鬼に金棒、武田梨奈に肉切り包丁!映画『ドクムシ』の血まみれ予告編が解禁

SPICER
『ドクムシ』 (c)2016「ドクムシ」製作委員会 (c)合田蛍冬八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ

『ドクムシ』 (c)2016「ドクムシ」製作委員会 (c)合田蛍冬八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ

画像を全て表示(3件)

1月19日、映画『ドクムシ』の予告編が公開された。

『ドクムシ』は、2013年に小説・コミック投稿サイト・E★エブリスタで発表された八頭道尾氏の小説「コドク~蠱毒」を原作とする映画。漫画家・合田蛍冬氏によるコミック版「ドクムシ」(双葉社刊)は電子コミックで350万ダウンロードを超える大ヒットを記録。2014年の大手電子書店の年間売上第1位をも獲得する人気作だ。廃校舎の教室内で目を覚ました男女7人が追い詰められ、惨劇を繰り広げる姿を描く。

主演は「仮面ライダーディケイド」の仮面ライダークウガ役でブレイクを果たした村井良大。さらに、演技だけでなくアクションでも高い評価を得る女優・武田梨奈(『進撃の巨人』シリーズ)がW主演している。また、劇団EXILEの秋山真太郎、『SR サイタマノラッパー』シリーズの駒木根隆介、水上京香、宇治清高、野口真緒など、注目のキャストも出演している。
 

『ドクムシ』 (c)2016「ドクムシ」製作委員会 (c)合田蛍冬八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ

『ドクムシ』 (c)2016「ドクムシ」製作委員会 (c)合田蛍冬八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ


 

公開された映像では、7人が理性を失い争う姿が登場。残酷さを象徴する"肉切り包丁"の活躍に注目だ。そして、日本一動ける女優である武田が、血まみれ包丁を振り下ろすシーンも。まさに鬼に金棒、武田梨奈に肉切り包丁だ。

映画版となる本作は、原作の持つ残酷性をより膨らませたため、R15(15歳未満鑑賞禁止)にレイティングされている。さらに、現代日本の社会性を反映させ、小説ともコミックとも異なるラストを用意しているという。本編でどんなスリリングな展開が待ち受けているのか?気になるところだ。

監督は全編アメリカ撮影のスラッシャームービー『クソすばらしいこの世界』で長編デビューした朝倉加葉子。さらに、ガールポップ・デュオFaint⋆Star(フェイント・スター)がポップな主題歌で作品を彩っている。

映画『ドクムシ』は4月9日から2週間限定特別上映&「ニコニコ」ネットシネマにて同時公開

イベント情報
『ドクムシ』
4月9日から2週間限定特別上映&​「ニコニコ」ネットシネマにて同時公開
キャスト:村井良大 武田梨奈 秋山真太郎 水上京香 宇治清高 野口真緒/駒木根隆介
原作:合田蛍冬/八頭道尾「ドクムシ」(双葉社刊・E★エブリスタ) 
  
監督:朝倉加葉子/脚本:黒木久勝
主題歌:Faint⋆Star「ネヴァエバ」(Faint Star Tokyo)
配給:松竹メディア事業部
制作プロダクション:ツインピークス/セディックドゥ
製作:「ドクムシ」製作委員会/R-15
(c)2016「ドクムシ」製作委員会 (c)合田蛍冬八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ
シェア / 保存先を選択