終末期患者をケアする看護師の決断描く、カンヌ脚本賞作『或る終焉』

 ©Lucía Films–Videocine–Stromboli Films–Vamonos Films–2015 copy;Credit photo copy;Gregory Smit

©Lucía Films–Videocine–Stromboli Films–Vamonos Films–2015 copy;Credit photo copy;Gregory Smit

映画『或る終焉』が、5月から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開される。

同作は、『第68回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門の脚本賞に輝いた作品。終末期の患者のケアを専門にしている訪問看護士・デヴィッドが、末期がんで苦しむマーサから安楽死を幇助して欲しいと頼まれるというストーリーだ。

患者への想いと自身が抱える過去の狭間で苦悩するデヴィッドを演じるのは、映画『海の上のピアニスト』『パルプ・フィクション』などで知られるティム・ロス。共演者には、マーサ役のロビン・バートレットをはじめ、サラ・サザーランド、マイケル・クリストファーが名を連ねている。ロスは同作の製作総指揮も務めている。

メガホンを取ったのは、メキシコ出身のミシェル・フランコ。36歳のフランコは、2009年に長編映画の監督としてデビューし、2作目の監督作品『父の秘密』で『第65回カンヌ国際映画祭』ある視点部門のグランプリを受賞している。

作品情報

『或る終焉』

2016年5月からBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開

監督・脚本:ミシェル・フランコ
出演:
ティム・ロス
サラ・サザーランド
ロビン・バートレット
マイケル・クリストファー
配給:エスパース・サロウ

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択