GLIM SPANKY × Glider『Virgin Rocks』開催を控え、新世代の王道ロックバンド2組が語りまくる

SPICER+
GLIM SPANKY / Glider  Photo by Taiyo Kazama

GLIM SPANKY / Glider  Photo by Taiyo Kazama

画像を全て表示(5件)

現在Virgin Musicのマネージング・ディレクターを務めている加藤公隆氏が、『EMI ROCKS』の魂を引き継ぎ「日本にもっともっとROCKを。」という合言葉のもと『Virgin Rocks』というイベントを定期的に開催することが発表された。この『Virgin Rocks』の目的は、「最高のRockアーティスト達が最高のRockをかき鳴らしてとことんRockな空間を創り、熱いオーディエンスと共有すること」。その第1回目の開催となるのが、3月21日(月)に渋谷eggmanで行われる『Virgin Rocks 1』だ。そこでホスト役を務めるのが“ロックは生きている”を2016年の活動のテーマにも掲げ、最新ミニアルバムのリリースツアーも既にSOLD OUTさせるなど快進撃を続けるロックバンド・GLIM SPANKY。彼女たちが共演相手に指名したのが、音楽性のみならず精神性でもシンパシーを感じ、ずっと一緒にやりたかったという2組・WalkingsとGliderである。今回はその中からGliderの栗田兄弟を招いてGLIM SPANKYとの座談会が実現した。お互いの出会いや惹かれる部分、ロックシーンにおける自らの在り方などなど2組のファン以外にも読み応え十分なインタビューでその魂に触れてほしい。

――今回、GLIM SPANKYがGliderとWalkingsという2組を選ぶ形で『Virgin Rocks』が開催されるわけですが、そもそもの繋がりから教えてください。

GLIM SPANKY・亀本寛貴(以下、亀本):繋がりは……対バンだよね? いや、違う。僕ら最初にライヴ観てるの。前身バンドの。

Glider・栗田ユウスケ(以下、ユウスケ):その話、対バンの時にしたかも。対バンしたのは5年前ぐらいに渋谷LUSHのイベントが最初ですね。

GLIM SPANKY・松尾レミ(以下、松尾):そう。その前に私たちが上京したころに、初めて東京のライヴハウスに「バンドを観に行こう」と思って行ったんですけど、結構たくさん、何バンドも出てて。その中でやたらと1バンドだけ空気が違うバンドがいて、その時は途中からでちょっとしか聴けなかったんですけど面白かったんです。「何じゃあのバンドは!」ってすごい謎で、それで謎なまま時は過ぎ。LUSHでイベントをやったときにGliderが出てて、「あれ、なんかこのバンド知ってるぞ」と。

――空気が違ったっていうのは、どんな感じなんでしょうか。

松尾:なんだろう、なんか……

亀本:昔風のジャケットとか着てたんだよね。

ユウスケ:あははは!(笑) その時5人だったんですよ。ツインギターでやってて。

Glider・栗田マサハル(以下、マサハル):そのイベントがなんか『ヤングカーニバル』みたいな名前で。10代が集まるみたいな。

――なのに古いジャケットを着てて(笑)。

松尾:60'sみたいな匂いがして。なんか、ビートルズがいる!みたいな(笑)。他のバンドもみんな注目株が集まってたんですけど、1バンドだけルーツロックの匂いを感じたわけです。他のバンドとは全然違う音を出してた。だからずっと覚えてました。

マサハル:でもGLIMもそんな感じだよね。俺たちからしたら。

ユウスケ:もうリハーサルで完全にやられて。今みたいな感じじゃなくて、レミさんとかも尖ってる感じで……見た目から真っ黒な感じで。

松尾:そう、その頃は全員真っ黒だったの(笑)。

ユウスケ:今思うと自分もよく話しかけたなぁと思います(笑)。

松尾:共演した時、ライヴ終わったら絶対Gliderに話しかけようと思ってたんですけど、開演前に散歩しに行ったらマサハルくんが道の向こうから来てくれて「Gliderのギターです」みたいな。わたしも話しかけにいこうと思ってたから、めっちゃ嬉しかったです。その日に確か(Gliderの)2人とメアド交換して、そこからどんどん仲良くなっていきましたね。

――黒ずくめの尖ったバンドにあえて話しかけようと思ったのは、やっぱりシンパシーを感じる部分があった?

