萩尾望都のエッセイ集が待望の文庫化 自身の美しい原画を用いた新カバーで登場

ニュース
2016.5.6
『一瞬と永遠と』

『一瞬と永遠と』

代表作『ポーの一族』が連載終了から40年ぶりに新作の発表が告知され話題の漫画家・萩尾望都の傑作エッセイ集『一瞬と永遠と』の文庫版が、5月6日(金)に朝日新聞出版より刊行される。

『一瞬と永遠と』は、著者が80年代より現在までに執筆したエッセイ、レビューを集めたエッセイ集。自己の世界の確立に立ち会ってくれたある編集者のこと、10代で「漫画家になる」と決意させてくれた手塚治虫、忘れ得ぬ銀世界の情景、両親との葛藤……など、仕事と人生、そして様々な表現作品についての48編が収められた一冊。繊細で独特な感性と、数々の代表作につながる深い思索が詰まっている。

文庫化に際し、著者の原画を使用した新カバーとなり、新たに「女心」「わが師の恩」のエッセイ2編と「文庫版によせて」が収録された。解説は、著者の作品を数多く読んできた、歌人の穂村弘がつとめる。

 

書籍情報
朝日文庫『一瞬と永遠と』(朝日新聞出版 刊)

体裁:文庫判・264頁
発売:5月6日(金)
定価:本体660円+税
装画:萩尾望都(「あぶない丘の家」より)
装丁:児玉明子
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18038
シェア / 保存先を選択