フジロック、ゲートオープンまであと10時間!

コラム
2015.7.23

まだ迷っている人へ

いよいよ前夜祭のゲートオープンまで10時間を切ったフジロック。参加する人は今頃、荷物のパッキングやら買い忘れたものの調達やら、仕事を終わらせることに必死になっていることでしょう。お互い頑張って苗場で最高の乾杯をしたいですね。

 

で。今まさに参加するかどうか迷っている人がいたらここから先を読み進めてくれませんか。

 

まずはオフィシャルサイトから今年のメインどころと会場の雰囲気を凝縮した動画をどうぞ。

 

まずラインナップ。初日の金曜日から行ってみましょう。大いに主観で述べますが今のONE OK ROCKは見ておいた方がいい。北米デビューを控えて、フー・ファイターズモーターヘッド前のグリーンステージの重責を務めるということが、彼らのモチベーションに火を点けるのは自明です。そしてデイヴ・グロールの骨折であわやキャンセル?と危ぶまれたフー・ファイターズ、なんとかフジに間に合って良かった……。デイヴはあの”玉座”みたいなセットでプレイするのか、それとも立ち上がることができるのか?

そこじゃないでしょというツッコミもあると思いますが、兄貴の人間力はきっと初日のハイライトになることでしょう。そして嬉しくもあり大混雑しそうなのがレッドマーキー。ASHMANNISH BOYSだって限りなく近くで見られるんですよ?

 

最も休みをとりやすいと思われる土曜日。ヘッドライナーのMUSEのツイッターを覗くとヨーロッパ各地のツアーやフェスのダイナミックなライブ写真がアップされていて、物語性満載のニューアルバム『ドローンズ』と代表曲を最新性の演出で見せてくれそうです。日本人アーティストも星野源、初登場のゲスの極み乙女。などワンマンライブがソールドアウトする人気アクトが続々登場、って、初日のワンオクも3日目の椎名林檎[Alexandros]キュウソネコカミにも言えること。「今年のフジロックは邦楽多くてなんだかな」と思ってる洋楽至上主義者にこそ見てほしい、他のフェスならヘッドライナー級揃いなところにフジロックの意義を感じます。

 

そして3日目はヘッドライナーのノエル・ギャラガーライドジョニー・マーというUKロックの至宝、しかもみんな何らかノエル繋がりという感動的なラインナップにまず注目でしょう。しかもこの日はレッドマーキーの深夜枠がかなり豪華。刺激的なアクトを見たい向きには、ホワイトステージの大トリであるFKAツイッグス辺りから見て、レッドマーキーの女王蜂Seiho石野卓球らでオールナイターを楽しむのもいいかもしれません。そう、もはやキャンプを張る時間も宿をとることも煩わしい!という人にはこのコース、かなりおすすめです。

 

今年はもういいかな、なんて思っていても始まるとウズウズしてくるのがフジロック。初め参加しようと思いつつ戸惑っている人はオフィシャルサイトでマストな装備を調べたり、どうしても宿を確保したい人は越後湯沢駅付近ならまだとれるかもしれないので、観光協会に問い合わせてみるといいでしょう。ぼっち参加が不安な人は好きなアーティスト名と「フジロック」でツイッター検索をかけてみると、同じ思いの人が見つかるはず。現地で会ったり、フェスご飯を一緒に楽しめるかもしれませんよ?

そう!フジロックと言えばフェスご飯!地元・新潟のコシヒカリのおにぎりもあれば、本場・博多のモツ鍋ベースのラーメン、エスニック、エチオピア料理…下手な都会より圧倒的に食のレンジが広いんです。しかもそれを自然のいい空気の中で食べられる幸せ。もうお腹が鳴ってます。

 

あらゆるものを吸収するために、元気といくばくかの現金(!)と必要な装備を持って、苗場でお会いしましょう。

 

イベント情報
FUJI ROCK FESTIVAL`2015

 日時:2015年7月24日(金)・25日(土)・26日(日)
 会場:新潟県湯沢町苗場スキー場
 
 チケットはこちらから!!
 
シェア / 保存先を選択