『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020』の開催が決定 「Beethoven― ベートーヴェン」をテーマに生誕250周年を祝う

ニュース
クラシック
2019.10.26

画像を全て表示(7件)

2020年5月2日(土)から5月4日(月・祝)にかけて、東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町エリアでクラシック音楽祭『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020』(以下LFJ)の開催が決定した。

LFJが日本に上陸して15周年を迎える記念すべき年のテーマは「Beethoven― ベートーヴェン」。ベートーヴェン生誕250周年を、LFJならではのユニークで発見に満ちたプログラムで盛大に祝うことになる。交響曲やピアノ協奏曲、ピアノ三重奏曲、ピアノソナタなど傑作の数々が届けられることはもちろんのこと、ベートーヴェンの知られざる作品、ジャズや電子音楽も含めた19~20世紀の作曲家たちによるベートーヴェンへのオマージュ作品など、ラ・フォル・ジュルネならではの独創的なプログラムの数々が紹介される予定だ。

LFJ東京の歴史は「ベートーヴェンと仲間たち」のテーマで2005年に幕を開けた。当時日本では、朝から晩まで複数会場でコンサートを開催するLFJのようなクラシック音楽祭のスタイルは前例がなかったが、多くの人々から驚きと感動を持って受け入れられて以来、3万人以上のアーティストが参加し、計5510公演を開催してきた。LFJ2020は、初回の驚きや興奮をそのままに、新しいベートーヴェン・フェスを目指す。

5月1日(金)に東京国際フォーラムホールAで前夜祭としてガラ・コンサートを予定しており、本期間中には聴衆参加型プログラムとして「みんなで第九」を行う。詳細は12月下旬に発表されるので確認してみよう。

ホールA「0歳からのコンサート」過去開催時の様子 (C)teamMiura

ホールA「0歳からのコンサート」過去開催時の様子 (C)teamMiura

多彩な有料公演の数々 (C)teamMiura

多彩な有料公演の数々 (C)teamMiura

多彩な有料公演の数々 (C)teamMiura

多彩な有料公演の数々 (C)teamMiura

多彩な有料公演の数々 (C)teamMiura

多彩な有料公演の数々 (C)teamMiura

子どもたちの音楽アトリエ(ワークショップ) /地上広場 キオスク(無料公演)ステージ (C)teamMiura

子どもたちの音楽アトリエ(ワークショップ) /地上広場 キオスク(無料公演)ステージ (C)teamMiura

子どもたちの音楽アトリエ(ワークショップ) /地上広場 キオスク(無料公演)ステージ (C)teamMiura

子どもたちの音楽アトリエ(ワークショップ) /地上広場 キオスク(無料公演)ステージ (C)teamMiura

 
「ラ・フォル・ジュルネ」(LFJ)とは
「ラ・フォル・ジュルネ」は、1995年フランス西部の港町ナントで「クラシックの民主化」を掲げて誕生したクラシック音楽祭。世界中からアーティストが集い、一流の演奏を、1公演約45分、低料金で、朝から晩まで繰り広げられる。日本では、2005年から毎年ゴールデンウィークに開催。有料公演のほか、誰でも気軽に演奏を楽しめる地上広場でのコンサートなどのオープンプログラム、有料公演チケット(及び半券)の提示で参加できる数々のイベント(コンサート、 子ども向けプログラム、 マスタークラス、 講演会など※)が行われ、子どもから大人まで楽しめる。また、音楽祭期間中は、丸の内などの周辺エリアでもミニコンサートが行われ、街中が音楽一色に包まれる。
※一部プログラムは事前配布整理券が必要

 

公演情報

『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020』
 
■テーマ:Beethoven ― ベートーヴェン
■開催日程:
前夜祭 2020年5月1日(金)/  本期間 2020年5月2日(土)~5月4日(月・祝)
■会場:東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町エリア 他
■公演数:約327公演/有料公演約127公演(前夜祭含)、 無料公演 約200公演
■主催:ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020運営委員会
(株式会社KAJIMOTO/株式会社東京国際フォーラム/三菱地所株式会社)
■企画制作:CREA/KAJIMOTO
■公式サイト:https://www.lfj.jp
シェア / 保存先を選択