【インタビュー】ヴィクトリア・テリョーシキナ

インタビュー
クラシック
舞台
2015.11.20
ヴィクトリア・テリョーシキナ ヴィクトリア

ヴィクトリア・テリョーシキナ ヴィクトリア

Q:『愛の伝説』で踊るメフメネ・バヌーという役をどのようにとらえていますか?

ヴィクトリア・テリョーシキナ(以下、VT):とても可哀想な女性ですよね。女性の悲劇を背負って生きているのですから。人間は「愛」が何であるかを知らないうちは、人生には「愛」以外の他の価値があると思っているでしょう。しかし「愛」が一番大切だと知った瞬間に、彼女は持っているもの全てを失ってしまったことに気がつくのですから。美しかった以前であれば、フェルハドは彼女のことを愛したかもしれません。でも美貌を「愛」を争うことになる妹のために失ってしまうのですから。それから先生が教えてくださったことなのですが、「この役の難しいところは悲劇のすべてを伝えるのに、顔の表情を使えず、目と身体の動きで表現することしかできないことです。だってステージに出ているほとんどの時、顔はマスクで隠していますから。」
 そして、メフメネ・バヌーはとても強く威圧的で、時に残酷でさえある人物です。実生活の私はまったく違う性格ですが(笑)、なぜかこのようなタイプの女性の心情は理解しやすいですね。

『愛の伝説』より C)N.Razina

『愛の伝説』より C)N.Razina

Q:日本公演では『ロミオとジュリエット』も踊っていただきますが、初めてのジュリエットを踊ったときのことを覚えていますか?
VT:もちろん覚えています。5年くらい前だったでしょうか、ファテーエフさんが私のところに来て「ヴィーカ、『ロミオとジュリエット』を踊りたくないかい?」とおっしゃったのです。私はとても驚いてしまいました。それまで私のレパートリーには抒情的でロマンティックなヒロインの役はありませんでしたから。あんまり驚いて「ファテーエフさん、私にできるか判らないわ、少し考えさせてください」と言ってしまったんです。ところが彼は私の答えを待つまでもなく私をキャスティングしてしまったので、私は不安ながら稽古をスタートしました。でも作品の準備に取りかかった時から、私はこの作品に夢中になってしまったのです!

 

『ロミオとジュリエット』より C) N.Razina

『ロミオとジュリエット』より C) N.Razina


Q:演技に目覚めた・・・ということでしょうか。
VT:
おそらくそうでしょうね。ジュリエットという役は、とても難しいテクニックが必要とされる、というよりは、ドラマ、悲劇、愛のすべてが込められた人生を生き抜かなければならないところにあります。最初のリハーサルは戸惑いながらでしたので、後になって何かの瞬間に自分の中に変化が起きるのを感じました。こんなに感情を出すのが恥ずかしい、という気持ちがなくなっていったのです。コンプレックスが消えていったのかもしれませんね。とても気持ちが楽になって恥ずかしさも消えて、この時に私は本当に…ジュリエット自身になれた、というのでしょうか。その時から、この作品は踊っている時に泣けてしまう作品です。自然に涙があふれてきてしまうのです。

ヴィクトリア・テリョーシキナ C)N.Razina

ヴィクトリア・テリョーシキナ C)N.Razina

 

Q:ところで、ダンサーとしての喜びはどのような時に感じますか?
VT:
もちろん最後の拍手です。それから、一緒にリハーサルを積み重ねてきたクナコワ先生が「素晴らしかったわ。気に入ったわよ。良く頑張ったわね」と言ってくださると、私はああ良かった、と安心します。舞台に力を注いだのは私だけでなく、クナコワ先生も同じですからね。入団した時から私を指導してくださっている先生は、とても責任感があり、感情豊かな人です。教師たちは自分たち自身のことよりも教え子のことに心を砕いてくださっていますから。

【公演詳細】
◆マリインスキー・バレエ来日公演
《東京公演》

『ジュエルズ』 11/26(木)18:30 文京シビックホール 
『愛の伝説』 11/27(金)18:30、11/28(土)13:00 東京文化会館 
『ロミオとジュリエット』 11/30(月)〜12/2(水) 東京文化会館 
『白鳥の湖』 12/4日(金)〜12/6(日) 東京文化会館 
*詳細については下記ウェブサイトでご確認ください。
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040
http://www.japanarts.co.jp/mb2015/index.html

《三重公演》
『ロミオとジュリエット』 11/20(金)18:30 三重県文化会館 
問:三重県文化会館チケットカウンター059-233-1122
http://www.center-mie.or.jp/bunka/event/detail/2238

《大阪公演》
『白鳥の湖』 11/21(土)17:00 フェスティバルホール 
『ロミオとジュリエット』 11/22(日)16:00 フェスティバルホール 
問:フェスティバルホールチケットセンター06-6231-2221
http://www.ytv.co.jp/event/contents/event_1728497.html?145940

《滋賀公演》
『白鳥の湖』11/23日(月・祝)15:00 びわ湖ホール 
問:びわ湖ホールチケットセンター077-523-7136
http://www.biwako-hall.or.jp/performance/2015/02/13/post-21.html

《愛知公演》
『白鳥の湖』11/29(日)17:00 愛知県芸術劇場 
問:中京テレビ事業052-957-3333
http://cte.jp/detail/15/151129/index.html

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択