「生きて帰ってこれてよかった」SHANK、地元・長崎でツアー終幕

レポート
2015.12.13
「SHANK OF THE MORNING TOUR」長崎・Studio Do!公演の様子。(撮影:半田安政[showcase])

「SHANK OF THE MORNING TOUR」長崎・Studio Do!公演の様子。(撮影:半田安政[showcase])

SHANKが昨日12月12日に長崎・Studio Do!にて全国ツアー「SHANK OF THE MORNING TOUR」の最終公演を開催した。

このツアーは彼らがミニアルバム「SHANK OF THE MORNING」を携えて10月から開催していたもの。ツアーを締めくくるこの日は、ゲストのザ・アンドロイズとSNATCH、そして主役のSHANKの3組が熱演を繰り広げた。

トップバッターを務めた長崎出身のザ・アンドロイズはパンキッシュなナンバーを連投し、場内の温度を上昇させていく。MCでは陣野博幸(Vo, G)が「思ったことがあったら言おうぜ」「勝つことだけが戦いじゃない」と熱いメッセージを長崎弁で語り観客を惹き付けた。続く北海道出身のSNATCHは、Koichi Hamano(Vo, G)が「北海道というところがどういうところか、この45分で味わってください」と言い、メロディアスなナンバーでオーディエンスを魅了していく。またTakami Suzuki(G, Vo)が「地元を背負ってるというところで自分たちと通じるところがあると思う。長崎を背負ってるSHANKをリスペクトしてます!」とSHANKへメッセージを送った。

SHANKの3人はSEのMad Caddies「Backyard」に乗せ、体をゆらゆらと揺らしながらリラックスした様子で登場する。しかし楽器を持つと、メンバーの表情は一転。松崎兵太(G, Cho)の疾走感あふれるリフを皮切りに、バンドは「SHANK OF THE MORNING」の1曲目「First Light Anthem」で勢いよくライブをスタートさせる。オーディエンスもさっそくクラウドサーフやモッシュを繰り返した。その後もバンドは、曲の終わりで食い気味で次の曲のイントロを始めるなど、文字通り間髪入れずに楽曲を畳みかけていく。

庵原将平(Vo, B)は「まあ、ツアーファイナルだろうがなんだろうが、せっかくこれだけ集まったんだから気持ちよく帰ってください」と気負いのないMCをするも、マイクを握り締めて前のめりに歌唱したり、目を大きく見開いてシャウトしたりと熱のこもったプレイを見せる。「Hope」ではイントロで庵原が声を張り上げるように歌詞を叫んだり、裏打ちビートが小気味いい「Take Me Back」では松崎がお尻を左右に振りながら演奏したりと、3人は楽曲にあわせて表情を変えた。

中盤では今年のレーベル移籍に伴い、メンバーが新たに就任したマネージャーをステージに上げて紹介。庵原の振りからマネージャーが今回のツアーの感想を述べ始めると、コメントが終わるか終わらないかのうちにバンドは、マネージャーの好きな曲だという「Time is...」を投下し、マネージャーとファンを喜ばせた。また前回のツアーに引き続き松崎がオカリナを披露する一幕も。松崎は前回よりも腕を上げており、庵原が「上手になって面白くないからオカリナは今回で終わり」と采配を下してみせた。

後半、3人の演奏はよりエモーショナルに。間奏で庵原がベースを高く掲げた「Departure」では池本雄季(Dr, Cho)が高速ビートをそれまでよりも一層丁寧に刻み、「My sweet universe」では庵原と松崎が目を閉じて伸びやかに歌唱した。庵原が「とにかく生きて帰ってこれてよかった」とツアーを振り返り、バンドは最後に「Set the fire」をプレイ。薄暗いステージに松崎によるアルペジオが響き、庵原はそれにあわせてしっとりと歌い始める。3人は一息置くとテンポアップし、ファンの高揚を煽る。間奏のギターソロでは松崎がクリスマスソングを思わせるフレーズを織り交ぜてみせる。そして汗だくの3人は清々しい笑顔でステージを下りた。

アンコールを求める声に応じて再びステージに登場した3人は、改めてエイベックスへ移籍したことについて言及。庵原が「やっぱり新しいことはしていくべきだと思いました。ワクワクするし」と思いを述べた。バンドは「Long for the Blue moon」を伸びやかに届けたあと「Restart」「submarine」を激しく叩きつけ、ライブを締めくくった。しかしさらにメンバーを呼ぶ声は止まず、3人はみたびステージに。「TOP WATER」をプレイすると、最後には松崎がフロアへダイブ。すると庵原はベースをフロアへ投げ入れ、自身は松崎のギターを手にする。松崎はステージに戻ってくると庵原のベースを手にし、各々楽器をかき鳴らす。そして池本のドラムにあわせて大きく一音鳴らし、駆け抜けるように「SHANK OF THE MORNING TOUR」を締めくくった。

SHANK「SHANK OF THE MORNING TOUR」
2015年12月12日 Studio Do! セットリスト

01. First Light Anthem
02. Cigar Store
03. 620
04. Weather is Beautiful
05. Wake me up when night falls again
06. Hope
07. Take Me Back
08. Good Night Darling
09. Time is...
10. Lamp
11. Two sweet coffees a day
12. Knockin' on the Door
13. Isn't She Lovely
14. Departure
15. Grimy Window
16. It's not a game
17. My sweet universe
18. Love and Hate
19. Set the fire
<アンコール>
20. Long for the Blue moon
21. Restart
22. submarine
<ダブルアンコール>
23. TOP WATER

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択