西寺郷太(NONA REEVES) 早稲田大学エクステンションセンターで「マイケル・ジャクソンと現代社会」講座

ニュース
音楽
2019.5.14
西寺郷太

西寺郷太

NONA REEVES西寺郷太が、早稲田大学エクステンションセンター早稲田校にて7月に講座を開講する。

2年前にも同センターの中野校で講座を行なったが、今回は早稲田校に場所を移しての開講となる。

今回の講座は「マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)」と題し、7月10日から7月31日までの全4回実施。マイケル・ジャクソンがいかに90年代以降メディアによって印象操作されたのか等を、実際の資料や証言を基に検証し、ゲスト講師として弁護士の高木良平氏も招いた質疑応答の時間も用意されるという。

受講の申し込みは、5月15日からエクステンションセンター会員先行受付が、6月11日から一般受付がスタートする。

講義情報

■申し込みスケジュール
5/15:エクステンションセンター会員先行受付開始
※ホームページからのお申し込み受付期限は2019年5月27日(月)までとなります。(ハガキでのお申し込みの場合は2019年5月23日(木)消印有効)
6/11:一般申込開始
 
■講座概要
「マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)」
講師:西寺 郷太(音楽プロデューサー、作詞家・作曲家、文筆家)
曜日:水曜日
時間:19:00~20:30
日程:全4回 ・7月10日 ~ 7月31日 (日程詳細)7/10, 7/17, 7/24, 7/31
コード:120426
定員:30名
単位数:1
会員価格受講料:¥15,664
ビジター価格受講料:¥17,413
表示金額には、消費税等が含まれています。
 
目標
・マイケル・ジャクソンを襲った「少年性的虐待」疑惑(1993年の民事訴訟、2000年代の刑事訴訟、2019年の「ドキュメンタリー」)。資料や証言から真相に迫ることで、情報が乱れ飛ぶ現代社会が抱える矛盾を浮かび上がらせる。
 
講義概要
忘れられがちだが、モーツァルトは18世紀最新の「流行音楽家」であった。同じく、20世紀を象徴するエンターティナー、音楽家であるマイケル・ジャクソンも、あと100年も経てば「クラシック」となる。
今回、マイケルが、いかに90年代以降メディアによって印象操作されたのか、マイケル自身に問題はなかったのかを検証。全4回ともにゲスト講師に弁護士・高木良平氏を迎え、質疑応答の場も用意する。
 
各回の講義予定
回    日程    講座内容
1       7/10   1993年のジョーディ・チャンドラー(民事訴訟)       
2       7/17   2003-2005年のギャビン・アルビーゾ(刑事訴訟)     
3       7/24   弁護士・高木良平氏との対話、考察        
4       7/31   2019年の「ドキュメンタリー」        
 
◆補講は8月7日を予定しております。
 
テキスト・参考図書
参考図書:『マイケル・ジャクソン』(講談社現代新書)(ISBN:978-4062880459)
 
西寺郷太:(音楽プロデューサー、作詞家・作曲家、文筆家)
早稲田大学在学時に結成した『NONA REEVES』のシンガーとして、97年デビュー。音楽プロデューサー、作詞作曲家としてSMAP、V6、岡村靖幸、YUKI、鈴木雅之など多くの作品に携わる。『マイケル・ジャクソン』(講談社現代新書)、『プリンス論』(新潮新書)など執筆した書籍の数々はベストセラーに。

ライブ情報

THE FUTURE 2019 
5月18日(土) 札幌 KRAPS HALL
開場17:30 / 開演 18:00
5月25日(土) 福岡 DRUM SON
開場16:30 / 開演 17:00
6月1日(土) 渋谷クラブクアトロ
開場17:00 / 開演 17:30
<追加公演>6月23日(日) 開場 16:30 / 開演 17:00
会場:F.A.D YOKOHAMA
 
信州いいやまノーナ・フェス 2019
出演:NONA REEVES / 堂島孝平 / 堀込泰行
日時:2019年8月3日(土) 開場 15:30 / 開演 16:00
会場:飯山市文化交流館 なちゅら
チケット料金:一般指定 ¥6,000 / 一般指定当日 ¥6,500
チケット一般発売日:6/8(土) 10:00〜

リリース情報

アルバム『未来』
2019年3月13日発売
WPCL-13008 ¥3,000+税
<収録曲>
1. 未来
2. ガリレオ・ガール
3. 今夜はローリング・ストーン feat. RHYMESTER
4. Physical
5. Sad Day
6. プレジデント・トゥナイト
7. Go Home
8. Sorry JoJo
9. Aretha
10. Disco Masquerade
11. 遠い昔のラヴ・アフェア
シェア / 保存先を選択