ラジオと演劇のコラボレーション! 作・演出/松居大悟×音楽監督/石崎ひゅーい×主演/本仮屋ユイカ『みみばしる』稽古場レポート

レポート
舞台
2019.2.3
舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

画像を全て表示(12件)


FMラジオ局J-WAVEと劇団ゴジゲン主宰の松居大悟がコラボレートした舞台『みみばしる』が2019年2月6日(水)から下北沢・本多劇場で開幕する。ラジオ番組「JUMP OVER」(J-WAVE/CROSS FM 毎週日曜23:00~23:54 ON AIR)にて、上演する本作をリスナーとともに創っていくという、ラジオと演劇の垣根を越えるプロジェクトだ。開幕を目前に控えた1月下旬、稽古場を見学させてもらった。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

本作は出演者を演技経験不問のオーディションで選出した。応募総数は824人。主演の本仮屋ユイカとの台本打ち合わせや、音楽監督の石崎ひゅーいとの音楽会議、舞台スタッフとの美術打ち合わせをラジオで公開しながら、「受信者だったリスナーが主役になる!?」という新しい舞台公演を創っている。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

本仮屋ユイカが演じるのは、30歳になった途端、会社をクビになった妙子。なんとなく劇団の手伝いを始めるところから物語が始まる。「自分は誰にも必要とされていないのではないか」と思う妙子だったが、何気なくラジオを聴き始める。音楽とともに、リスナーから送られてくる愚痴や、悲しみを全力で励ましてくれるラジオにのめり込んでいく……というあらすじだ。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

筆者が見学したのは、冒頭から1幕まで。作・演出を担当する松居は、稽古中立ちっぱなしで、俳優たちの芝居を見つめていた。気になることがあると、芝居を止めて、俳優たちに近寄ってアドバイスや提案をする。そして、ある程度の納得が行くまで同じシーンを何度も繰り返す。俳優たちも「こんな言い方はどうだろう?」「今度はこんな風にやってみたい」などと積極的に意見を交わし、みんなで舞台を創っていることがよく伝わった。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

本仮屋のほか、松居が主宰する劇団ゴジゲンより本折最強さとしと目次立樹、玉置玲央(劇団「柿喰う客」)、市川しんぺーと村上航(劇団「猫のホテル」)、日高ボブ美(劇団「□字ック」)、ゆうたろうなどの俳優が顔を揃えるが、そのほかにも高校生や保育士、庭師や大工といった人々も出演する。ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)による生演奏も迫力があっていい。その「リアルさ」が本番の舞台上でどう発揮されるのか、楽しみだ。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

自分の存在の意味を模索している妙子が、とあるリスナーの思いを聴き、「分かるよ」とつぶやく。そして、ラジオのナビゲーターの声が、自分自身に話しかけているように聞こえていく……。そのシーンを見ながら、なんだか懐かしい気持ちになる。私事だが、浪人生の時に深夜ラジオを聴きながら勉強して心が温まったこと、大学生の時にのめり込んだ演劇に救われたことを思い出したのだ。誰かの物語が、自分の物語となって、癒される/救われるという体験。ラジオと演劇という他ジャンルのコラボレーションではあるが、稽古場を見学して、あぁラジオと演劇は案外近しい存在なのかもしれないと思った。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

実際、松居自身はSPICEのインタビューの中で「僕は、ラジオと演劇はすごく近いな、という気がしているんです。どちらも、ちょっと危険な媒体。日常のなかでTVや雑誌ほど身近じゃなくて、出会おうとしないとなかなか出会えない媒体だな、と。また、一対一の人間関係が大事な媒体だとも感じています。そんな親和性を感じているので、ラジオリスナーは舞台が好きだと思います」と語っている。

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

舞台『みみばしる』の稽古の様子 オフィシャル提供

本番ではどんな舞台を見せてくれるのか。“ラジオと演劇の境界を越える”という新しい試みを早く目撃したい。

取材・文=五月女菜穂

公演情報

J-WAVE30周年xゴジゲン10周年企画公演『みみばしる』
 
■作・演出 松居大悟 
■音楽監督 石崎ひゅーい 

 
■主演:
本仮屋ユイカ 
■出演(五十音順):
市川しんぺー (俳優/劇団「猫のホテル」) 
祷キララ (俳優・大学生) 
工藤真唯 (保育士) 
小松有彩 (会社員) 
鈴木翔太郎(大学生) 
鈴政ゲン (俳優) 
タカハシマイ (ミュージシャン/Czecho No Republic) 
玉置玲央 (俳優/劇団「柿喰う客」) 
仲山賢 (高校生) 
奈良原大泰 (アルバイト) 
日高ボブ美 (俳優/劇団「□字ック」) 
藤井克彦 (楽器屋店員・ブロック塀研究家) 
前田航基 (俳優・大学生) 
三浦俊輔 (俳優・大工) 
宮平安春 (庭師) 
村上航 (俳優/劇団「猫のホテル」) 
目次立樹 (俳優/劇団「ゴジゲン」) 
本折最強さとし (俳優/劇団「ゴジゲン」) 
ゆうたろう (モデル・俳優・ショップ店員) 
■歌・演奏:ワタナベシンゴ (THE BOYS&GIRLS)
 
【東京公演】
■日時:2019年2月6日(水)~2月17日(日)
■会場:下北沢・本多劇場(東京都世田谷区北沢2-10−15)
■チケット一般発売日:2018年12月8日(土)10:00AM
 
【福岡公演】
■日時:2019年2月23日(土)・2月24日(日)
■会場:久留米座(福岡県久留米市六ツ門町8-1)
■チケット一般発売日:2018年12月8日(土)10:00AM
 
【大阪公演】
■日時:2019年3月1日(金)~3月3日(日)
■会場:近鉄アート館 (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)
■チケット一般発売日:2018年12月23日(日祝)10:00AM

■公式サイト:https://mimibashiru.com/
シェア / 保存先を選択