桐嶋ノドカの初アコースティックライブ@カフェに潜入! 終演直後のインタビューも

レポート
2016.1.23
桐嶋ノドカ

桐嶋ノドカ

画像を全て表示(4件)

桐嶋ノドカ アコースティックライブ 2016.1.16 LIVING ROOM CAFE by eplus

1月16日、東京・渋谷にあるライブカフェ、LIVING ROOM CAFE by eplusで、シンガーソングライター・桐嶋ノドカのアコースティックライブが行われた。客席との距離も非常に近く、ステージにはキーボードとマイクのみというシンプルなセッティングであったが、そのことがシンガー・桐嶋ノドカの歌声、表情、息遣いといったリアルな魅力を際立たせていった。

合計3回ステージに上がった桐嶋。その都度あいさつと簡単な自己紹介を交えながら、楽曲を披露していく。彼女のファンと思しき家族連れに気付くと、笑顔を見せながら小さく手を振ったりとリラックスした表情だ。貸し切って行うライブではなかったため、初見のお客さんも少なからずいたはずであるが、その歌声ひとつでスッと引き込んでいくあたりはさすが。店内は一曲終えるごとに温かな拍手に包まれていた。

桐嶋ノドカ  撮影=風間大洋

桐嶋ノドカ  撮影=風間大洋

凛とした強さを感じさせる歌声を披露した「Wahの歌」や「END」、情感たっぷりのバラードナンバーはデビュー曲でもある「風」。最新シングル曲「柔らかな物体」では繊細なファルセットボイスが優しく店内を満たしていった。技術的な部分はもちろん、表現の部分の幅広さも見せてくれた桐嶋ノドカだったが、この日も歌われたシーアのカヴァー曲「シャンデリア」に代表されるように、洋楽ポップス的エッセンスを濃く感じさせるのも彼女のアイデンティティと言えるのではないだろうか。少しはねたリズムが心地よい「優しい雨」などはその典型といえるだろう。

この日はじめて彼女の音楽に触れた人も多かったはずだが、キュートなMCや飾らず自然体な佇まい、そしてその歌唱力に驚かされたに違いない。彼女自身もまたライブハウスとは違った環境でのステージを経験したことで、新たに得たものは大きいだろう。

3月からは自身初のワンマンツアーが控えている。この日我々が目撃しただけでは、桐嶋ノドカというシンガーの魅力はまだまだ語り尽くせない、ライブハウスでの姿も観てみたい。そう思わせてくれたプレミアムなひとときだった。なお、終演後に本人と話す機会を得られたので、以下にその模様を掲載する。

桐嶋ノドカ  撮影=風間大洋

桐嶋ノドカ  撮影=風間大洋

 

――普段ライブをされる環境とは全く違っていたと思いますが、率直にどうでした?

そうですね。意外とというか、こういうカフェみたいなところでやるのは初めてで。それに気づいたのが今日ここに来てからだったんですけど(笑)。なので急に緊張しまして、だけどすごい素敵な場所だったから、音楽に入りやすい空間だなって。しかもちゃんと聴いてくださる方がたくさんいらっしゃるんだなぁって、すごく嬉しく歌えました。

――それは何よりです。ただ普段のライブだとお客さんは全員自分のことを観ている、どこを観ても目が合うというか。今日は必ずしもそうではない、食事をしていたり会話をしている人もいる、そういう日常の中にポンと入って歌うっていう環境だと思うんですが。難しさは感じなかったですか?

はい。難しさはあるんだと思うんですけど……やっぱり圧倒的に普段と違って、色んな音とか人の動きとかがあるので。だけど私の中ではなんかすごく不思議に聞こえて、歌ってるときは自分の声とピアノの音だけが聞こえてくるんだけど、フッと気を外に向けるとざわつきみたいなものが耳に入ってきて。で、また歌いだすと声とピアノだけになってっていう、なんていうか水中から水面にザバッって顔を出すみたいな?(笑) そういう不思議な感覚になってそれが面白かったですね。

――経験としてはなかなか得難いものですね。

そうですね。どういう風にみんな聴いてくれてるんだろうなって見ながら歌ってましたけど、それぞれの休日にちょっと入り込めたのかなと。「ちょっとお邪魔します」と思いながら(笑)。

――お客さんの中には初めて桐嶋さんを観るっていう方も多かったと思うんですけど、リアクションしてくれてました。そういう層にもアプローチ、自己紹介が出来ましたよね。

音楽をやっていない方にとっては、普段ライブハウスに行くことって意外とハードルが高いと思うんですね。それがこういう場所に来て歌うと、普段出会えない人たちに会えることも嬉しく思いました。

――入り口になりますよね。そして今度はこういった環境とはガラリと変わって、ライブハウスでのライブの予定も控えています。

3月から東名阪のワンマンツアーがあって、初めてのワンマンでもあるので、ちょっとどういう気分になるのか分かってないんですが(笑)。私はライブで「はじめまして!」って言うことが今まで多かったんでけど、絶対に初めてじゃない人、私のことを観に来てくれる人たちがいるって思うとすごく緊張するというか、誰にも恥じない自分でステージに立ちたいっていうのは思ってて。だから今ちゃんと「桐嶋ノドカとは?」っていうことを(自分に)問いかけつつ、内容を練り……でも普段は出し切れないような、みなさんに楽しんでいただける要素もすごく考えています。

――ワンマンだと尺もありますし、同セットリストを組むかとか、どこで喋ろうとか。

そうなんですよ! 「こんなに難しいんだ!?」って思ったり(笑)。どうしたら音楽をお客さんが体感するんだろうっていう。私たちやっていう側は自分で発してるからもちろん体感してるけど、聴く側の人がもっと感じられる仕掛けみたいなものってないのかな?みたいな。

――ライブはキャッチボールだ、とかもよく言われますしね。こちらが出したいものも出すんだけど、それを受け取ったお客さんが返してくれるものがあって生まれるものもあると思うし、その点はワンマンだとより濃密になりますよね。

そうなんです。そこをすごく今考えてます。楽しみ!

――楽しみです! 最後に、ワンマンに来てくれる方、行こうかな?と思っている人たちにメッセージなどあれば。

今日はアコースティックの2人編成だったんですけど、本来はバンドのスタイルでやるのが私の姿というか。そういう勢いみたいなエネルギーをどんどん噴出させて、投げかけて、熱気の交換をしたいなと思っているので、何かを燃やしに、気合を入れて遊びに来てくれると嬉しいです! 


撮影・インタビュー・文=風間大洋

桐嶋ノドカ  撮影=風間大洋

桐嶋ノドカ  撮影=風間大洋

ライブ情報

桐嶋ノドカ「1st ワンマンライブツアー 2016」

日時:2016年3月20日(日)open 17:30/ start 18:00
会場:愛知・名古屋ell.SIZE
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション
TEL:052-320-9100(全日10:00?18:00)

日時:2016年3月21日(月・祝)open 17:30/ start 18:00
会場:大阪・梅田Zeela
問い合わせ先:キョードーインフォメーション
TEL:0570-200-888(全日10:00?18:00)

日時:2016年4月2日(土)open 17:30/ start 18:00
会場:東京・Shibuya WWW
問い合わせ先:DISK GARAGE  
TEL:050-5533-0888(平日12:00?19:00)

前売料金(全て税込):全自由\3,500- (1ドリンク代別・整理番号付き)
一般発売:2016年1月30日(土)

企画制作:OORONG MANAGEMENT/LIVE
協力:A-sketch

 

 

シェア / 保存先を選択