生駒里奈、松田凌、有澤樟太郎らが少年社中第36回公演 『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』に出演

ニュース
舞台
2018.10.6

画像を全て表示(10件)

2019年1月10日(木)から1月20日(日)までサンシャイン劇場、1月24日(木)から27日(日)まで梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、1月30日(水)・31日(木)ももちパレス(福岡県立ももち文化センター大ホール)にて上演される、少年社中20周年記念ファイナル 少年社中第36回公演『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』に出演する豪華キャストが決定した。
少年社中は2018年に旗揚げ20周年を迎え、2018年1月には記念公演第一弾として少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』、6月には第二弾『MAPS』、9月には劇団員12名のみによる第三弾『機械城奇譚』を上演。その20周年記念公演のファイナルを飾る本作は 、オペラ『トゥーランドット』をモチーフに、遠い未来の厳格な管理社会に抗い、“演劇で世界を変える”物語を描く。人々が「感情」すら失う世界に疑問を抱き始める統治者トゥーランドット姫とレジスタンス少年カラフが出会い、 世界に立ち向かう物語をエネルギッシュにお届けする。

本作は、劇団主宰の毛利亘宏が脚本・演出を手掛ける完全新作。井俣太良をはじめとする少年社中の劇団員ら12人とともに、生駒里奈松田凌有澤樟太郎赤澤燈ザンヨウコ馬場良馬鈴木勝吾藤木孝と豪華キャストが出演する。本公演のトゥーランドット姫を演じるのは生駒里奈、少年カラフを演じるのは松田凌、この二人は物語の主人公として、演劇で世界を変えようとする革命の象徴を演じる。

生駒里奈

生駒里奈

 松田凌

松田凌

有澤樟太郎

有澤樟太郎

赤澤燈

赤澤燈

ザンヨウコ

ザンヨウコ

馬場良馬

馬場良馬

鈴木勝吾

鈴木勝吾

井俣太良

井俣太良

藤木孝

藤木孝

公演内容やチケットの販売等、本作の詳細は随時、本公演特設HPにてアップされる予定だ。豪華絢爛なビジュアルや演出、さらに思いもよらぬ展開と結末。20周年を迎える劇団「少年社中」が魅せる舞台、観る者の五感を刺激する新たなエンターテインメント作品の誕生に期待しよう。

【あらすじ】
これは遠い未来の物語。
世界は一つとなり、争いの無い平和な世の中となっていた。
世界を統治する『トゥーランドット姫』の元、人々が「感情」すら失う厳格な管理社会。
平和を脅かす危険な思考を持つ者は姫の命令のもと、その場で処刑される…。
だが、姫はその世界に疑問を感じ始めていた。
そして遙か昔に失われた感情「愛」を夢見るようになる。
そんな中、姫は一人の少年と運命の出会いを果たす。
その少年の名は『カラフ』。
彼は管理社会を打ち壊そうとするレジスタンスの一員であった。
彼らの反逆の手段は、遙か遠い昔に禁じられた「演劇」。
カラフたちは、この世界に演劇を蘇らせることで世界を変えようとしていた。
カラフは「演劇」した罪で捉えられるが、そこでトゥーランドット姫と出会い、
二人は運命の恋に落ちる。
二人は仲間と共に世界を変えるために、偶然にも「トゥーランドット姫」と「カラフ」という名前
の主人公が出てくる物語『トゥーランドット』を演劇として上演しようとする。

 

公演情報

少年社中20周年記念ファイナル
少年社中第36回公演
『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』

 
■脚本・演出 毛利亘宏
■出 演 井俣太良 大竹えり 岩田有民 堀池直毅 加藤良子 廿浦裕介
長谷川太郎 杉山未央 山川ありそ 内山智絵 竹内尚文 川本裕之
 
生駒里奈 松田凌 / 有澤樟太郎 赤澤燈 ザンヨウコ
馬場良馬 鈴木勝吾 / 藤木孝
 
■日程・会場
東京:サンシャイン劇場 2019年1月10日(木)~20日(日) 17st
大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2019年1月24日(木)~27日(日) 6st
福岡:ももちパレス(福岡県立ももち文化センター大ホール) 2019年1月30日(水)・31日(木)3st
 
■チケット <全席指定>
前売・当日:7,800円(税込)
 ※未就学児入場不可
チケット一般前売開始 2018年11月25日(日)10:00~
 
■企画・制作 少年社中
■共催 東映
■お問合せ 少年社中 MAIL:info@shachu.com TEL: 03-3228-4998 
 
 
■公演特設HP http://www.shachu.com/trd/
■少年社中公式HP http://www.shachu.com/
■少年社中公式Twitter @shonen_shachu 
シェア / 保存先を選択