歌舞伎版『美女と野獣』に愛之助ら、会場は礼拝堂を原寸大で再現したホール

(左から)中村壱太郎・片岡愛之助

(左から)中村壱太郎・片岡愛之助

『第七回システィーナ歌舞伎 La Belle et la Bête「美女と野獣」』が、2月19日から徳島・大塚国際美術館のシスティーナ・ホールで上演される。

『システィーナ歌舞伎』は、バチカンのシスティーナ礼拝堂を陶板で原寸大に再現したシスティーナ・ホールを舞台に、大塚国際美術館が2009年から開催している企画。「和と洋のコラボレーション」「新作歌舞伎」をコンセプトに様々な作品を上演してきた。

『La Belle et la Bête「美女と野獣」』は、J・L・ド・ボーモンの『美女と野獣』を歌舞伎化した作品。片岡愛之助、中村壱太郎が出演し、作・演出は水口一夫、振付は藤間勘十郎が担当する。チケットは現在販売中。

これまでにも『システィーナ歌舞伎』に出演している片岡愛之助は、同公演の製作発表会見で「美女をやらして頂けるのか野獣をやらして頂けるのか、木の役なのか、何の役かまだ聞いておりませんが、『美女と野獣』という題材が決まりました。ひょっとして何役勤めさせて頂くか分かりませんし、わたくしも楽しみにしている次第です」と意気込みを語っている。

イベント情報

第七回システィーナ歌舞伎
『La Belle et la Bête「美女と野獣」』

2016年2月19日(金)~2月21日(日)全6公演
会場:徳島県 大塚国際美術館 システィーナ・ホール
作・演出:水口一夫
振付:藤間勘十郎
出演:
片岡愛之助
中村壱太郎
ほか
料金:12,000円
※料金は美術館入館料、観劇料込み

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択