go!go!vanillas 大躍進への一歩を踏み出した2ndアルバム『Kameleon Lights』を語る

インタビュー
音楽
2016.2.10
go!go!vanillas

go!go!vanillas

画像を全て表示(2件)

“ロックバンド”の規定枠を超えたポピュラリティを漲らせながら、「今思ってることをリアルに正直な言葉で歌うことができた」という自信に満ちた2ndアルバム『Kameleon Lights』を完成させたgo!go!vanillas。2015年7月に実施したバンド初のワンマンツアーをもってメンバーが脱退するも、新ギタリスト・柳沢進太郎を迎えて歩みを止めることなく前進し続けてきたバンドはいま、大躍進への一歩を踏み出した。​


「1曲できるたびに“めっちゃいい曲できた!”というのがずっと続いたので、制作しながら“今回は凄いぞ”と思った」(牧)

――メンバーチェンジという大きな事件もありながら、2ndアルバム『Kameleon Lights』が完成。外から見ていると、歩を緩めず走り続けられたのがすごく良かったなと思います。

牧 達弥(Vo&G/以下、牧):そうですね。go!go!vanillasの音楽を変わらず聴いてくれてる人がいる中で、僕の中では何の迷いもなくて。僕らは僕らの音楽を届けるという使命があるので、動きを止めてしまうことは自分たちを否定することにもなると思ったので、走り続けられてすごく良かったです。あとは(柳沢)進太郎(G)の存在が大きくて。走っているバンドに入ってくるのは、スピードが違うとズレも生まれるし。

――大縄跳びに入る時みたいに、タイミングも重要になってきますしね。

牧:そう。そこで進太郎自身、覚悟もあったし、未来を想像する力もあったからか、ズレもなく上手くリンクしてくれたのが、すごく良かったです。メンバーが脱退するってすごく大変なことだと思うんですけど、僕らはそこまで大変なことにはならなくて。運命的な出会いでしたね。

進太郎:最初はすごく練習してスタジオに臨んだのに、全然弾けなかったりもしたんですけど。ずっとバンドをやってきた意地もあるので、負けたくなかったんです。アルバムの曲作りをしている時も、その時に考えたフレーズを弾いたら「それいいじゃん!」といってもらえたり、遠慮することが自分にとってもバンドにとってもデメリットでしかないと思ったし。自分の中で大きかったのが、加入して3ヶ月後くらいにN'夙川BOYSと対バンをやって、そのときにマーヤさんがステージ上で「オマエがバニラズのギタリストなんだから!」っていってくれたことで。“ここから自分を出していこう”と思えたし、実際に遠慮せずに自分が出せて、可能性も広がったんです。

牧:やらざるを得ない状況になったとき、人は成長できると思うので。進太郎は自分を追い込んで、絶対絶命の状況を乗り越えられたから、急成長したんだと思います。

長谷川プリティ敬祐(B/以下、プリティ):人としての接し方や距離の取り方も上手くて、そういうのは音やステージにも出ますよね。最近は僕が「進太郎!」って呼んでも、シカトすることもあるくらいで(笑)。

ジェットセイヤ(Dr/以下、セイヤ):もともとバンドマンだから、すごく周りが見えてるし、コミュニケーションも上手いし、何よりバニラズのことを好きでいてくれるし。一緒にいてすごく楽しいです。

――進太郎くんの存在もあってか、『Kameleon Lights』を聴いたとき、バンドとして突き抜けたなと。で、思ったのが「カウンターアクション」の存在が大きかったんじゃないか?と。このタイミングで牧くんも腹をくくったんじゃないか?と思ったんです。

牧:それはありますね。脱退の件があっても、バンドを続けることへの迷いはなかったんですけど、ファンは色んなことを感じるじゃないですか? そこで“僕がバンドを信じるから、みんなも信じてくれ”というのを楽曲で示さなきゃダメだと思って「カウンターアクション」を作ったんです。全て楽曲で伝えようと思ったから、進太郎の加入も言葉ではほとんど説明していなくて。この曲ができて、男としてもひとつ大きくなれた気がします。発表後、こんなにたくさんの人が心配して、応援してくれるんだと思えたとき、もっと大きくならなきゃ支えきれないと思いましたしね。

―― “俺はこのバンドを信じてる”ということは今作でも、素直な気持ちや感情をさらけ出すことで表現できていると思います。

牧:今回はバンドの一番の醍醐味である“今思ってることをリアルに正直な言葉で歌う”ということができました。夢や理想といった遠くにあるものだけを目指すのではなく、身近なところにこそ楽しさやヒントが詰まっていると思ったし。それを歌った方が受け手も気持ちいいし、グッとくると思ったんです。あと今回、全曲違ったシチュエーションを歌っていて。「ツインズ」だったら結婚、「セレモニー」だったら子供が生まれるとか。日常と非日常、色んなシチュエーションや喜怒哀楽があって人生は動いていくんだということを、個性の強い11曲で表現しました。

――そこを自然体で表現できているからこそ、バニラズの核たる部分も見えたし、明らかに1stとは違う印象を受けました。

牧:1stは“凝ったものを作りたい”という気持ちが強くて、今回も頭を使って作ってはいるんですが、1stを経験したから自然にできたというか。バンドとしての個性も広がったし、僕らにしかできないことができているなと漠然と思いました。レコーディング中にスランプに陥ることもなく、みんな楽しみながら作れていたから、きっと答えは出るだろうという楽観的な気持ちもあって。それくらいの気持ちだったのが良かったのかもしれないです。

――コンセプトを決め込むというより、今のバニラズが出せる作品にしたかった?