ユウスケ:もう音楽が良くて、カッコ良くて。終わった後に物販で亀本くんからCDを買って、ちょっと話した後にそのCDを持ってレミさんの所に行って「CD買ったけどスゴイ良かったよ」って。CDのジャケットデザインとかも自分でやってて。

マサハル:すごい才能の人たちだなぁって、すごく覚えてる。

GLIM SPANKY  Photo by Taiyo Kazama

GLIM SPANKY  Photo by Taiyo Kazama

――その出会いが今回のライヴに繋がってくるわけですね。

松尾:ずっとGliderとやりたかったので……常にやりたいんですよ、Gliderとは。だけどなかなかタイミングが無くて、今回好きに自分たちが呼びたいバンドを呼んでいいよって言われたので「もう絶対Gliderでしょ!」って。

亀本:自分の曲を作ってライヴやってCD出すっていうのが基本的なミュージシャンの活動じゃないですか。でも自分らが「これイケてるんだよ」っていうものを世間に紹介していくのも大事な表現活動だと思ってて。それが出来る機会だとも思ったし。

松尾:あとGliderは何が凄いかっていうと、こんなロックって若い人たちは誰もやってないと思うんですよ。みうらじゅんさんと対談した時におっしゃっていたんですけど、ロックをやっている人間には2パターンいると。ロックが好きで頑張って勉強して、自分の中に取り入れたタイプと、元々生まれながらにロックの環境があってロックが自然に出来ちゃう人。みうらさんはGLIM SPANKYを後者だと言ってくれたんですけど、わたしは同じことをGliderに対して思うんです。

ユウスケ:そうですね、親父が結構音楽好きの人で。そのへんがルーツかもしれない。

――無理なく出来てしまうっていうことですよね。

亀本:ナチュラルな状態でこの感じってことだから。そこがすごいなって。

松尾:わかるわかる!

マサハル:うん、そうだね。「古いジャケットを着よう!」とは思ってなかった。好きだから着ていただけっていう。

ユウスケ:GLIM SPANKYを観たときに自分が惹かれたのも、音楽性や「60'sみたいな音楽やって自分たちと近いな」とかそういうところよりも、レミちゃんの立ち姿だったりに「上に登っていく人だな」っていうパワーやカリスマ性だったりに圧倒された部分があるので。

マサハル:古い音楽が好きな同士の仲間意識っていうよりは、魂の部分というか。

亀本:ありがとうございます!!(笑)

松尾:Gliderも日本語ロックで頂点を目指したいし、GLIM SPANKYも同じだから。……それもデビューも何も決まってないときですよ? 打ち上げとかで「一緒にデカいところで音を鳴らしたいね」とか「日本語のロックでシーンを面白くしていきたいね」って話をずっとしていたんですよ。だからGliderはその頃からずっと一緒にやっていける良い仲間を見つけたなって思ってて。そういう仲間がいるって、時代を変えるには必要不可欠だと思ってるので、最高の仲間と思えるGliderを今回、呼びましたね。

マサハル:ありがとうございます……(照)。

――「みんなで、仲間と」っていうワードは『ワイルド・サイドを行け』のインタビューでも言ってましたもんね。

松尾:そうですそうです!その「仲間」です。

――と、言われてユウスケさんはどうですか?

ユウスケ:いや、本当にGLIMが有名になったりする前から、普段からこういう感じというか。普通に話してるときでも「時代を変える」とか「扉をブチ開ける」とかそういう言葉が自然に出てくる人たちだったので、いま喋ってることも、5年前にライヴの打ち上げで喋ってたことも全然変わらないので。一本筋の通ったカッコいいバンドだなと思います。

亀本:(お客さんが)1人とか2人とかなのにそんなこと言ってたからね(笑)。

――めちゃくちゃいい話。

松尾:だから今こうやって対談できることがすごく嬉しくて! ずっと一緒にやっていきたいと思ってたけど、なかなか出来る機会が無かったので、そんな気分です。

マサハル:でもさ、覚えてるもんね、話してる内容とかさ。他のバンドとだったら、たとえば打ち上げ参加して喋ったりしても、そのとき話した言葉とかいちいち覚えてない。

ユウスケ:だってしたことないですもん、GLIM SPANKYと。他のバンドとするような「今日あそこにいた女の子可愛かったな」とかいう話(一同笑)。

松尾:確かに! したことない、したことない!

