山本一慶、稲垣成弥、宇野結也、岸本勇太出演 舞台『夏の夜の夢』が上演決定

ニュース
舞台
2023.1.31

画像を全て表示(6件)


2023年4月19日(水)~23日(日)東京芸術劇場シアターウエストにて、舞台『夏の夜の夢』が上演されることが決定した。2021年度の本公演では俳優の山本一慶が演出家としてデビューし話題に。今回は、2016年・2017年に演じて注目を集めたハーミア役を6年ぶりに演じる。なお、山本にとって今回でこの役は「卒業」となる。

ハーミアの恋の相手ライサンダー役に、舞台「MANKAI STAGE『A3!』」や舞台「Paradox Live on Stage」など多くの話題作に出演している稲垣成弥。 ハーミアの幼なじみ・ヘレナ役には、舞台『巌流島』から『「Dr.STONE」THE STAGE』など幅広い役柄で注目の宇野結也が初の女性役に挑戦する。そしてヘレナとカップルになるディミートリアス役には、舞台『あんさんぶるスターズ! THE STAGE』、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』などで活躍している岸本勇太が決定した。

演出には歌舞伎の脚本・演出家として活躍中の今井豊茂を迎える。新作歌舞伎『NINAGAWA十二夜』(演出・蜷川幸雄)の脚本で大谷竹次郎賞を受賞した今井は、シェイクスピアにも造詣が深く、今回もオールメール(全配役を男優のみで演じる)の形態でシェイクスピア時代の上演方法を駆使して、本格的な上演に挑む。音楽は、2018年に上演した折に作曲を担当した新内多賀太夫の楽曲を復活。今井とのコンビで日本の古典的要素も取り入れた作風で届ける。

チケット一般発売は3月10日(金)10時よりスタート。

山本一慶(ハーミア)

6年ぶりにハーミアをやらせて頂くことになりました。
「夏の夜の夢」は、2度この役をやり、演出も手掛けました。
そのような積み重ねから、今回が決定版となるようなハーミアをお届けできるよう頑張ります!
大好きな作品に、また新たな視点から向き合えること、今からとても楽しみです。
そしてこの度でハーミアは卒業します。 どうぞお見逃しなく!

稲垣成弥(ライサンダー)

稲垣成弥

稲垣成弥

『夏の夜の夢』に、ライサンダー役で出演させていただくことになりました、稲垣成弥です。
僕自身、初めてシェイクスピア作品に出演するということで、
どんな作品に仕上がるのか今からとても楽しみにしています。
また、久しぶりに山本一慶くんとお芝居ができることを、何より1番嬉しく思っています。
スタッフの皆様、共演者の方々と、素敵な作品にしていきたいと思っていますので、
楽しみに待っていていただけたら嬉しいです。
最後まで応援よろしくお願い致します。

宇野結也(ヘレナ)

宇野結也

宇野結也

皆さま、はじめまして。ヘレナ役で出演させて頂くこととなりました宇野結也です。
シェイクスピアの作品を演じたいとずっと思っていたので、ご縁を感じています。
女性を演じるということは、初めての経験になります。
演出家の今井さんと共に創り上げて、作品に彩りを加えられたらと思います。
誠心誠意、作品と向き合ってまいりますので是非とも劇場にお越しください。
お待ちしております。

岸本勇太(ディミートリアス)

岸本勇太

岸本勇太

コメントを読んでいただき有難うございます。
この度、「夏の夜の夢」に出演させていただくことになりました。
ディミートリアス役の岸本勇太です。
僕自身、初めてのシェイクスピアの作品に触れるので、新鮮な気持ちを持って挑みたいと思います。
また、初めてこの作品に触れて下さるファンの皆さまにも、楽しんでいただける様、努めてまいります。
何卒、よろしくお願い致します。

公演情報

舞台『夏の夜の夢』
 
原作:ウィリアム・シェイクスピア
訳 :小田島雄志
演出:今井豊茂
音楽:新内多賀太夫
日程:2023年4月19日(水)~23日(日)
劇場:東京芸術劇場シアターウエスト
 
<キャスト>
ハーミア:山本一慶
ライサンダー:稲垣成弥
ヘレナ:宇野結也
ディミートリアス:岸本勇太 ほか
 

料金:S席9,500円 A席8,500円(税込み・全席指定)
 
▼取り扱い
アーティストジャパン、東京芸術劇場ボックスオフィス、ぴあ、イープラス、ローソン
一般前売り:3月10日(金)10時~
 
企画・製作:アーティストジャパン
お問い合わせ:アーティストジャパン 03-6820-3500 https://artistjapan.co.jp/
※公式ホームページ・公式TwitterはまもなくOPEN!
シェア / 保存先を選択