ハローキティ初のハリウッド映画、脚本家はリンジー・ビア氏に決定 『ワイルド・スピード』スピンオフなども担当

ニュース
動画
アニメ/ゲーム
映画
2019.6.27
ハローキティ (C)1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

ハローキティ (C)1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

画像を全て表示(2件)

現在進行中のハローキティおよびサンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本をリンジー・ビア(Lindsey Beer)氏が担当することがわかった。

ハローキティ初のハリウッド映画化企画は、米ワーナー・ブラザース・エンターテイメントと、傘下のニュー・ライン・シネマ、製作プロダクションであるフリン・ピクチャー3社製作によるもの。フリン・ピクチャーのボー・フリン氏がプロデューサー、同社のウェンディ・ジェイコブソン氏がエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。

ビア氏は、同じく女性脚本家のニコール・パールマン(Nicole Perlman)氏、ジェニーバ・ロバートソン=ドワレット(Geneva Robertson-Dworet)氏と3名で脚本家プロダクション“ノウン・ユニバース”(Known Universe)を共同設立した人物。ノウン・ユニバースは、本映画のエグゼクティブ・プロデュースを担当するという。

リンジー・ビア氏

リンジー・ビア氏

ビア氏は、これまでに『トランスフォーマー/最後の騎士王』『ゴジラ VS コング(仮題)』『Masters of The Universe(原題)』などの作品にたずさわり、近年ではエグゼクティブ・プロデュースも務めたNetflixオリジナル映画『シエラ・バージェスはルーザー』の脚本も担当。現在は『The Magic Order(原題)』のショーランナー、脚本、エグゼクティブ・プロデュースを務めている。また、ロバートソン=ドワレット氏と共同で『ワイルド・スピード』の女性中心のスピンオフ作品でも脚本とエグゼクティブ・プロデュースを手掛けている。


なお、ノウン・ユニバースのパールマン氏とロバートソン=ドワレット氏は、『キャプテン・マーベル』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『名探偵ピカチュウ』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』などの原案・脚本を手掛けている。また、ノウン・ユニバースは現在、『シャーロック・ホームズ』シリーズのようなメジャーな作品に向けた脚本家ルームの運営を行い、今後発表される多くの注目プロジェクトに関わっているという。

ハローキティ初のハリウッド映画の公開時期、制作形態などは未定。世界配給は米ワーナー・ブラザース映画が手がける。

ハローキティ関連情報

SCRAP×『ガンダムvsハローキティ プロジェクト』 謎解き対決 概要 
 
■対決形式 
ガンダムとハローキティそれぞれとコラボした体験型謎解きイベントの、 キャンペーン期間中のクリア者数によって勝敗を決定します。 
■開催期間 
2019年7月18日(木)~
※「ガンダムvsハローキティ プロジェクト」キャンペーン対象店舗で貯まるプロジェクトポイントでの、 各キャラクターへの応援によってプレゼントがもらえる「ガンダムvsハローキティ応援キャンペーン」は8/17まで。 謎解きイベント自体の終了日は現在未定です。 
■会場 
東京ミステリーサーカス(東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APMビル)
■料金 
2,000円(税込)
※前売、 当日共に料金は一律です。 前売券が完売した場合、 当日券の販売は行いません。 ※チケット絶賛発売中
■注意事項 
※本イベントではLINEを使用いたします。 LINEが使用できる端末をお持ちの上ご参加ください。 
■クレジット 
主催:TOKYO MYSTERY CIRCUS
企画制作:SCRAP
協力:ガンダムvsハローキティ プロジェクト
 
(C)SCRAP
(C)創通・サンライズ 
(C)'76,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ
 
ガンダムvsハローキティ公式WEBサイト: https://www.gundamvskitty.com 
SCRAP公式WEBサイト http://www.scrapmagazine.com/ 
リアル脱出ゲーム公式WEBサイト http://realdgame.jp/ 
 
『ガンダム起動作戦』概要 
 
■STORY 
ガンダム完成直前にジオン公国から襲撃を受けた!
その時、 偶然V作戦マニュアルを手にしたあなたはその場に居合わせたアムロ・レイとともにガンダムを完成させるために動き出す。 ガンダムの存在が気付かれれば、 完成前に破壊されてしまう!
一刻も早くあなたの力でガンダムを完成させ、 このコロニーから飛び立たせろ!
■POINT 
・ガンダムARは、 このイベントのためだけに作成された完全オリジナルのARシステムです。 スマートフォンの画面には到底収まり切らない、 迫力あるサイズ感や臨場感をお楽しみいただけます。 
・作中に登場する「V作戦マニュアル」を模したデザインの謎解きキットや、 ガンダムに組み込む基板をイメージしたスタイリッシュなパズル、 『機動戦士ガンダム』第1話タイトル「ガンダム大地に立つ!!」になぞらえたイベントサブタイトル「ガンダム新宿に立つ!」など、 ファンであればより楽しめる細部のこだわりにもご注目ください。 

『ハローキティのナゾトキミュージアム』概要 
 
■STORY 
ここは「ハローキティのナゾトキミュージアム」。 
あなたはキティにいざなわれ、 このミュージアムにたどり着いた。 
しかし、 辺りを見回しても美術品は見当たらない。 
なんとここは、 美術品を見るために謎を解かなくてはならない不思議なミュージアムだった!
謎を解くと、 まだ誰も出会ったことのないキティの絵画や展示があなたの目の前に!
 
キティが仕掛けた謎を解き明かし、 すべての美術品を見つけることができるのか?
■POINT 
・招待状に従って、 LINE上で自身の分身となるアバターを作成するところからイベントがスタート。 以降、 謎を解く毎にLINEにハローキティからのメッセージが届きます。 まるでハローキティと一緒に美術館を巡っているかのような心ときめく体験をお楽しみください。 
・ハローキティからのLINEメッセージには、 ハローキティの各年代の代表的なデザインのイラストや動画、 フルボイスのガイドなども送られてきます。 さらに会場内には、 ハローキティのポップコーンマシーンが設置されるなど、 ハローキティの様々な魅力がギュッと詰まったコンテンツです。 
・今回のイベントのために、 漫画家 種村有菜先生に描き下ろしていただいたハローキティのイラストを館内展示いたします。 さらにメインビジュアルのハローキティも、 東京ミステリーサーカスのコスチュームを着たオリジナル。 ここでしか見ることのできない、 特別なハローキティは必見です。 
 
シェア / 保存先を選択