驚異のUK新人バンド ナッシング・バット・シーヴス、初の単独来日公演が決定

ニュース
2015.10.28
ナッシング・バット・シーヴス

ナッシング・バット・シーヴス

画像を全て表示(2件)

イギリスのロックバンド、ナッシング・バット・シーヴスが、2016年1月18日、19日に初の単独来日公演を行うことが決定した。

ナッシング・バット・シーヴスがSUMMER SONIC2015のマウンテン・ステージで圧巻のライヴを見せ、デビュー前にもかかわらず話題をさらったことは記憶に新しい。ミューズやアーケイド・ファイアなどのオープニング・アクトに加え、レディング&リーズ・フェスティバルやT・イン・ザ・パークなどの大型フェスへの出演を経ており、今年10月から11月のヨーロッパ・ヘッドライン・ツアーも続々とソールドアウト公演が続出。

10月21日(UKでは10月16日)にリリースしたフル・デビュー・アルバム『ナッシング・バット・シーヴス』も全英チャート初登場7位を記録、アナログ盤で全英バイナル・チャート初登場1位を獲得するなど、新人としては驚異的な快進撃を見せている。日本でもiTunes オルタナティヴ・アルバム・チャートで最高3位を記録(2015年10月16日時点)するなど、UKで最も勢いのある新人バンドのひとつだ。

そんな彼らが、東京と大阪で待望の初単独来日公演を行う。8月のSUMMER SONIC出演以来、早くも2度目の来日となる。SUMMER SONICでは、日本限定・タワーレコード独占EP『バン・オール・ザ・ミュージック – EP』からの楽曲に加え、難易度が高いとされるレッド・ツェッペリン「移民の歌」のカヴァーも堂々披露。新人離れした凄まじいパフォーマンスが各所より絶賛され、一時ツイッターでもバンド名がトレンド入りを果たすなど話題に。

満を持してリリースされたデビュー・アルバムは、疾走感溢れるロック・チューンや、ヴォーカル・コナーのファルセット・ヴォイスが際立つ叙情的なバラードなど、彼らの幅広いソングライティング・センスが顕れた必聴の一枚となっている。

リード・シングル「ウェイク・アップ・コール」MV

UKロックの未来を担う、期待の新人バンドによる最新・最強のパフォーマンス。新年早々、見逃せない来日公演となりそうだ。

リリース情報

デビュー・アルバム『ナッシング・バット・シーヴス』



絶賛発売中
期間限定スペシャル・プライス1,800円+税
SICP-4474
国内盤ボーナス・トラック収録/歌詞・対訳・解説付
<収録曲>

1.       エクスキューズ・ミー

2.       ウェイク・アップ・コール

3.       バン・オール・ザ・ミュージック

4.       イッチ

5.       イフ・アイ・ゲット・ハイ

6.       グレイヴヤード・ホイッスリング

7.       ホステージ

8.       トリップ・スイッチ

9.       ラヴァー、プリーズ・ステイ

10.    ドローイング・ピンズ

11.    ペインキラー

12.    テンプト・ユー(エヴォケイション)
ボーナス・トラック

13.    ハニー・ウィスキー

14.    ハンギング

15.    ネオン・ブラザー

16.    シックス・ビリオン

17.    イン・マイ・ヘッド

18.    イフ・アイ・ゲット・ハイ(II)

19.    バン・オール・ザ・ミュージック(II)

<デジタル配信>
デビュー・アルバム『ナッシング・バット・シーヴス』
iTunesにて好評配信中
デラックス
https://itunes.apple.com/jp/album/nothing-but-thieves/id1026420190?app=itunes&ls=1
スタンダード
https://itunes.apple.com/jp/album/nothing-but-thieves/id1016210720?app=itunes&ls=1
※iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

 

シェア / 保存先を選択