ミラノ・スカラ座バレエ団2016年日本公演 「ドン・キホーテ」

ニュース
クラシック
舞台
2016.3.30
 Photo:Marco Brescia and Rudy Amisano-Teatro alla Scala

Photo:Marco Brescia and Rudy Amisano-Teatro alla Scala

画像を全て表示(3件)

豪華スターとスカラ座ダンサーが、ゴージャスなヌレエフ版で競演!

Photo:Brescia-Amisano Teatro alla Scala

Photo:Brescia-Amisano Teatro alla Scala

18世紀の設立以来、200年以上にわたって世界最高峰の舞台芸術を発信してきた、イタリア屈指の歌劇場ミラノ・スカラ座。バレエ史の上でも重要な作品が上演され、有名スターダンサーたちがこの舞台で活躍してきた。日伊国交樹立150周年の記念の年に、このミラノ・スカラ座バレエ団が抜群の人気を誇るレパートリー「ドン・キホーテ」を携え、豪華主演キャストによる3年ぶりの日本公演を行う。

陽気で情熱的なスペインの香りに包まれて、エネルギッシュで多彩なダンスが繰り広げられる「ドン・キホーテ」は、古典バレエの中でも抜群の人気を誇るレパートリー。なかでもこのヌレエフ版には、きらびやかな超絶技巧の数々とパワフルな群舞、ドン・キホーテの夢の中に現れるエレガントな美の世界、そしてスカラ座ならではの豪華な舞台美術があいまって、バレエを見る楽しみのすべて詰め込まれている。

理想の姫君を求めて旅をする老騎士ドン・キホーテが、憧れのドゥルシネア姫にそっくりな娘キトリから恋路の成就の助けを求められ、彼の大いなる勘違いと使命感からまき起こる大騒動。バルセロナの広場、ジプシーの野営地、居酒屋と場所を移してゆく、その底抜けに楽しい物語をたどるうちに、息を飲む華麗な踊りの数々が披露されていく。

今回の主演には、ミラノ・スカラ座バレエ団にたびたび客演している人気のゲスト・ダンサー陣に、スカラ座の注目の生え抜きを加えて、華やかな競演が実現する。

チケットは座席選択にて先行発売がスタートする。先着順のため良席を確保したい方はお早目のご購入を。

ミラノ・スカラ座バレエ団 「ドン・キホーテ」キトリ役変更(9/22、9/24夜)のお知らせ
※22日および24日夜の回にキトリ役を演じる予定だったポリーナ・セミオノワは、妊娠のため本公演への参加が不可能となりました。エリサ・バデネス(シュツットガルト・バレエ団)に変更となります。
 

公演情報
ミラノ・スカラ座バレエ団 2016年日本公演
ヌレエフ版(ミラノ・スカラ座プロダクション)
「ドン・キホーテ」全3幕 
 
予定されるダンサー

予定されるダンサー

会場:東京文化会館大ホール (東京都)
期間:2016年9月22日(木・祝)~9月25日(日)

<公演日程&配役>
9月22日(祝・木)14:00
キトリ:エリサ・バデネス(シュツットガルト・バレエ団)
バジル:レオニード・サラファーノフ(ミハイロフスキー劇場バレエ)

9月23日(金)18:30 
キトリ:マリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ団)
バジル:イワン・ワシーリエフ(ミハイロフスキー劇場バレエ)

9月24日(土)13:30
キトリ:ニコレッタ・マンニ(ミラノ・スカラ座バレエ団)
バジル:クラウディオ・コヴィエッロ(ミラノ・スカラ座バレエ団)

9月24日(土)18:00
キトリ:エリサ・バデネス(シュツットガルト・バレエ団)
バジル:レオニード・サラファーノフ(ミハイロフスキー劇場バレエ)

9月25日(日)13:30
キトリ:マリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ団)
バジル:イワン・ワシーリエフ(ミハイロフスキー劇場バレエ)

演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 

※記載の配役は2016年8月22日現在の予定です。
カンパニーの都合等で変更になる場合がありますので、ご了承の上、チケットをお求めください。
配役変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替はいたしません。正式な配役は公演当日に発表いたします。曲目・演目:「ドン・キホーテ」全3幕 ヌレエフ版
 
 
シェア / 保存先を選択