美しく繊細な音楽と踊りで童話の世界を堪能するNISSAY OPERA 2019『ヘンゼルとグレーテル』開幕

ニュース
舞台
2019.6.13
撮影:三枝近志

撮影:三枝近志

画像を全て表示(3件)

 

2019年6月15日(土)・16日(日)にNISSAY OPERA 2019公演として日生劇場にて上演されるオペラ『ヘンゼルとグレーテル』が、上演に先駆けて6月11日(火)より中高生無料招待公演・ニッセイ名作シリーズとして開幕した。

撮影:三枝近志

撮影:三枝近志

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』は、オペラ歌手とダンサーたちが共演する作品。演劇・ダンス等、多彩なフィールドで活躍する広崎うらんが、演出・振付を手掛けて2013年に初演された公演のブラッシュアップ版だ。

グリム童話を原作としたオペラで、ヘンゼルとグレーテルの兄妹が、森でお菓子の家と魔女に遭遇する馴染み深い物語。不思議な生き物たちや精霊が潜む森、カラフルなお菓子の家など、美しい音楽とともに童話の世界を存分に堪能できる公演となっている。

撮影:三枝近志

撮影:三枝近志

兄妹や魔女をはじめ、個性的なキャラクターたちを演じる歌い手たちは、オーディションで選ばれた実力派ばかり。ダブルキャストで各々の個性を存分に発揮しながら、美しいハーモニーとエネルギッシュな演技で魅了する。そして、角田鋼亮指揮のもと、新日本フィルハーモニー交響楽団が紡ぐ美しく繊細な音楽とともに、ダンサー扮する天使たちが舞う優美な舞いが、夢幻の森へと誘う。日本語訳詞上演で、オペラが初めての方にもお勧めの作品だ。

NISSAY OPERA/ニッセイ名作シリーズとは

オペラをより多くの方に楽しんでもらいたい!という思いから、一流の舞台をお求めやすいチケット料金でお贈りするNISSAY OPERA。日生劇場の華やかで美しい空間と、極上の舞台が皆さまを非日常の世界へと誘います。さらに「ニッセイ名作シリーズ」として、中・高校生を対象に「本物の舞台に触れる機会を」という考えのもと、日生劇場をはじめ全国各地の劇場で、オペラやバレエの無料招待公演を展開しています。2018年度のオペラ公演では、約17,000名の中・高校生を招待しました。

 

公演情報

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』
 
<日程>2019年6月15日(土)・16日(日)
<会場>日生劇場
大人:S席/9,000円 A席/7,000円 B席/5,000円 学生席/3,000円
小・中学生:S席/4,000円 A席/3,000円 B席/2,000円
※公演日の時点で小・中学校在学中の方。未就学児入場不可。
※学生席は日生劇場電話予約のみの取り扱い。28歳以下。法令で定められた学校に在学中の方のみ有効。要学生証提示。
シェア / 保存先を選択