京都ロフトで“琳派”とアニメキャラの融合を体験

ニュース
2015.12.17


京都ロフトは12月26日(土)から2016年1月17日(日)まで、「琳派×アニメ オマージュ展」を開催する。同展では、作品の展示に加え、受注販売も行う。

琳派(りんぱ)とは、桃山時代後期に生まれ、近代まで活躍した美術および、工芸の流派のこと。琳派の祖の1人である「本阿弥光悦」が京都鷹峰に芸術村を拓き、以後400年間人々を魅了し続けてきた。

2015年は琳派が興ってから400周年に当たる。これを記念し、キャラアニは琳派と様々なアニメキャラクターを融合。「火の鳥」や「鉄腕アトム」などの手塚作品や「グリザイアの果実」「Charlotte」など、新旧キャラクターを問わないコラボレーションに注目だ。

同展では、和紙のタッチを生かした背景にキャラクターがデザインされた掛け軸の限定受注販売を予定している。和風な仕上がりが今までにない印象を与えてくれること間違いなし!

少し手が出しづらい掛け軸だけでなく、気軽に買える文房具やスマートフォンのアクセサリーなどの展示販売も予定している。今年の締めくくりに、または1年の始まりに、いつもと違うアニメキャラクターに触れてみては?【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択