafe」では秦 基博が豆選びから焙煎の度合いまでこだわり抜いたオリジナルブレンドコーヒー“ハタブレンド”メニューが味わえる!
②福:『福耳アワー』館内放送にてオンエア!
NU茶屋町 / NU茶屋町プラス館内放送を福耳メンバーが終日ジャック!楽しいトーク&福耳ソングをお届けする『福耳アワー』を放送。
③福:NU×福耳“七福祭”コラボメニュー展開!
NU茶屋町 / NU茶屋町プラスの各飲食店では、福耳の数々のヒットソングをイメージしたコラボメニューが登場!コラボメニューは“七福祭“限定コースターやランチョンマットでご提供!
④福:母の日&父の日フェア NU×福耳“七福祭”コラボノベルティ登場!
NU茶屋町/NU茶屋町プラスの各店舗でフェア対象商品をお買い上げ2,000円以上で1枚『七福祭特製メッセージカード』をプレゼント! 『七福祭特製ショッパー』も登場!

⑤福:七福祭スタンプラリー実施!NU×福耳 限定グッズを抽選でプレゼント!
NU茶屋町 / NU茶屋町プラス館内に設置される『福耳スタンプ』を集めよう!福耳スタンプを集めて必要事項を記入の上、館内設置の応募BOXに投函。抽選で『NU×福耳 七福祭限定グッズ』をプレゼント!
⑥福:タワーレコードにて七福祭フェア開催!
NU茶屋町6Fタワーレコードでは七福祭フェアを展開!フェア対象商品購入して『NU×福耳 七福祭限定ノベルティ』をゲット!
⑦福:NU×福耳“七福祭”限定コラボグッズ登場!
七福祭期間中にしか手に入らないNU×福耳“七福祭”限定コラボグッズを下記3店舗で販売!
・Patisserie the earth cafe(NU茶屋町1F)
・タワーレコード(NU茶屋町6F)
・STANDARD BOOKSTORE(NU茶屋町プラス2F)

取材・文=岡田あさみ 撮影=森好弘

イベント情報

『NU×福耳 七福祭』
開催中 〜5月31日(木)
大阪梅田・茶屋町「NU茶屋町 / NU茶屋町プラス」館内外各所
 
『Augusta Camp 2018 ‐20th Anniversary ‐』
2018年9月23日(日・祝)
開場12:00 開演14:00(終演19:30予定)
会場:富士急ハイランドコニファーフォレスト
チケット料金:¥8,000(税込)
一般発売日:7月28日(土)予定
出演:杏子 山崎まさよし 岡本定義(COIL) あらきゆうこ 元ちとせ スキマスイッチ 長澤知之 秦 基博 さかいゆう 浜端ヨウヘイ 竹原ピストル 松室政哉 村上紗由里 and more

問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999
イベント公式サイト:http://www.office-augusta.com/ac2018/
 
オフィシャル先行受付中:5月7日(月)18:00~5月20日(日)23:59

放送情報

FM802『802 BINTANG GARDEN -PLAY HOBBYLESS  RECORDS-』
2018年7月1日(日) 21:00〜22:00 オンエア
DJ:板東さえか(FM802)
ゲスト:秦 基博
シェア / 保存先を選択