EXO、東京ドーム3DAYSでファンの愛を実感「大きなプレゼントをいただいた」

「EXO PLANET #2 - The EXO'luxion」東京ドーム公演の様子。左からベクヒョン、ディオ、セフン、チャンヨル、カイ、スホ、チェン、シウミン。

「EXO PLANET #2 - The EXO'luxion」東京ドーム公演の様子。左からベクヒョン、ディオ、セフン、チャンヨル、カイ、スホ、チェン、シウミン。

EXOが11月6~8日に東京・東京ドームでライブツアー「EXO PLANET #2 - The EXO'luxion」の東京公演を行い、3日間で計14万5000人を動員した。

2012年4月に韓国および中国にてデビューし、今年11月4日に1stシングル「Love Me Right ~romantic universe~」で満を持して日本でのCDデビューを果たしたEXO。今回の「EXO PLANET #2 - The EXO'luxion」はグループとして2度目のワールドツアーにおける日本公演で、デビューから3年7カ月で東京ドーム公演を行うのは海外男性アーティストとして史上最速の快挙となった。

本編では日本デビュー曲「Love Me Right ~romantic universe~」をライブ初披露したほか、「Overdose」「History」「CALL ME BABY」「Drop That」などの代表曲を含む全27曲をパフォーマンス。アリーナにはEXOの象徴である6角形のステージと6角形をかたどった花道が組まれ、日本オリジナルのステージセットでファンを楽しませた。

またアンコールではファンによるサプライズで、EXOのスローガンである「WE ARE ONE」と「EXO EXO」というメッセージが客席にペンライトで浮かび上がり、メンバーを驚かせる。チャンヨルは涙目になりながら「僕たちは本当に大きなプレゼントをいただいたような気がします。これからも応援よろしくお願いします」、チェンは「ドーム公演をやるという僕の夢を叶えてくださった皆さんに、心からありがとうと伝えたいです」とコメントした。

東京ドームでの3DAYS公演を終えるにあたって、ベクヒョンは「EXOとしてこれほど大きなところで公演をしたのは初めてだったのですが、2階、3階にいる皆さんのことも見ようと努力をしました」、カイは「僕たちEXOが愛されてるんだなということをステージに立ちながら感じました。そしてその愛をどういうふうにお返ししていったらいいか、考え続けなければいけないと思いました」と話した。最後にリーダーのスホは「これから僕たちは日本での活動の計画もたくさんあるので、『Love Me Right ~』をスタートに、アルバムやステージを楽しみにしていてください」と語り、さらなる活動を待ち望む日本のファンが黄色い声を上げた。

なお「EXO PLANET #2 - The EXO'luxion」は11月13~15日の大阪・京セラドーム大阪公演でファイナルを迎える。

EXO コメント

カイ

とっても気分が良かったですし光栄なことだと思います。東京ドームで公演が出来るということ自体歌手として光栄なことなので、本当に気分が良かったんですけれどもさらに日本のシングル(発売後)の初めてのステージが東京ドームだって聞いたので、なおさら嬉しかったです。本当にとても光栄なことだと思ってます。

チェン

本当に幸せです。

ベクヒョン

これからもっと頑張らなければならないという気持ちになりました。

EXO「EXO PLANET #2 - The EXO'luxion」(※終了分は割愛)

2015年11月13日(金)大阪府 京セラドーム大阪
2015年11月14日(土)大阪府 京セラドーム大阪
2015年11月15日(日)大阪府 京セラドーム大阪

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択