ユウスケ:なんだかこういう真面目な空気になっちゃうんですよね(笑)。それはやっぱり無名時代から「この人たちは考えることが違うな」「自分たちも見習わなきゃ」って。……そうだ、亀本くんがすごく怒ってたの覚えてる。

マサハル:いや、いつも怒ってた。亀本君は(笑)。

亀本:え! 本当?

マサハル:そう、だから(最近の)インタビューとか見て、「僕は怒ってないよ」「レミさんはいつも怒ってるけど」みたいな発言見ると、あれ?って。自分の印象では亀本くんは「お客さんが1人とか2人とかしかいないのはおかしい!」みたいに怒ってて……自分たちのやっていることが変に異端みたいになってる状況は、おかしいんだ!みたいな。

亀本:あぁ~。それはいっつも言ってましたね! 初めてレコード会社とかいろんな人が観に来てくれた時期で、そういうときに「俺は好きなんだけどさ、今時こういう音楽って難しいよね」みたいな話とかされるじゃん。

松尾:うん、めっちゃされる。

亀本:でも日本のシーンだけじゃなくてロックっていう音楽全体で見たら、僕らの方が王道じゃん!って思ってて。当時は。アウトローみたいに思われるのがすげぇ嫌でしたね。今でも大きいステージに出ていくと、アウトローな存在に思われることもやっぱりあって。それは正直気にくわねぇなとは思いつつ、「まぁそうだよな」くらいに収めてますけど。

松尾:でもね、そのうちジワジワ王道になっていくから。

ユウスケ:iPhoneと同じだから(一同笑)。

亀本:そっか! 最初すげえ異端だったもんね。

ユウスケ:そう、みんなガラケーで。でも海外ではそれが普通みたいな。

Glider  Photo by Taiyo Kazama

Glider  Photo by Taiyo Kazama

亀本:あとは、僕らはデビューした時によく「ジャニス・ジョップリンの再来」とか引き合いに出されてて(「MOVE OVER」のカバーがCMに起用された)。正直、それは気持ちとして複雑ではあったんですけど、よく考えたら、ジャニスとかビートルズとかストーンズって当たり前の、もはや教科書レベルにスタンダードじゃないですか。ロックとかポップミュージック史において。じゃあ今の時代にそういう誰もが知ってる存在が誕生するかっていったら、すげえ難しいと思う。だからそういうみんなが共通認識できる曲や存在は財産だと思うし、それをちゃん消化できるというのは武器になるし、ポピュラリティを得られると。Gliderにもビートルズとかクイーンを思わせる曲があって、それは武器だと思うんです。似てて何が悪い!くらいに。

――うん。誰もやったことが無いコード進行なんて、もう無いですからね。

亀本:そう! 無いですから。だから自分らも当然やりたい音楽があってやってるんですけど、やっぱり人に知ってもらってファンを増やして行く上では、「ジャニスっぽい奴がいる」で1000人集まったら、それはそれで良いと思えるようになりましたね。そうやって色んな人に知ってもらって大衆的なものになれたら幸せだし。だから僕はここにね、(GliderのCDを手に取りながら)「ビートルズ、オアシスの再来!」とか書いた方が良いと思うんだよね(一同笑)。

――洋楽だとよくありますもんね。

松尾:あるある。みんな「ノエル(・ギャラガー)の~」とか書くよね(笑)。

亀本:そう、無名な人が「ノエルが良いって言ったから」って有名になるじゃないですか。だから僕らも自分らが有名になりたいし、有名になって「GLIM SPANKYが良いって言った」っていうカッコいい奴らが出てきてほしいと思う。そこが理想形ですね。

松尾:それに「ジャニスの再来」と言われたとしても、それに負けない自分があるっていう、何かに似てると言われても揺るがないバックボーンがあると思うので、もう平気だなって。

