YUKIが映画ポケモン主題歌担当「きっとボルケニオンはこんな気持ち」

YUKI (c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku 
(c)Pokémon (c)2016 ピカチュウプロジェクト

YUKI (c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokémon (c)2016 ピカチュウプロジェクト

YUKIの新曲「ポストに声を投げ入れて」が映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」の主題歌として使用される。

本作では不思議な鎖でつながれ離れられなくなったサトシと幻のポケモン・ボルケニオンを軸に、未知なる力を秘めた人造ポケモン・マギアナを巡る熱いバトルが描かれる。映画の脚本を読んでから歌詞を書いたという主題歌について、YUKIは「私は手紙が好きです。ポストに投げ入れる時、相手の顔を必ず思い浮かべるからです。そしてその顔は、いつも笑っています。自分以外の人の事を大切に想うこと、それは、自分自身を好きでいることと同じです。きっとボルケニオンは、こんな気持ちなのではないかなぁと思い、書きました」とコメント。また映画のエグゼクティブプロデューサー・岡本順哉氏は「この曲のイントロではYUKIさんらしく、音で『機巧(からくり)』を表現してくれています。どんな音かはぜひ劇場で確かめて下さい!」と呼びかけている。

4月14日(木)7:05から放送されるテレビ東京系「おはスタ」では「ポストに声を投げ入れて」を使用した予告映像をいち早くオンエア。映画は7月16日より全国公開される。

YUKI コメント

この度、主題歌のお話を頂いて脚本を読み、詞を書きました。
とても光栄です。ありがとうございます。
私は手紙が好きです。ポストに投げ入れる時、相手の顔を必ず思い浮かべるからです。そしてその顔は、いつも笑っています。自分以外の人の事を大切に想うこと、
それは、自分自身を好きでいることと同じです。
きっとボルケニオンは、こんな気持ちなのではないかなぁと思い、書きました。
この歌を、全ての“僕”と“君”へ贈ります。風に乗って、届きますように。

エグゼクティブプロデューサー・岡本順哉氏 コメント

今回、我々にとって念願だったYUKIさんに主題歌のオファーを受けて頂けると聞いて、心の底から興奮しました。そして、心待ちにしていた楽曲を聴かせて頂いた時に、その興奮は、喜びと感動へと変わりました。
優しさと冒険心を併せ持ち、最後に胸の奥を暖かくしてくれるこの楽曲は、映画のタイトルでも使っている「機巧(からくり)」という、どこかアナログな手触りを感じさせる言葉すら、見事に表現してくれています。
映画にとって極上の主題歌があるというのは、サトシにとってのピカチュウと同じく、最高のパートナーを得たのと同義です。夏休み、子供たちが主題歌を口ずさみながら劇場から出てくる光景が、今から楽しみで仕方ありません。
最後に、この曲のイントロではYUKIさんらしく、音で「機巧(からくり)」を表現してくれています。どんな音かはぜひ劇場で確かめて下さい!

(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokémon (c)2016 ピカチュウプロジェクト

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択