un:cが自身初のワンマンツアーで作り上げた「ストーリー」、その一幕をレポート

SPICER+
un:c

un:c

画像を全て表示(7件)

先日、台湾での初ワンマンを無事終えたun:c。ここではツアー初日となった9月24日、渋谷・TSYTAYA O-Westで行われた『un:c 1st ONEMAN tour YOUR STORY』東京公演の模様をお届けする。

un:cがこれまでの歌い手としての活動を通じて受け取った言葉や感情、あるいは楽曲を通して育んだ制作者との絆と感謝ーーたくさんの人たちへの返しきれない想いを1通の「ラヴレター」として制作されたのが、アルバム『幾千万ラヴレターズ』だ。

「ラヴレターといっても、渡せないまま終わってしまう場合もあって、そんな想いもアルバムに込めた」

そんなことを彼は言っていたが、そのアルバムを引っさげた自身初のワンマンツアー初日、東京公演に集まったオーディエンスとun:cの間には、「渡せなかった想い」なんて、きっと何一つ無かったんじゃないか。自身初のワンマンツアー『YOUR STORY』の初日・東京公演は、まさにそう思わせてくれるライブだった。

場内が暗転し静かに歩み出たun:cは、時折小さく頷いたり笑みを浮かべながら、伸びやかに歌い上げる。前半はun:cの真骨頂ともいえる激しいナンバーが続き、イントロが奏でられるや否や一斉にコールが沸き起こり、サビの<どうだっていいや>を全員で叫んだ「ロストワンの号哭」などを、次々に繰り出していく。「初っ端から人気曲で攻めるな」そんなことを思いながら見ていたが、結論から言うとこの日は最後までキラーチューンのオンパレードとなっていった。

はしやん

はしやん

中盤に差し掛かると、ゲストとしてアナウンスされていたはしやんと3曲で共演。時折向かい合って火花を散らすようにラップと歌声の応酬を展開したり、ハイタッチを交わしたりと、抜群のコンビネーションと良いライバル関係をまざまざと見せつけていった。はしやんの「(un:cは)素敵な人に囲まれてるな」という感慨深げな言葉はとても印象的で、この日の会場の空気を表していたように思う。

続いて、東京公演限定のゲストとしてcake(宇都圭輝)が登場し、アルバムにも収録されている「今好きになる。」と、初披露となったオリジナル新曲「&」などでピアノとボーカルのみの美しい調べを披露。大切なものの喪失と、その想いを胸に前を向く心境を綴ったという「&」は、低音~高音のコントラストが見事な、繊細なナンバーだ。登場時「ものすごく緊張している」と話していたcakeも、温かい会場の空気もあってか徐々に本領を発揮。MC中の朗らかなキャラクターでも楽しませてくれた。

cake(宇都圭輝)

cake(宇都圭輝)

その後は「クイーンオブハート」で歌声もポーズもセクシーに決めたり、アルバムを象徴するun:cオリジナル曲「君のストーリー」ではエモーショナルな歌声で場内を釘付けにしたりと、様々な表情を見せるun:c。<ノーセンキュー>でのXジャンプも綺麗に決まった「デリヘル呼んだら君が来た」など一切熱量の落ちないパフォーマンスを繰り出す彼の姿に、オーディエンスも抜群の反応で応える。客席にマイクを差し出せば即座に歌い、一度拳を突き上げれば一斉にコールするーーMCで話していた通り、ステージと客席が相互に全てを出し合って、素晴らしいライブを作り出していく、という空間がまさに出来上がっている。ちなみにこのことを彼は再三「ライブは◯◯◯です!」と表現していたが、一応伏せておく(笑)。現地で確認してほしい。

本編最後は、溢れるような感情を叩きつけるように歌った「幻日」。ラストの英語詞の部分を全員で合唱、何とも美しい締めくくりとなった。そこからアンコールに応え再度ステージに現れたun:cは、スポットライト一つに照らされ。情感をたっぷり込めながら中島みゆきの「糸」をカバー。ふだん彼の声色の多彩さやトーンの高さに耳を奪われがちだが、歌声の奥行きや表現力も素晴らしいことを改めて実感させてくれる。

「糸」を歌い終え、明るく照らされたステージで「最高のYOUR STORY、みんなで作れたと思います」と満足げに話すun:cに、大歓声を返すオーディエンス。2階席から観ていたので客席の表情は見えなかったが、笑顔でいっぱいであったことは容易に想像がつく、そんなライブが展開されてきた。そしてこの日お互いが持ち寄った想いの一つ一つが通じ合い、作り上げた一つの物語を締めくくるラストナンバー「地球最後の告白を」のイントロが流れ出す。

掛け声、手拍子、ジャンプ、シンガロングの全部乗せで盛り上がり、最高の笑顔で「ありがとう!!」と伝えたun:cの、想いを込めたラヴレターは、この日集まった一人一人に確かに届いたはずだ。そして後に彼は全国各地へと、さらには海を越えて想いを届けにいった。

un:cとリスナーが作り上げた一つの「ストーリー」が迎えた最高のフィナーレ。だがこれは壮大な物語の、ほんの一幕にすぎないのだろう。早く目にしたい。終わらない物語の続きを。

 

撮影=菊池貴裕 文=風間大洋

シェア / 保存先を選択