ユウスケ:僕はもし自分が「ジム・モリソンの再来だ」みたいに言われてたら、「そうです、その通りです!」ってなると思うけど(笑)。生まれ変わりなんです!くらいの。

――完全に引っ張られちゃってるじゃないですか(笑)。

ユウスケ:だからそのことに対してここまで考えられるのってすごいと思いますね。ここまで深く追求して考えて、意見を言えるっていうのは。

亀本:でも言い方はあれだけど、売れてるバンドの人たちってさ、すごく考えてるんだよね。たまたま売れたみたいな人ってほとんどいない。だから僕たちも今、邦楽のフェスとか出た時に昔風の音楽をやってるっていうのがハンデにもなるわけで、そこを工夫して生き残っていかなきゃいけないっていう思いはすごくありますね。

松尾:以前は自分の好き嫌いだけで音楽を聴いたり発言してたけど、いろんなフェスに出たり、いろんなバンドのことを知っていくと、やっぱりみんなすごく頭がいい。私たちも自分の好きな音で、彼ら以上に考えてやっていってやろうと。

――Gliderは自分たちのことをどう自己分析してますか?

ユウスケ:うーん……(シーンから)浮いてるなぁとは思うけど、そこはそんなに気にしないです。みんな同じようなバンドばっかりでもつまらないと思うし、自分たちみたいなバンドがいたって良いと思うし。それぐらいですけどね。

マサハル:でもなんか、GLIMとかと対バンして話した頃、自分たちはガキンチョだったんで。10代とかの。何にも考えてない奴らだったんですけど(笑)、さっき亀本くんが言ってたみたいに、自分たちの音楽が異端に思われてしまう世の中じゃダメだ!みたいな発言を聞いて、自分たちのやってることって別に何もアウトローじゃないし。っていう刺激を受けて考えるようになりましたね。自分たちのインタビューでも自然とそういう、自分たちの音楽は王道ですよっていうことが言えてる。

Glider / GLIM SPANKY  Photo by Taiyo Kazama

Glider / GLIM SPANKY  Photo by Taiyo Kazama

――そこの認識はやっぱり2バンドとも一緒なんですね。お互いの共通点や好きな部分、いいろいろ聞けて楽しいです。というところでイベント自体にも触れていくと、『Virgin Rocks』は今回が1回目ですけど、旧EMIのロックのDNAというか魂のような部分を引き継ぐわけですよね。

亀本:そうだと思います。僕が(レーベルに)入る時に『EMI ROCKS』っていうすごいイベントがあるぞって思って。布袋(寅泰)さんとかMIYAVIさんとかが「Bad Feeling」やったり、他にもすごいメンバーで。「いつか混ざれるのかな」って思ってたら無くなってしまって(苦笑)。また出来たらいいなって思ってたんですけど……

松尾:そう、そうしたら『Virgin Rocks』をやるっていう話を聞き、しかもGLIM SPANKYが好きに呼んでいいよっていう話をいただき。今年のGLIM SPANKYのテーマに”ロックは生きている”っていうのがあって、色々と活動をしてるんですけど、Virginってすごく歴史のあるレーベルの名前だし、EMIも世界的に知られてる歴史があるので、その中で今この日本のロック業界に一石投じるには”ロックは生きている”ことを証明できるバンドを呼ばなきゃダメだなって思って。人間的にも本当に「こいつらロックしてる」って思える人、面白いと思える人しか呼びたくなかったんです。『Virgin Rocks』の幕開けですから。

亀本:いい意味でだけど、頭のネジが飛んでるぞっていうね。GLIMを観に来てくれる人もいると思うし、他の2組のお客さんもいると思うんですけど、GLIMを観に来た人はこの2組を観たら度肝を抜かすだろうなぁくらいに思ってますね。僕は。普段イベントやフェスに出てもいないですもん、こんなおかしな人たち。

松尾:いない!(笑) まぁおかしな人たちですよ、本当に。いい意味でGliderは本当におかしな人たち。

マサハル:そうですかね?(笑)

松尾:音楽的にも人間的にも、すごく真剣でいい人たちなんですけど、やっぱり「普通じゃない」。普通じゃないんです、目つきからして。

ユウスケ:あはは(笑)。(GLIMを見ながら)この感じの人に思いっきり普通じゃないって言われた!(一同笑)

――呼ばれてどう感じました?

マサハル:めっちゃめちゃ嬉しかったよね?

