クラシックコンサート制作に特化した公開・基礎講座

ニュース
2016.2.27
SPICE編集部責任による画像掲載

SPICE編集部責任による画像掲載

“ギョーカイで一番面白いところ”が詰まったクラシック・コンサート制作の公開講座

一般社団法人日本クラシック音楽事業協会は、クラシックコンサート制作に特化した公開・基礎講座を開催する。日程は3月12日(土)・13日(日)の二日間。会場は昭和音楽大学 北校舎5階ラ・サーラ・スカラ(神奈川県川崎市 麻生区)。受講料は学生5,000円/一般9,000円(2日間)、他にテキスト代として2,000円がかかる。1日だけの受講も可能だ(学生3,000円、一般5,000円)。定員は100人で要事前申込(先着順受付)、締切は3月4日(金)。

関連リンク⇒ 第2回「クラシック・コンサート制作 基礎講座」2016年3月12日~13日

同講座は、クラシック音楽界をリードする制作者が一堂に会し、コンサート制作に係るノウハウを紹介するというもの。2日間の受講修了者には修了証書が発行される。

参加対象は、アートマネジメント専攻やクラシック音楽界への就職を考えている人、芸術団体、ホール等でクラシック・コンサートの制作に携わる若手職員等だが、“ギョーカイで一番面白いところ”を覗いてほしいと、同ジャンルの制作に興味のある人は誰でも参加可能としている。

【タイムスケジュール/講演者(敬称略)】
□3月12日(土)
13:15~14:00 オリエンテーション
「文化芸術を巡る状況」~法律と助成金からみた支援構造について:石田麻子[昭和音楽大学 教授]
14:10~15:10 クラシック・コンサートを創る-1  
「アーティスト・マネジメント」~アーティストのよきパートナーとして:入山功一[AMATI 代表取締役]
15:25~16:25 クラシック・コンサートに係わる人と組織
「オーケストラ」~組織と運営~:桑原浩[日本オーケストラ連盟 常務理事・事務局長]
16:45~18:00 クラシック・コンサートを創る-2
「企画・制作の実務」~実務を取り仕切る縁の下の力持ち~:乾美宇 [ジャパン・アーツ 海外事業部長]
 
□3月13日(日) 
09:30~10:45 クラシック・コンサートのこれまでと現在
~名プロデューサーが語る:林伸光 [兵庫県立芸術文化センター ゼネラルマネージャー]
11:00~12:00 クラシック・コンサートを創る-3
「広報・宣伝~マーケティング」~コンサート運営を科学する~:中井孝栄 [インタースペース 代表取締役]
13:00~14:00 クラシック・コンサートを取り巻く環境 
~社会構造と共に激変する音楽の未来に向けて~:吉田純子[朝日新聞社 編集委員]
14:10~15:10 特別講演:小川典子[ピアニスト]
15:30~17:30 パネルディスカッション&質疑応答
[ゼミを振り返って]~皆様からの質問・疑問に、講師陣がお答えします~
 

クラシックコンサート制作に特化した公開・基礎講座制作ニュースで公開された投稿です。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択