キアヌ・リーブスはバスローブの美女たちに何をされたのか?映画『ノック・ノック』特報映像が公開

ニュース
2016.3.10
 © 2014 Camp Grey Productions LLC

© 2014 Camp Grey Productions LLC

キアヌ・リーブス主演のスリラー映画『ノック・ノック』が6月11日に公開されることが決定。その特報映像とティザービジュアルが公開された。

『ノック・ノック』は、『ホステル』シリーズや、食人族をモチーフとしたR18+作品『グリーン・インフェルノ』など、刺激的なホラー映画で熱狂的な支持を得るイーライ・ロス監督によるスリラー。ここ数年は『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』などアクション作品の印象が強いキアヌとの異色タッグが実現している。

同作でキアヌ演じる良き父親エヴァンは、家族の留守中に訪ねてきた妖艶な2人の美女からの誘惑に負け絶望の淵へと追い込まれて行く。一晩の快楽から一転し、理不尽な破壊と暴力を振るわれていく。


公開された映像は、エヴァンが愛犬とともに、バカンスへ出かける家族を見送るシーンからスタート。その後、大雨の中、エヴァンが留守を守っていると家にノックの音が鳴り響く。扉を開けると、そこにはずぶ濡れになった2人の姿が。暗転したラストには、なぜかエヴァンの悲痛な叫び声がこだまし、バスローブ姿の美女たちがほくそ笑む。エヴァンの身に一体何が起きたのか?その後の展開が気になる特報だ。

キアヌを絶望の淵に追い込む美女の一人、ジェネシスを演じるのは『グリーン・インフェルノ』で初主演を務め、ロス監督の妻でもあるロレンツァ・イッツォ。ジェネシスとともにエヴァンを貶める金髪美女のベルには、新星アナ・デ・アルマスが抜擢されている。なお、キアヌは本作のプロデュースも務める力の入れよう。劇中でどんな演技を見せるのか注目だ。

映画『ノック・ノック』は6月11日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

イベント情報
『ノック・ノック』​

原題:Knock Knock
(2015/アメリカ/99分/シネスコ/デジタル)

監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス、ギレルモ・アモエド、ニコラス・ロペス
出演:キアヌ・リーブス、ロレンツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマスほか

配給:日活/東京テアトル


【ストーリー】
家族思いの献身的な父親・エヴァン(キアヌ・リーブス)は週末に仕事の都合で一人留守番をすることになる。その夜、ドアをノックする音がし、開けるとそこには雨でずぶ濡れになった二人の美女が立っていた。ジェネシス(ロレンツァ・イッツォ)、ベル(アナ・デ・アルマス)と名乗る二人は道に迷ってしまったため助けを求めていた。彼女たちに暖をとるように招き入れるエヴァンだったが、それは破滅の道への第一歩だった。
 
© 2014 Camp Grey Productions LLC
シェア / 保存先を選択