【来週の星占い-12星座別おすすめエンタメ情報-】(2018年12月31日~2019年1月6日)

コラム
音楽
クラシック
舞台
アニメ/ゲーム
イベント/レジャー
アート
スポーツ
映画
2018.12.30
来週の星占い

来週の星占い

誰にとっても印象深い転換点となるであろう、2019年がついにはじまる今週。荘厳な雰囲気に包まれ、穏やかな時間が過ぎていくのは三が日あたりまで。休める人は今のうちにゆっくりと休息を取ってください…。というのも、新年早々、派手な騒ぎや危なっかしい事件など、新しい時代に対する世間の感覚や、国家や組織の今後の方向性を感じさせるニュースが飛び込んできそうなのです。

「今まではこうだったよね」という、長年の勘や経験則のパターンが覆されるような出来事に接するのかもしれません。交通機関や物流など移動に関すること、お金や遺産など家族と生活に関すること、生活の根本となっている基礎の部分が、平成の次の時代からはこんな風になっていくのか…と強制的に切り替わっていく。そんな空気は、来週からもビシバシ感じていくことになるでしょう。

すでに年末ごろから、次のステップに場当たりをつけている方も多そうですし、考え事や休み明けからの段取りのことで頭や心はフル回転なんて方も多いでしょう。そこまでボンヤリと過ごせる感じではなかもしれませんが、家族や身内、利害関係のない頃から互いを知るような「ルーツ」との会話には重点を置きたいところ。関係性があまりよくないという方も、元気かどうか平成最後のどさくさに紛れて、生存確認をしてみてもいいのではないでしょうか。直接話すのが怖ければ、年賀状なんてアナログツールをここぞとばかりに試すのもいいでしょう。

そこで徹底的に、別の道や別の世界に生きているということが見え隠れするのかもしれませんし、新たに出逢い直し、結い直し、話し合い直し、の可能性が見いだせるのであれば、それはまたそれ。それぞれが「何らかのお告げ」として大切にすべき機会、これから持っていくものかどうかの最終点検をお忘れなく。情にほだされるのではなく、少し距離感を持って理知的に判断する、がキーポイントです。それぞれの社会的に置かれた状況が、一見優勢であっても劣勢であっても、根本的なところでのイーブンな関係、尊敬を持てない関係は我慢せずとも良しです。

初詣にお出かけになる方も多いと思いますが、神社やお寺、お墓詣り、代々続いている老舗のお店や伝統工芸、お家芸的なエンタメ、ベテラン職人が登場するスポーツや展示会などに出かけると、予期せぬ気づきや吉運がお福分けされてきそうですよ!

【来週のミラクルワード】
・おひつじ座(3月21日~4月19日 生まれ)
尊厳、プライオリティ
・おうし座(4月20日~5月20日 生まれ)
原点回帰、リセット
・ふたご座(5月21日~6月20日 生まれ)
幻想的な、イマジネーション
・かに座(6月21日~7月22日生まれ)
買い替え、リプレイス
・しし座(7月23日~8月22日 生まれ)
福袋、ニューアイテム
・おとめ座(8月23日~9月22日 生まれ)
身内企画、ファンクラブ
・てんびん座(9月23日~10月22日 生まれ)
耽美、オーセンティック
・さそり座(10月23日~11月21日 生まれ)
代替、ジェネリック
・いて座(11月22日~12月21日 生まれ)
寛解、アファーメーション
・やぎ座(12月22日~1月19日 生まれ)
洗練、インテリジェンス
・みずがめ座(1月20日~2月18日 生まれ)
人気株、ホットスポット
・うお座(2月19日~3月20日 生まれ)
情操的な、エモーショナル

>>気になるエンタメ・チケットはe+でチェック!  

シェア / 保存先を選択