全国のうまいものが集結!佐賀県鹿島に屋台村が登場

ニュース
2015.10.30


佐賀県鹿島市のさくら通り商店街で11月14日(土)・15日(日)、「第一回 鹿島屋台村」が開催される。少子高齢化と共に衰退へと向かう商店街や地域を、話題性のある食材で活性化を図ることが狙いだ。

今回が初の開催となる同イベントでは、期間中、さくら通り商店街が歩行者天国となり、全国から約20店舗の屋台が軒を連ねる。

その顔触れは豪華で、国内最大級の肉イベントで2年連続ナンバーワンを誇る熟成肉の「格之進」(岩手県一関市)や、日本オイスター協会も認めるカキの「海南」(佐賀県太良町)なども出店する。他にも、海産物のカンカン焼き(三重県)や藁焼き戻りカツオのタタキ(高知県黒潮町)など、全国各地の名物が実演販売される。

会場内では、農産物の販売、鹿島市プレミアム商品券の抽選会、鹿島の地酒飲み比べ、和太鼓の演奏なども楽しめる。入場は無料で、飲食はチケット制(1500円)。

ファミリーで楽しめるイベントなので、家族そろって全国のおいしいものを食べて、心もお腹も満たされよう!【福岡ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択