ユウスケ:うん。一緒にやれるっていうこともそうだし、僕ら便乗商法なんで(一同笑)。

マサハル:Gliderは3月はめちゃめちゃライヴ入ってるんですけど、だけどこのイベントはね、絶対に外せないってことで。

松尾:嬉しいねー、嬉しい……!

――本番、どんなライヴになりそうですか?

松尾:そうですね、どんなステージ、どんな対バンであろうと自分達は自分達のままいくと思ってやってるんで、普段の自分達の信念と変わらずに、最高のロックをぶちかましたいし、自分がリスナーとしても他の2バンドがすごく楽しみ。だから同じ空間でそれぞれのバンドが最高の、最強の気持ちでロックをかましてくれたら最高のイベントだなぁと思ってます。

ユウスケ:その通り。

亀本:なんか一緒に演奏するとかもやりたいな。できるかな?

一同:おお~!?

亀本:そういうのも良いよね、なんか出来ないかな?みたいな。

――あるかもよ?くらいな。

亀本:あるかもよ?くらいの。そういうのも音楽の魅力というか、聴く人が誰もがわかるような曲、たとえばビートルズとか。みんなが「これ知ってるぞ」みたいな曲、やりたいです。

松尾:みんなが知ってるスタンダードな楽曲って、それ自体が共通言語にもなりますし。時代が遺してくれた言葉。

――コラボやカバーが飛び出すかも楽しみです。

ユウスケ:僕らはいまツアーをやっていて、その日程を組んでたんですけど、このイベントだけはツアーの中に組み込まないで単独で宣伝させてもらってて。それくらいイチ押しというか特別感は出していきたいです。

マサハル:気合入ってるよね。

ユウスケ:うん。4月にワンマンライヴがあるんですけど、それと同じくらいのビッグイベントにしたいなっていう感じです。eggmanも出るの初めてですし、WalkingsさんもYOUTUBEでチェックしたらすごく格好良かったし。

マサハル:みんな同じルーツ――60’sとか70’sっていうルーツがあっても、3バンドともすごく個性があって全然違うから、そこも楽しみで。

亀本:要するに……全員めっちゃ気合入ってるって感じですね!


撮影・インタビュー・文=風間大洋

GLIM SPANKY / Glider  Photo by Taiyo Kazama

GLIM SPANKY / Glider  Photo by Taiyo Kazama

ライヴ情報
『Virgin Rocks 1』

3月21日(祝・月)
開場18:00 開演18:30 チケット料金:2,300円(税込)
チケット発売日:2月5日(金)
出演アーティスト:GLIM SPANKY / Walkings / Glider
詳細は以下オフィシャルサイトにて、ご確認下さい。
・「Virgin Rocks」facebookアカウント: https://www.facebook.com/virginrocksJP/
・eggmanオフィシャルサイト:http://eggman.jp/daytime/schedule/2016/03/21virgin-rocks-1-1.php#main
・「Virgin Rocks」オフィシャルサイト:http://virgin-rocks.officialsite.co/
 
『“ワイルド・サイドを行け”ツアー

4月2日(土) 名古屋 SPADE BOX 
OPEN 17:30/START 18:00    3,500円(ドリンク別) w/plenty
4月3日(日) 大阪 JANUS
OPEN 17:30/START 18:00    3,500円(ドリンク別) w/avengers in sci-fi
4月16日(土) 恵比寿 LIQUID ROOM
OPEN 17:00/START 18:00    3,500円(ドリンク別) w/avengers in sci-fi


※全公演SOLD OUT!!
『Glider Tour 2016 "STAGE FLIGHT"

2016年3月12日(土) タワーレコード新宿店 (ミニライブ&サイン会)
2016年3月12日(土) 下北沢CLUB Que 
2016年3月14日(月) 宇都宮HEAVEN'S ROCK
2016年3月18日(金) さいたま新都心 HEAVEN'S ROCK
2016年3月21日(月) 渋谷eggman
2016年3月22日(火) 千葉 LOOK
2016年3月23日(水) 横浜 BAYSIS
2016年4月8日(金) 渋谷 TSUTAYA O-Crest (ツアーファイナル ワンマン!)
※終了分は割愛
 
 

 

シェア / 保存先を選択