ジェームズ・レヴァインがMETの音楽監督を今季限りで退任

ニュース
2016.4.16
レヴァイン退任をつたえる地元メディア

レヴァイン退任をつたえる地元メディア

アメリカ、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)は、ジェームズ・レヴァイン氏が今季限りで同劇場の音楽監督を退任することを発表した。レヴァイン氏は1943年生まれ、現在72歳になるアメリカ生まれの指揮者・ピアニスト。1971年、METに指揮者として登場、1976年以降はMETの音楽監督を40年間務め、音楽的支柱として同劇場の人気に貢献してきた。しかし最近は、パーキンソン病の影響で指揮台にあがることが困難となっていた。後任者は現在選定中。また、レヴァイン氏は今後、METの名誉音楽監督に就任する。

シェア / 保存先を選択