映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」予告編第一弾&ビジュアル、公式サイトにて解禁!

SPICER
映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

ハイテンションなキラーKの変顔、神木のギタープレイ…見どころ満載!

宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也神木隆之介出演の映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が、2016年2月6日に全国公開される。本作の予告編第一弾そして本ポスタービジュアルが公式サイトにて初解禁となった。

映画「謝罪の王様」「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」など話題の脚本を手がけ、日本のエンタテインメント界を牽引する宮藤官九郎の完全オリジナル作品であり、待望の監督最新作の舞台は【地獄】。

不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助。目覚めるとそこは―まさかの【地獄】!!たいして悪いこともしてないのに、大好きなひろ美ちゃんとキスもしてないのに、このまま死ぬには若すぎる!地獄でロックバンドを率いる赤鬼・キラーKと出会った大助は、彼から地獄のしくみを学び、ひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指し大奮闘!宮藤監督らしいバカバカしくも清々しいストーリーだ。

地獄専属ロックバンド地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となるTOKIO・長瀬智也。TOKIOとしては先日約1年半ぶりの新曲「東京ドライブ」を発売したばかり。今回公開される映像では身の丈2m超のコスチュームと特殊メイクから繰り出すハイテンションなキラーKの強烈変顔をはじめ、桐谷健太、清野菜名、皆川猿時、古田新太ら扮する個性豊かな地獄の鬼たちが次々と映し出され、まさに宮藤官九郎ワールド全開!

また、不慮の事故で地獄に落ちた大介の、白目姿やぼさぼさ髪の黒焦げ姿、さらにはギターの演奏シーンなども収められており、大介を演じた神木の、いまだかつてない体を張った演技にも期待が高まる内容に。2001年のフジテレビドラマ『ムコ殿』以来15年ぶりの共演となる長瀬と神木の息の合ったやりとりにも注目の中、劇中では、地獄のロックバンド・地獄図(ヘルズ)が演奏する映画オリジナル曲もかかり、神木は本作のために猛特訓したギターの腕前と歌声も披露する。
誰も見たことのない【爆笑地獄】にご注目いただきたい。

※本作の公開は延期となりました。

上映情報
映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

公開日時:2016年2月6日(土)全国公開
監督・脚本:宮藤官九郎
出演:長瀬智也 神木隆之介 /尾野真千子 森川葵/桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清/古田新太/宮沢りえ ほか

公式サイト:http://tooyoungtodie.jp/

シェア / 保存先を選択