ユネッサンでボージョレ・ヌーボー風呂が解禁!

ニュース
2015.11.19


すっかり秋のグルメ風物詩として定着した、ボージョレ・ヌーボー解禁。箱根の温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」では、11月19日(木)の解禁日から、温泉にボージョレ・ヌーボーを投入して楽しむ、「ボージョレ・ヌーボー風呂」を11月30日(月)まで実施する。

今年で10年目を迎える「ボージョレ・ヌーボー風呂」。水着着用で楽しむユネッサン屋内ドームにある風呂に、日本ソムリエ教会認定のプロのソムリエが、届いたばかりの名門ラブレ・ロワ社のヌーボーを投入。フルーティな香りに包まれた温泉は、美肌効果、リラックス効果に優れているという。

解禁日の19日には、試飲会も開催。「ボージョレワイン委員会」によると、今年は、酸、果実味、タンニンのバランスが完璧で、絹のような素晴らしいボージョレ・ヌーボーが誕生しそうだと発表、その味わいに期待が高まる。

ボージョレ・ヌーボー風呂のワイン投入量は1回につき3本。湯量との比較でアルコール度数に問題はなく、子どもでもドライバーでも安心して入ることが可能。

記念の10周年を迎える「箱根小涌園ユネッサン」で、ボージョレ・ヌーボーを身体の内外で堪能しよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択