「Halo at 四畳半が切り拓く新たな道」初のZeppDC公演と新ミニアルバムのリリースを発表

ニュース
音楽
2019.2.9
Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半が6月にニューミニアルバムを発売することと、7月19日(金)に初の東京・Zepp DiverCity TOKYOでのワンマンライブ『NOVEL LAND LANDING』を開催することを発表した。

これは本日・2月9日(土)、東京・マイナビBLITZ赤坂公演のアンコール後の映像で明かされたもので、同ミニアルバムはメジャーデビューフルアルバム『swanflight』以降の初音源となる。

また、初の東京・Zepp DiverCity TOKYOでのワンマンライブ『NOVEL LAND LANDING』のタイトルについてボーカル・ギターの渡井翔汰は「意味は“新たな地への着陸”。メジャー1stフルアルバム「swanflight」を携えて、ワンマンツアー“悲しみの朝の愛し方”を完遂した僕らは今無事に大きな空へと飛び立ち、次なる目的地を目指す。それは誰かの足跡を辿る航路ではなく、Halo at 四畳半が切り拓く新たな道であるようにと、この名前を付けました」と語っている。

ライブ情報

ワンマンライブ『NOVEL LAND LANDING』
会場:Zepp DiverCity TOKYO
日時:7月19日(金)
開場 18:00/開演 19:00
チケット:前売り¥3,300+ドリンク代
【LINEチケット先行】
受付期間:
<先着>02月09日(土)19:30 - 02月09日(土)23:59
<抽選>02月10日(日)12:00 - 02月18日(月)23:59
  
https://ticket.line.me/sp/haloat4johan
*先着・抽選どちらも共通のURLとなります

リリース情報

ニューミニアルバム『タイトル未定』
6月発売
・詳細は後日随時発表
シェア / 保存先を選択