牧:そうですね。制限なく何でもやりたかったし、1曲ごとにやりたいことを試したくて。1曲1曲の重みがすごいと思うんです。今回はどれも1曲で勝負できる曲にしようと思ったし、1曲できるたびに“めっちゃいい曲できた!”というのがずっと続いたので、制作しながら“今回は凄いぞ”と思ってて。

プリティ:俺はその中でも、「セレモニー」がひとつの鍵になりましたね。曲のアレンジにしてもコーラスにしても、そこから色んな広がりを見せていったんですけど。特に牧の歌と進太郎のコーラスがすごく良い化学反応を見せたとき、歌の力を強く感じたんです。

進太郎:コーラスを強化したいというのは、入る前からいわれていたんですけど。“こんなにハマるんだ!”っていうくらいハマって。僕と牧さんの声が少し似てるんですよね。

プリティ:僕、牧が歌ってると思ってスタジオに入ったら、進太郎だったことありますからね。

牧:それはオマエの耳がおかしいよ(笑)。あと、今までだったら自分がもっと高みを目指してとか、自分主体で考えてたんですけど、今回は受け手をすごく意識できていて。歌詞や曲を作るのも会話に近い感覚があって、それが受け手側にも近い距離に感じられるだろうし、自分たちが見られている感覚もあると思います。

――なるほど。今の話を聞いて、「スーパーワーカー」がすぐに浮かびました。

牧:そうですね。その曲はまさにそうで、通勤や通学の電車の中で聴きたくなってくれる曲だと思います。僕も満員電車がイヤで、ヘッドホンして音楽を聴いていたりするんですけど、ライヴのような非日常を日常生活で感じてもらって、少しでも気が晴れて仕事や勉強に活かしてくれればすごくいいなって。今回は聴く人を制限することなく、色んな人に聴いて欲しいんです。若い人だけでなく世代を越えて、“これいいじゃん!”と思ってもらえるものを作っている自信があるし、僕らの音楽を若者文化で終わらせたくないというのが理想です。

――そんな自信作を携えて、3月からは全国ツアーが控えています。

セイヤ:はい。今までに行ったことのない地方も多いし、地元の九州も行くので、色んな人と一緒にライヴを楽しめたらと思ってます。

プリティ:この4人になって初めてのアルバムが出て、本当の意味でのスタートになるツアーだと思うので。この4人での力を余すところ無く見せて、ファイナルまで駆け抜けたいです。

牧:僕はこのツアーは“go!go!vanillasとは何ぞや?”と、ひとつ真価が問われるツアーだと思っているので。ファイナルは新木場スタジオコーストという経験したことのない広い会場で“こいつら、スゲェ!”と思わせるようなライヴを見せてやりたいと思ってます。

進太郎:これだけカラフルな楽曲が揃って、自分の音色もかなりこだわって作ったので、自信はあります。ライヴではCD以上に凄いものを見せたいと思うし、自分のまだ見せていなかった部分や感情を出していきたいと思うので、ギターとコーラスも注目してもらいたいですね。ツアーに期待していて下さい!

インタビュー・文=フジジュン

リリース情報
アルバム『Kameleon Lights』
2016年2月10日発売
go!go!vanillas『Kameleon Lights』

go!go!vanillas『Kameleon Lights』


【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-919 ¥3,200+税
【通常盤】(CD)
VICL-64500 ¥2,700+税
<収録曲>
01ラバーズ
02ニューゲーム(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」×ロッテ『Toppa』第10弾テーマソング)
03スーパーワーカー
04バイリンガール
05ビートクラブ
06チルタイム
07セレモニー
08ツインズ
09ヒートアイランド
10カウンターアクション
11ギフト
12デッドマンズチェイス(kameleon version) ※初回盤限定ボーナストラック

 

ライヴ情報
go!go!vanillas 「Kameleon Lights Tour 2016」
3月04日(金) 千葉 LOOK
3月06日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
3月12日(土) 京都 磔磔
3月13日(日) 神戸 VARIT
3月17日(木) 周南 RISING HALL (※イベント)
3月26日(土) 松本 ALECX
3月27日(日) 金沢 AZ
3月31日(木) 仙台 JUNK BOX
4月01日(金) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
4月03日(日) 札幌 PENNY LANE 24
4月14日(木) 浜松 FORCE
4月16日(土) 宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-2
4月17日(日) 新潟 GOLDEN PIGS・RED STAGE
4月23日(土) 広島 CLUB QUATTRO
4月24日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
4月26日(火) 高松 DIME
5月05日(木・祝) 赤坂 BLITZ (※イベント)
5月07日(土) 名古屋 DIAMOND HALL
5月08日(日) なんば Hatch
5月12日(木) 長崎 DRUM Be-7
5月14日(土) 大分 DRUM Be-0
5月15日(日) 福岡 DRUM LOGOS
5月20日(金) 高崎 club FLEEZ
5月28日(土) 新木場 STUDIO COAST

【イベント情報】
go!go!vanillas presents READY STEADY go!go! vol.03
5月5日(木・祝) 赤坂BLITZ
1F立見¥3,300(ドリンク別)/2F指定¥3,300(ドリンク別)
※2ndアルバム「Kameleon Lights」にチケット最速先行・抽選予約シリアル封入!

 
シェア / 保存先を選択