OSK日本歌劇団とサクラ大戦が共演!横山智佐「大変興奮しております」

ニュース
舞台
2019.5.14
左から舞美りら、横山智佐、広井王子、桐生麻耶、楊琳。

左から舞美りら、横山智佐、広井王子、桐生麻耶、楊琳。

OSK日本歌劇団「OSK SAKURA REVUE」「OSK SAKURA NIGHT」の製作発表会見が本日5月13日に京都にて行われ、OSK日本歌劇団の桐生麻耶、楊琳、舞美りら、そして人気ゲーム「サクラ大戦」の真宮寺さくら役・横山智佐、「サクラ大戦」の原作者で「~REVUE」「~NIGHT」の作・構成を手がける広井王子らが登壇した。

京都・南座の“新開場記念”と銘打ち上演される「OSK SAKURA REVUE」は、第1部「歌劇 海神別荘」、第2部「STORM of APPLAUSE」の2部構成。「歌劇 海神別荘」は、「サクラ大戦 歌謡ショウ 五周年記念公演」で披露された「海神別荘」をベースに、広井が新たな作品として立ち上げる。「STORM of APPLAUSE」は、3月から4月にかけて東京・大阪で上演されたOSK「春のおどり」で好評を博した洋舞のショーで、南座では今回が初披露。また毎回19:30開演のナイトショー「OSK SAKURA NIGHT」は広井の書き下ろし新作レビューで、横山をはじめ「サクラ大戦 歌謡ショウ」の人気声優たちがOSKの面々と初共演する。

広井は「初めてレビューを観た2歳くらいから、ずっとレビューが好きだった」と言い、「その思いがどこかにあって(少女歌劇団をモチーフにした)『サクラ大戦』ができたのだと思います。ただゲームファンは(サクラ大戦が誕生した)当時、なかなか家の外に出てくれなかったので(笑)、声優さんたちがショーとしてやったら観に来てくれるかなと思って始めたのが『歌謡ショウ』です」と説明。さらに「そうやって10年間、ゲームを作りつつ舞台を作りつつ続いたのですが、さすがに疲れ果て、しばらくクリエーションから離れていたところへ、松竹の方に『レビューを作らないか』と誘っていただきました」と今回の経緯を語る。

演目については、「『海神別荘』はもう一度書き換えたいという思いがあった」と語り、「泉鏡花の原作はとても面白いのですが、わかりにくい部分があるので、今回の上演では言葉を歌に乗せて届けたい」と語った。また「~NIGHT」については、「『面白いことを実験的にやってみたい』という南座さんの思いを受けて、急遽作ることになりました」と話し、「Netflixを見ている人たちのスピード感で、1時間に20曲くらい詰め込むつもりでやってみたいと思っています」と構想を明かした。

続けて桐生が挨拶。桐生は「『春のおどり』の熱もまだ自分の中では冷めておりませんが、今回新たに『海神別荘」という有名な、伝説ある作品にOSKが関わることができて幸せに思います。いただいたお役に対して向き合いつつ、お客様に満足していただけるような舞台にしたいです」と真摯に述べる。

楊は「久々の南座で公演できる喜びを感じつつ、今、広井先生のお話を伺って、気持ちも新たに楽しみになってきたので、少しでも多くの方に楽しんでいただけるように全力でがんばりたいです」、舞美は「京都出身なので心からうれしく思っております。7月の京都は暑い暑い時期なんですけれど、それに負けないくらい熱い熱い舞台をお届けしたいです」と意気込みを語った。

続けてマイクを持った横山は「帝国華撃団花組の真宮寺さくらです!……と演じ続けて23年、横山智佐です」と挨拶。「サクラ大戦、初めての舞台でのコラボということで大変興奮しております。と同時に私に舞台が務まるのか、お客様に納得していただけるような表現ができるのか、不安もあります。迷ったときは初心に返り、歌の楽しさや踊る喜びなど、お客様と夢のようなひとときを過ごす幸せを感じて、舞台に立ちたいと思います」と笑顔で述べた。

「~NIGHT」には、「サクラ大戦」の園岡新太郎や内田直哉らも出演する。広井は「ミュージカルの実力派がそろっているので、彼らとOSKの方が一緒に歌うのはカッコいいのでは」と述べると、楊は「(男性声優陣に)負けずにダンディに行きたいと思います(笑)。男性の方と共演させていただくことは貴重な体験なので、負けないぞという心持ちでやっていきたいと思います」と力強く述べる。

また桐生が「(『海神別荘』が持つ)美しくある中の儚さとか、独特な世界観を、歌劇の人たちが表現することはいいのではないかと思っていて。答えは1つではないですし、稽古場で先生たちと一緒に作り上げていきたい」と意気込みを語ると、広井は「(『海神別荘」で桐生が演じる)海の公子は“ニン”だと思いますよ。桐生さんは舞台姿が幻想的なところがありますし、海の公子は無邪気に演じつつも、超然としたものがないとダメだと思っていて。桐生さんのそういう部分が、海の公子の神秘的ロマンチシズムに合っているのではないかと思います」と続け、2人は笑顔を交わした。

「OSK SAKURA REVUE」は7月13日から25日、「OSK SAKURA NIGHT」は7月13日から24日まで、いずれも南座にて。両公演ともチケットは明日5月14日10:00に発売される。

南座新開場記念「OSK SAKURA REVUE」

2019年7月13日(土)~25日(木)
京都府 南座

第1部「歌劇 海神別荘」

原作:泉鏡花
作・構成:広井王子
演出・振付:麻咲梨乃
楽曲協力:サクラ大戦より

キャスト

海の公子:桐生麻耶
僧都:楊琳
博士:虹架路万
黒潮騎士団・団長:愛瀬光
女房:白藤麗華
陸の美女:城月れい
ほか

第2部「STORM of APPLAUSE」

作・演出・振付:平澤智
出演:桐生麻耶、楊琳、虹架路万、舞美りら、愛瀬光、華月奏、翼和希、千咲えみ、白藤麗華、遥花ここ、城月れい ほか

「OSK SAKURA NIGHT」

2019年7月13日(土)~24日(水)
京都府 南座

作・構成:広井王子
演出・振付:麻咲梨乃

出演

OSK日本歌劇団:舞美りら、翼和希、千咲えみ、椿りょう、朔矢しゅう、登堂結斗、由萌ななほ、羽那舞、凜華あい、雪妃詩、結菜ほのり、京我りく、蘭ちさと、知颯かなで / 楊琳(特別出演)
サクラ大戦」より:横山智佐、園岡新太郎、西村陽一、Velo武田、内田直哉、螢雪次朗
日替わりゲスト:高乃麗(13~16日)、井上喜久子(17・20日)、日高のり子(18日)、田中真弓(19日)

※日高のり子の「高」ははしごだかが正式表記。

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択